海外FXの基礎知識

追証なしゼロカットシステムとは?【海外FXで借金がない理由に納得】

「ゼロカットシステムってなんなの?」
「海外FXを調べてるとやたら出てくるけど」

ゼロカットシステムは海外FX業者だけにある、安心な救済システムです。XMやGEMFOREX、FXDD、LANDFX、TITANFX、FBXなど、ほぼ全ての海外FX業者にゼロカットシステムは採用されています。

ここでは、ゼロカットとはなんなのか?なぜ国内にはないのか?などについてどこよりも分かりやすく解説していきます。

教授
教授
投資家に有利なゼロカットシステムについて、実態を把握しておきましょう。

ゼロカットシステムとは?どんな仕組み?

ゼロカットシステムとは、簡単に言うと次の意味になります。

ゼロカットシステムとは?
  • 口座がマイナスになっても、そのマイナス分の損失をゼロにしてくれるシステム

つまり、証拠金以上に損失が出てしまった場合も、借金をする可能性がない超安心システムと言えます。

「そもそもFXで口座がマイナスになることがあるの?」

と思う人もいるかもしれませんが、口座がマイナスになることは現実に起こり得ます。

このゼロカットがないと口座がマイナスになった時にはそのマイナス分が借金として降りかかってくるのです。

口座がマイナス(借金)になる場合

FXではロスカットという、追証を入れなければ強制的に決済されるシステムがあるので、基本的に口座がマイナスになることはめったにありません。

では、口座がマイナスになる場合というのはどんな時かというと、次の場合です。

急激な相場の変動があった場合

急激な相場の変動とは、有名な「リーマンショック」や「ギリシャショック」「東日本出し震災」「スイスフランショック」などです。

こういった相場が大きく動いた場合、損失を避けるためや利益を確定するため、大量のトレーダーが大量に注文を出します。
すると、本来発動されるはずだったロスカットが遅れて発動してしまうことがあります。

この急激な相場変動でロスカットが遅れて発動してしまうことをロスカット遅延といいます。

ロスカット遅延が起き、決済されたころには口座はマイナス残高になっている可能性があるわけです。

マイナー通貨は特にマイナスになりやすい

ドル円やユーロ円などのメジャー通貨の取引では、市場参加者が多く、流動性が高いのでロスカット遅延は起こりにくいのでマイナス口座になることは滅多にありません。

しかし、ボラティリティが高いスイスフランやNZドル、トルコリラなどのマイナー通貨で勝負しようとした時は特に注意が必要です。

なぜなら、マイナー通貨は市場参加者が少なく、流動性が低いのでなかなか決済されないことが多く、ロスカット遅延が起こりやすいのです。

つまり、マイナー通貨の取引はマイナス口座になりやすいということです。

ゼロカットがあると口座がマイナスになっても追証なしで安心

このように、リーマンショックなどの急激な相場変動で口座がマイナスになってしまっても、ゼロカットシステムがあると借金分をFX業者が補填してくれます。

つまり、ゼロカットシステムは、口座の借金分をチャラにしてくれると言い換えることもできるわけです。

このゼロカットシステムがあるのは、海外の業者だけなので、海外FXをやる大きなメリットと言えます。

国内FX業者はゼロカットシステムがない理由

海外FX業者にはゼロカットシステムがありますが、国内FX業者にはありません。

国内で口座がマイナスになってしまったらその分の金額がそのまま借金となって振りかかkってきます。

国内FX業者がゼロカットシステムを導入していない理由は次の2つです。

国内FX業者がゼロカットシステムを導入していない理由

  1. 利益が小さくなってしまうから
  2. 法律上導入できないから

詳しく解説しましょう。

国内はゼロカットがない理由①FX業者の利益が小さくなってしまうから

ひとつめの理由は単純に国内FX業者の利益が小さくなってしまうからです。

もし、ゼロカットシステムを導入してしまうと口座のマイナス分はFX業者が補填しなくてはいけないので、急激な相場変動が起きる度にFX業者の支出になってしまいますのでその分、利益が減ってしまうことになります。

国内はゼロカットがない理由②法律上導入できないから

この理由がもっとも大きいのですが、日本では金融商品取引法で損失補填が禁止されているのがゼロカットがない理由です。。

金融商品取引法の第39条に、次のようにはっきりと記載されています。

(損失補塡等の禁止)
第三十九条
金融商品取引業者等は、次に掲げる行為をしてはならない。
二 有価証券売買取引等につき、自己又は第三者が当該有価証券等について生じた顧客の損失の全部若しくは一部を補塡し、又はこれらについて生じた顧客の利益に追加するため当該顧客又は第三者に財産上の利益を提供する旨を、当該顧客又はその指定した者に対し、申し込み、若しくは約束し、又は第三者に申し込ませ、若しくは約束させる行為
引用:e-Gov 金融商品取引法

この法律があるので、口座のマイナス(損失)を補填するゼロカットは国内FX業者は法的に導入できないということです。

この法律によって、国内FX業者の利益が守られているという見方もできますね。

なぜ海外FXだけゼロカットシステムがあるの?

では、海外FX業者だけなぜゼロカットがあるのでしょうか?
当然、法律で規制されていないからという理由もあるのですが、一番の理由はそこではありません。

海外FX業者だけゼロカットシステムがある理由は、簡単に言うと次の通りです。

顧客が取引すればするほどFX業者が儲かるので、損失を補填してでもたくさんトレードしてほしいから

海外のFX業者は、NDD方式という取引方式を導入しています。
このNDD方式はFX業者を介さずにトレーダーと市場が直接取引する方式で、FX業者はスプレッドで儲かる仕組みになっています。

FX業者から見ると、このNDD方式は顧客が儲かってくれてどんどん取引してくれた方がありがたいです。

※国内FX業者はDD方式といって、FX業者が取引に介入する方式を取っており、収入源はスプレッドではなく、顧客と反対売買をすることによって得られる利益を主な収入としています。つまり、国内FX業者は顧客が損をすればするほど儲かる仕組みを取っています。

つまり、海外FX業者は、ゼロカットシステムを導入せずに借金にビクビクしながら取引されるよりも、借金のリスクをなくしてダイナミックに取引してもらう方が利益が出ると判断したというわけです。

NDD方式についてもっと詳しく知りたい方は次の記事をご覧ください。

NDD方式の海外・国内FX業者一覧【DD方式とどちらが有利?】 NDD方式は海外FX業者に多い取引方式ですが、DD方式との違いが今ひとつピンと来なかったり、メリットやデメリットが分からないとい...

ゼロカットシステムにリスク・デメリットはないの?倒産は大丈夫?

「海外FX業者は、ゼロカットシステムで損失補填しすぎて倒産したりしないの?」

かなりトレーダーに有利に見えるゼロカットシステムですが、倒産して資金が引き出せなくなるようなデメリットはないのか?気になる人もいると思います。

しかし、結論を言うと次の点から安心と言えます。

  • 大きなイベントの前だけレバレッジ制限をかけてリスクを抑えている
  • 万が一倒産しても、顧客の資産は信託保全・分別管理により安全に保護されている

XMなどの大手海外FX業者は為替変動が大きそうなイベントの前後は最大レバレッジに制限をかけていますので、リスクは抑えられていると言えます。

また、万が一そのFX業者が倒産したとしても、信託保全や分別管理によって顧客の資産はリスクから守られています。

例えば、XMは英国の格付けA2のバークレイズ銀行に分別管理を行なっています。

ゼロカット狙いの両建てはNG?

「ゼロカットシステムがあるのなら、両建てすれば高い確率で利益が出るのでは?」

と感づいた方もいるかと思います。

確かに、買いポジションと売りポジションを両方ハイレバレッジ建てたら(両建てしたら)どちらかが大損してもゼロカットで救われますし、しかも必ずどちらかが大きな利益をあげるので絶対に損しない・・ということが成り立ちます。

しかし、それはみんな考えることですし、次の理由からできません。

  • 同一口座で両建て取引をするとプラスマイナスゼロになるだけ
  • 違う口座で両建て取引をするのは禁止されている

残念ながら、同一口座でゼロカット狙いの両建て取引をしても、プラスマイナスゼロになって終了するだけです。(ゼロカットが発動しない)

また、違う口座で両建てをするのはそもそも禁止されているところがほとんどです。両建て自体が禁止されていなくとも、すべての業者でゼロカット狙い両建ては禁止されています。

「別業者間での両建てならいいんじゃない?」

と思う人もいるかもしれませんが、別業者間での両建ても監視されているのでバレます。

もし禁止行為が発覚してしまうとポジションの全キャンセル、損益の全キャンセル、口座閉鎖などの対応が取られてしまう可能性が高いので絶対にやめるようにしましょう。

ゼロカットシステムはハイレバの海外FXにこそ必要

急激な為替変動によるFX口座のマイナス化は、ハイレバレッジの時こそなりやすいです。

次の例を見てもらうと分かりやすいかと思います。

10万円を元手にドル円でFX始めた場合、一瞬で1円変動し損失を出してしまったと仮定するとレバレッジごとに次の損失金額になります。

レバレッジ400倍 レバレッジ25倍
持てる通貨 25万通貨 2万通貨
一瞬で1円変動した時の損失 -25万円 -2万円
口座残高 -15万円 8万円

このように、ハイレバレッジ(400倍)の方が、一瞬で1円動いただけで口座が15万円のマイナスになってしまうことが分かります。
一方で、レバレッジ25倍の方は口座はマイナスにはならず2万円の損失で済んでいますね。

もし、レバレッジ400倍の方にゼロカットシステムがついていないとしたら、恐ろしいことになりますよね。

ハイレバレッジで大きな利益を狙える海外FXだからこそ、ゼロカットシステムが必要なわけです。

【まとめ】ゼロカットは借金リスクゼロの安心システム

改めてまとめると、ゼロカットは投資家を守るためのシステムと言えます。

海外FXはゼロカットがあることにより、投資家はハイレバレッジでも借金リスクを気にせずにでダイナミックな取引ができます。

国内FX業者では、レバレッジも低いので口座がマイナスになるリスクはそこまで高くはありませんがゼロではありません。
リーマンショック級の大変動が起こったり、そこまでの変動でなくとっもマイナー通貨で取引していればマイナス口座になる可能性は十分あります。

その点で言うと、海外FX業者は国内FX業者に比べて安心と言えます。

海外FX業者選びに迷ったら

当サイト「海外FX大学」が総力を挙げて全34社を徹底比較し、基準を明確に数値化してランキングにしました。
総合面でもっとも優秀な海外FX業者はどこなのかが分かりますので、海外FX選びの参考にしてみてください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です