XMの評判【XMを利用するメリット・デメリットを完全解説】

XMのゼロカットシステムを徹底解説【追証なしは本当?】

XMには追証が発生しない「ゼロカット」っていうシステムがあるらしいけど、本当に追証なしで取引できるの?

海外FXサイトのXMでは「ゼロカット」と呼ばれるシステムが採用されているため、トレーダー側が追証を支払うリスクがありません。

この記事ではXMにおけるゼロカット発生条件や反映されるタイミング、またゼロカットを素早く実行させる方法などについてご紹介していきます。

XMのゼロカットを上手く活用すればトレーダー側は資金のマイナスを気にすることなく取引を進めることができますので、ぜひ最後までその内容をご覧ください。

教授
教授
ゼロカットというのは国内業者にはない、海外FXサイト特有のシステムです。XMでは、このゼロカットがあるおかげで安心してハイレバ取引ができるようになっています。

 

XMのゼロカットシステムとは?執行条件も解説

ゼロカットというのは、分かりやすく言うと「現金残高がマイナスになった場合、FXサイト側が補填してくれる」というシステムのことです。

そのため、いくら残高がマイナスになってもトレーダー側は追証=追加保証金を支払う必要がありません。

このゼロカットシステムというのは海外FXサイトでは一般的に利用されている仕組みです。そのため、当然XMにも採用されています。

ちなみにXMではこのゼロカットのことを「マイナス残高リセット」と呼んでいます。

この追証発生リスクがないということは、トレーダー側は自分が入金した以上の損失を被ることがないということですので、必然的に借金をする可能性もゼロになるわけですね。

 

なお、次にゼロカットが発生する証拠金維持率やタイミングなどについて解説をしていきますので、ぜひ参考までにご覧ください。

ゼロカットされる条件は?

XMでゼロカットが発生する条件は、次の通りです。

ゼロカットの条件

  • 現金残高がマイナスになり、さらにクレジットボーナスでも補填できない状態となったとき

ゼロカットがされる時とされない時の例を紹介します。

ゼロカットがされるケース
  • 現金残高:‐50,000円 クレジット:30,000円
  • この場合だと、クレジット額でもマイナスが補填が出来ていない状態なのでゼロカットされる
ゼロカットがされないケース
  • 現金残高:‐50,000円 クレジット:60,000円
  • 現金残高がマイナスでもクレジット額がそのマイナスを上回っている状態
  • この場合だと、クレジット額でマイナスが補填できてしまうので、最初のマイナス5万円に対してゼロカットはされない

クレジットというのはXMに入金したときに付与される入金ボーナスやXMPによるクレジット交換などによって受け取れる金額です。

XMでは「有効証拠金=現金残高(±含み損益)+クレジット残高」という考え方をしますが、この有効証拠金額がマイナスになったときにゼロへリセットしてくれるのがゼロカットということになります。

ゼロカットが反映されるタイミングはいつ?

XMでゼロカットが反映されるタイミングは以下のパターンのときです。

  • 有効証拠金がマイナスの状態
  • ポジションを保有していない

この状態となってから数十分~1時間くらいでゼロカットが反映されます。(長いときは1日~数日かかるケースも)

なお、クレジット額にプラスのお金があり、さらにそのお金を証拠金としてポジションを保有している場合はゼロカットがいつまで経っても反映されません。

例)現金残高:‐50,000円 クレジット残高:60,000円 含み損益:5,000円

この場合は、口座の有効額が15,000円(現金残高-クレジット残高+含み損益)となるのでゼロカットにはならない

たとえば、上記例の状態で現金残高マイナス5万円がゼロカットされるとなると、口座にまだお金が残っているのに5万円が貰えるということになってしまいます。

そのため、XMでゼロカットをしたいのであればポジションを決済し、有効証拠金額をトータルでマイナスにするという行為が必要です。

ただし、クレジット額がプラスの状態でゼロカットを早める方法というのもあります。

ゼロカットのタイミングを早める方法

XMでゼロカットを早くする方法

  • 追加で入金をおこなう
  • XM内の別口座から資金移動をおこなう
  • 貯まっているXMPを現金として1円分の交換をする

ゼロカットを早める方法というのは、「追加で入金をする・資金移動をさせる・XMPを換金するという方法」です。

どれも意味は同じですが、追加で入金をした場合は以下のようなお金の動きをします。

  • 現金残高:‐50,000円 クレジット残高:60,000円 
  • 1万円分の追加入金をおこなう
  • 現金残高:10,000円 クレジット残高:10,000円

ご覧のようにマイナス残高がなくなり、現金残高に入金した分の1万円が反映されます。このときのお金の動きというのは以下のような考え方となります。

  1. 現金残高:‐50,000円 クレジット残高:60,000円 追加入金10,000円
  2. まず、クレジット残高で現金残高のマイナスを補填する(‐50,000円+60,000円)
  3. 現金残高:0円 クレジット額:10,000円
  4. ③の状態に対して入金が反映される
  5. 現金残高:10,000円 クレジット残高:10,000円

つまりマイナス残高のときに入金をしても、そのマイナスに対して入金額が吸収されてしまう心配はないということです。

クレジット額がプラスの状態では、ゼロカットがおこなわれなくても取引をすることはできます。

ただし、その場合は利益がマイナス残高の補填となってしまうので、あまり意味がありません。

そのため、クレジットを減らしてでも現金残高をゼロもしくはプラスに戻した方が出金できるお金が増えることに繋がるわけです。

この考え方からすると、マイナス残高と相殺してもクレジットが残っているのであれば、XMPを1円分交換するという方法も非常に有効です。

1円でも現金残高に入金をすれば、マイナス残高がリセットされ、さらに残りのクレジット額で取引ができます。

XMPはクレジットに交換した方が換金率は高いのですが、ゼロカット促進のために使うのであれば現金交換もおすすめです。

教授
教授
ゼロカットというのは「取引に使えるお金がない=有効証拠金がマイナス」の状態のときに発生する。
ということを覚えておきましょう。

 

XMでゼロカットされないって本当?

XMでは基本的に口座開設をした時点で、すべてのトレーダーがゼロカット対象となっています。

そのため、ゼロカットがおこなわれないということはありません。ただし、ゼロカット狙いで禁止されている両建て行為などをおこなった場合はゼロカット対象から外れる可能性もあります。

ゼロカット狙いの両建てをするとされない可能性

XMでは両建て自体は禁止していません。ただし、それは同一口座内における両建てのみです。

つまり別口座間・別業者間での両建て行為というのは認められていないということになりますので、この禁止されている取引行為をおこなうとゼロカットが適用されない可能性というのが出てきます。

教授
教授
また、ゼロカットが適用されないどころか口座凍結や強制的なアカウント解約という措置を取られることも考えられますので注意しましょう。

実際にゼロカットされた実例

実際にXMでゼロカットされた時の実例を流れと共にご紹介していきます。

  1. 現金残高:10,000円 クレジット残高:10,000円 からスタート
  2. 損失を出し続け、現金残高がマイナスへ
  3. 現金残高:‐5,000円 クレジット残高:10,000円 (この状態ではまだゼロカットは発生しない)
  4. さらにポジションを保有し、証拠金維持率20%以下でロスカットされる
  5. 現金残高:‐11,000円 クレジット残高:10,000円
  6. 有効証拠金がマイナスとなり、クレジット残高でも補填ができない状態なのでゼロカットが発生

何度も言いますが、XMでゼロカットが発生するときというのは有効証拠金がマイナスになったときです。

現金残高のマイナス額が、クレジットの総額でも相殺できない状態になったときにゼロカットというのは自動的に発生すると覚えておきましょう。

教授
教授
クレジットにお金が残っていると、有効証拠金がプラスの状態になることがあります。
このときはまだ取引ができる状態なので、XM側はゼロカットをしてくれません。
残高をゼロに戻したいのであれば、自分で追加入金や資金移動などをする必要があるというわけです。

 

XMの追証なしゼロカットシステムに関するQA

ここではXMのゼロカットシステムに関する疑問や質問をご紹介していきながら、その答えを見ていきたいと思います。

ゼロカットにデメリットはある?

教授
教授
トレーダー側からすると、ゼロカットシステムにデメリットというのはありません。

ただし、ゼロカットが反映されるまでの時間が長いときがあるというのも事実です。

そのため、ゼロカットをすぐにしたいときには追加入金などを自分でおこなう必要があります。

XMが追証なしのゼロカットシステムを採用している理由は?

教授
教授
XMにゼロカットシステムを採用している理由は、トレーダーにより多くの取引をしてもらいたいという考えがXM側にあるからです。

XMでは追証を求めない代わりに、国内業者よりも広いスプレッドを設定しています。このスプレッドがXM側にとって実質的な手数料利益となりますので、なるべくトレーダーが数多くトレードしてくれた方がXM側にとっては好都合なわけですね。

また、ハイレバレッジな取引をするときに追証があるとなるとリスクが大きくなり過ぎて誰も利用しなくなってしまいます。

こうした部分をトータルして、XMではゼロカットを採用していると考えられます。

CFDや仮想通貨など全ての取引にゼロカットは採用される?

教授
教授
XMではどの金融商品の取引で発生したマイナス残高に対してもゼロカットを採用しています。

そのため、CFDや仮想通貨の取引においても条件は変わりません。

何度も言いますが、XMでは口座内の有効証拠金残高がマイナスになった時点でゼロカットが自動的に発生します。

残高がマイナスになった要因・取引内容については問われませんので安心して利用してください。

 

XMのメリット・デメリットや口座開設方法について詳しく知りたい方は次の記事をご覧ください。
→XMの評判【XMを利用するメリット・デメリットを完全解説】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です