XMの評判【XMを利用するメリット・デメリットを完全解説】

XMのMT4インストールから注文方法までを完全解説【迷わずできる】

XMのMT4ってどうやってインストールするんだろう?
あと注文方法ってどうやるの?

ここではXMからMT4をダウンロードして、自分のパソコンやスマホにインストールする方法をご紹介していきます。

MT4というのは世界中で多くのトレーダーが利用する取引プラットフォームです。

テクニカル分析には欠かせないツールであり、その画面から直接注文をすることもできます。

教授
教授
XMの口座開設をしたら、まずはこのMT4をダウンロード・インストールする必要があります。(もしくはMT5)
この記事ではその方法や手順を分かりやすく解説しています。

 

目次-この記事で分かること

XM(XM trading)のMT4ダウンロード方法

こちらではXMのホームページ内からMT4をダウンロードする方法をご紹介していきます。

なお、パソコン版とスマホアプリ版の両方について、その手順を流れに沿って解説しています。

パソコン版のダウンロード方法

  1. 口座開設後、XMのMT4 / MT5プラットフォームへアクセス
  2. 「PC対応(Windows)MT4」もしくは「Mac対応MT4」のどちらかを選択
  3. 選択した画面の次ページでダウンロードボタンをクリック
  4. パソコン画面の左下にダウンロードをするデータファイルが表示される
  5. データがすべて移ると「ダウンロード完了」となる

XMからMT4をダウンロードをするときは、Windows版もMac版も作業に変わりはありません。

どちらもデータが完全にパソコンへコピー出来たら、ダウンロードが完了となります

スマホアプリ版のダウンロード方法

  1. スマホでXMMT4 / MT5ダウンロードページを開く
  2. プラットフォームの中から「iPhone対応MT4」もしくは「android対応MT4」のどちらかを選択
  3. 選択した画面の次ページにて、「Appストア」もしくは「Googleプレイストア」からアプリをダウンロード

スマホでXMのMT4をダウンロードする場合は、使っているスマホの機種によって「Appストア」もしくは「Googleプレイストア」にアクセスが飛ぶことになります。

移動先の画面でダウンロードをおこなえば問題ありませんので、そのままダウンロードボタン(またはインストールボタン)をクリックしてください。

→MT4 / MT5ダウンロードページを開く

 

XMのMT4インストール方法

ここではXMのMT4をインストールする方法をご紹介しています。なお、スマホでのインストールはパソコン版よりも簡単です。

とはいってもパソコン版も難しい手順はありませんのでご安心ください。

パソコン版のインストール方法

  1. ダウンロードした後に画面左下(もしくはPCのファイル内)に表示される「xmtrading4setup.exe」(Mac版は「XMTrading.dmg」)をクリック
  2. 「エンドユーザーライセンス同意書」が開かれるので、「次へ」をクリック
  3. インストール作業が開始されます
  4. インストールが完了するとデスクトップもしくはPC内のツール欄に「XM/MT4」というアイコンが表示されます

基本的にはダウンロードしたデータをクリックして、指示に従いインストール作業を開始すれば完了します。

Mac版の場合はダウンロードした「XMTrading.dmg」というファイル(XMTradingMT4と表記されていることも)のアイコンを「Applications」へとドラッグすることでインストールが開始されます。

なお、どちらもインストール途中で作業を中断すると正常にインストールがされず、最初からやり直しとなりますので注意しましょう。

スマホアプリ版のインストール方法

  1. XMホームページ内の「取引プラットフォーム画面」から「iPhone対応MT4」もしくは「android対応MT4」のどちらかを選択
  2. それぞれのストアにて「インストール」ボタンをクリック
  3. MT4と表記されたアイコンがスマホ画面に表示されればインストール完了

スマホの場合はダウンロードをすると、そのままインストール作業へと移行しますのでパソコン版よりスムーズにインストールが完了します。

XMのMT4へのログイン方法(サーバー情報を確認)

ここではXMからインストールしたMT4を起動・ログインしていく方法について説明をしていきます。

なお、パソコン版とスマホ版のログイン方法をご紹介しますが、どちらも口座開設時にXM側から送られてきた「MT4のログインID」が必要となりますので準備をしておきましょう。

パソコン版のログイン方法

  1. インストールしたMT4を起動させます
  2. ログイン画面で「ログインID」「パスワード」「サーバー名」を入力します
  3. それぞれが正しければログインが正常におこなわれます

最初にMT4は起動すると「取引サーバー」の選択という画面が出ることがありますが、そちらはいったん消してもらって大丈夫です。

そうするとログイン情報を入力する画面が表示されますので、そちらで必要情報を入力するようにしましょう。

なお、XMから送られてきたログインIDを入力した場合、サーバー名にはプルダウン方式で選択可能なMT4サーバー名が並びます。

その中からログインをしたいサーバーを選択すればログインが完了します。

→MT4 / MT5ダウンロードページを開く

スマホアプリ版のログイン方法

  1. インストールしたMT4を起動
  2. メニュー欄から「開始」⇒「+」⇒「既存のアカウントにログイン」を選択
  3. 「トレードサーバーを選択してください」という画面になるので、「XM」と入力する
  4. XMと入力すると自分が保有するXM口座のサーバー名が表示される
  5. サーバーを選択すると「ログインID」「パスワード」入力画面になるので、必要情報を入力
  6. ログインボタンをタップして完了

こちらはアンドロイドでもiPhoneでも基本的な流れは同じです。

iPhoneの場合は最初の画面で「新規口座開設」をタップすると上記手順①の「既存のアカウントにログイン」という画面が表示されますので、そこからは同じ手順でログインができます。

なお、パソコン版でもスマホ版でもログインIDが分からなくなった場合は、XMに口座開設をしたとき送られてきたメールを読み返してみてください。

そのメールに必ずログインIDとサーバー名が書かれています。

ただ、そのメールすら見つからないという場合は、XMの日本語サポートデスクまで問い合わせをおこなうことになります。

→MT4 / MT5ダウンロードページを開く

XMのMT4の使い方・注文方法

ここではXMのMT4を使って新しく注文をする方法をご紹介していきます。

パソコン版の使い方

まず基本的な使い方として通貨ペアの追加方法をご紹介します。

MT4ログイン後、気配値欄に希望する通貨ペアが載っていない場合

  1. メニューバーの中から「表示」を選択
  2. 「通貨ペアリスト」を選択
  3. 追加したい通貨ペアを選び「表示」ボタンをクリック
  4. 気配値欄に対象の通貨ペアが反映されれば完了

MT4を起動させたばかりのときは気配値欄に表示されていない通貨ペアもたくさんあります。

そのため、自分が投資をしたい銘柄をまず気配値欄に並べるところからスタートをすると使いやすくなります。

次に、実際にMT4で注文をおこなう方法をご紹介します。

XMのMT4で注文する方法

  1. 表示されているチャートをダブルクリック、もしくは画面上部にある「新規チ注文」をクリック
  2. 通貨ペア・注文数量を確認・入力
  3. 注文種類を選択(※)
  4. 成行注文であれば「成行売り」「成行買い」ボタンをクリックして注文完了
  5. 指値・逆指値注文であれば数値を設定して「発注」ボタンをクリックして注文完了

(※)FX投資の場合は注文方法に以下のような種類があります。

  • 指値買い(Buy Limit):レートが下落した際に買い注文をおこなう場合に使う
  • 指値売り(Sell Limit):レートが上昇した際に売り注文をおこなう場合に使う
  • 逆指値買い(Buy Stop):レートが上昇した際に買い注文をおこなう場合に使う
  • 逆指値売り(Sell Stop):レートが下落した際に売り注文をおこなう場合に使う

成行注文とは別の注文種類を選んだ場合、銘柄によって現在レートから一定の価格分だけ離れた数値を入力しないと「発注」ボタンがクリックできないようになっています。

また、よくある間違いとしては指値と逆指値を勘違いしているというケースです。

「発注」ボタンがクリックできないというときは、上記を間違えていないかを確認してみましょう。

→MT4 / MT5ダウンロードページを開く

スマホアプリ版の使い方

まずスマホ版のXM・MT4で通貨ペアを追加する方法をご紹介しています。

  1. 気配値の画面上部にある「+」ボタンをタップ
  2. シンボルを追加という欄から希望する通貨ペアをタップ
  3. 気配値画面に戻り通貨ペアが追加されていれば完了

スマホ版のMT4だと最初の段階で気配値に表示されている銘柄があまり使わないものだったりしますが、その場合は「気配値画面上部のペンマーク」⇒「ゴミ箱マーク」⇒「対象銘柄にチェック」⇒もう一度「ゴミ箱マーク」をタップすると気配値欄から削除されます。

次にスマホ版MT4での注文方法を見ていきましょう。

  1. 気配値画面で通貨ペアをアップ、もしくはチャート画面右上「+マーク」をタップ
  2. 画面上部より、「注文種類」「注文数量」を選択・入力
  3. 成行注文の場合であれば、画面下部の「SELL」「BUY」を選択してタップ
  4. 指値・逆指値注文であれば数値を設定して「発注」ボタンをタップすれば注文完了

スマホ版の場合は画面下部にある「トレード」というところをタップすると注文したトレード内容が確認できます。

また、保有するポジションを決済するときも、このトレード画面からおこなうことになります。

→MT4 / MT5ダウンロードページを開く

 

XMのMT4に関するよくあるトラブルと解決方法

ここではXMのMT4に関するトラブルに関して、その解決方法をご紹介していきます。

MT4にログインできない場合の原因と解決方法

XMのMT4にログインができない場合の原因には以下のものが代表的な理由として挙げられます。

  • ログインIDが間違っている
  • サーバー名が間違っている
  • MT4とMT5を間違っている

ログインIDというのは口座番号のことです。そのため、このログインIDと紐づけられているサーバーを選択しないとログインはできません。

まずはこちらの間違えがないか確認をしてみてください。

次に初歩的なミスとしてよくあるケースがMT4とMT5を間違えているというものです。

MT4のログイン情報をMT5に入力をしてもログインはできませんのでご注意ください。

MT4に回線不通と表示されてログインできない場合の対処法

MT4にログインをしようとして「回線不通」となる原因は以下の通りです。

  • ログイン情報が間違っている(サーバー名・パスワード・ID)
  • 口座の有効化が済んでいない

基本的にMT4へログインできない原因というのは、入力情報の間違いであることが大半です。

しかし、口座の有効化がまだ済んでいない状態でログインをおこなうと「回線不通」と出るケースもあるようです。

そのため、まずはXMのマイページから口座の有効化作業をおこなってみてください。

また、きわめて稀なケースとしてはMT4のデータ自体が古く、アップデート出来ていないためログインできない可能性というのもあります。

そうした場合は一度古いMT4をアンインストールしてから、再度XMホームページ内からMT4をダウンロード&インストールしてみましょう。

MT4の画面にアップデート待機中と出る場合の対処法

XMでインストールしたMT4を起動させ、アップデート待機中と出た場合はログインが出来ていない状態ということが言えます。

そのため、ログイン画面から正しいID・パスワード・サーバー名を入力して再度ログインをし直してみてください。

それでもログインができない場合は、ログイン情報に誤りがある可能性が高いです。

自分で設定したパスワードが合っているかどうかを確認することをおすすめしますが、どうしてもログインできない場合はXMのログイン画面で「パスワードをお忘れですか?」をクリックしパスワードのリセットをおこないましょう。

パスワードリセット方法

  1. XMログイン画面で「パスワードをお忘れですか?」をクリック
  2. IDと登録メールアドレスを入力して送信
  3. XM側から送られてくるメールにてパスワードの再設定

この方法でパスワードを再設定することでログインが出来る可能性は上がります。どうしてもログインが出来ないという場合はこの方法を試してみるというのも有効的です。

サーバーリストに番号がない場合の対処方法

XMの口座を使ってMT4でトレードをする場合、サーバー名は「XMTrading-Real〇〇(数字)」となります。

しかし、最初にMT4を起動させたときにこのサーバー名がない場合はどうしたらいいのか?という対処法を説明します。

  1. MT4の画面左上から「ファイル」⇒「デモ口座の申請」をクリック
  2. 画面下部の追加入力欄に「XM」もしくは「XMTrading」と入力をしてスキャン
  3. データがアップされれば完了

上記方法を試せば「(例)XMTrading-Real12」などが表示され、選択ができるようになります。

無効な口座と表示される場合の対処法

XMのMT4を起動させたとき「無効な口座」と出た場合は、以下のことを確認してください。

  • ログインIDは正しいか
  • IDに対して選択するサーバーは間違っていないか
  • MT4とMT5を間違っていないか
  • 口座の有効化が済んでいるどうか

上記はMT4にログインができないときの主な原因となりますが、「無効な口座」と表示される場合もこのケースに当てはまる可能性が高いです。

ひとつひとつ情報入力を変えながら試してみましょう。

→MT4 / MT5ダウンロードページを開く

XMのMT4に関するよくあるトラブルと解決方法【Mac編】

ここではXMでMac対応MT4を選んだ時のトラブルとその解決方法をご紹介していきます。

MacでダウンロードしたMT4が開けない時の対処法

Mac対応のMT4をダウンロードしたが「開けない」という場合の対処法は以下の通りです。

「開発元が未確認のため開けません」と表示されて開けないケース

  1. MT4のダウンロードデータにカーソルを合わせ、「コントロールキー」を押しながらクリック
  2. 表示される画面で「開く」を選択⇒これでMT4が開く
  3. また、場合によっては「アプリケーションを許可する」を選択することもある

MacのOSが問題でない場合は上記の方法でMT4が開けます。ただし、Macの場合はOSの設定によってアプリケーションが開けない場合もありますので、以下の方法もご紹介しておきます。

  1. 「システム環境設定」⇒「セキュリティとプライバシー」を選択
  2. 「すべてのアプリケーションを許可」にチェックを入れる
  3. MT4を起動
  4. 「このまま開く」ボタンをクリックすればMT4が開かれる

MacでMT4が起動しない場合の対処法は?Catalinaは非対応?

Macの場合、OSがCatalinaでなければそのままMT4が使えますが、「Catalina」の最新バージョンだとMT4をそのまま起動することが出来きません。

そのため、Mac(OS:Catalina)の場合は以下の方法でMT4を利用することになります。

  • MacのOSをグレードダウンさせる
  • ブラウザ対応MT4ウェブトレーダーを使う
  • MacにWindowsをインストールする

現状でMT4が開けないMacユーザーが、もっとも簡単にMT4を使う方法はブラウザ対応MT4ウェブトレーダーを利用することです。

OSをグレードダウンさせるというのは、FX取引以外にパソコンを使うときに不便となり、WindowsをMacにインストールするにはお金が掛かります。

なお、それぞれの方法にメリットとデメリットがありますので、自分にとって最適な方法を選択しましょう。

MacのMT4で文字化けする場合の対処法

MacでMT4を利用すると文字化けをしてしまうことが少なくありません。これはMacにMT4に対応したフォントが設定されていないことが主な原因です。

MacでMT4の文字化けを直す方法

  1. インストールした「XMTrading.app」を右クリック
  2. 「パッケージの内容を表示」をクリック
  3. 「WineSkin」⇒「Advanced」を選択
  4. Wineのフォント設定にアクセス
  5. ツールタブから「Registry Editor (regedit)」をクリック
  6. エディター画面が起動されるので、「Wine」⇒「Fonts」⇒「New」⇒「Key」と選択
  7. 新規作成された「NewKey#1」の名前を「Replacements」に変更
  8. 変更した「Replacements」を右クリック
  9. 「New」⇒「String Value」を選択
  10. 新規作成された「NewValue#1」の名前を「MS UI Gothic」に変更
  11. 「MS UI Gothic」をダブルクリック
  12. 「Value data」に「ヒラギノ角ゴProN W3」と入力(フォント名はコピペ推奨)
  13. 「Registry」⇒「Exit」で完了
  14. MT4を再起動して文字化けが直っていることを確認

ポイントは⑫フォント名を入力するときなのですが、こちらは直接入力できませんのでコピーしたフォント名を貼り付けるようにします。

なお、これでMacにMT4対応のフォントが入るので文字化けが直ります。

→MT4 / MT5ダウンロードページを開く

 

XMのMT4に関するQ&A

ここではXMのMT4に関する質問や疑問に分かりやすい解説を加えながらお答えしていきます。

MT4とMT5どちらが良いの?違いは?

教授
教授
MT4とMT5に優劣というものはありませんので、どちらが優れた取引プラットフォームかということは使い手側の判断となります。

ただし、XMの場合はMT4とMT5によって取引に関する条件が変わってくる部分もあります。

XMマイクロ口座の最小取引サイズ

  • MT4:0.01LOT(10通貨)
  • MT5:0.1LOT(100通貨)

仮想通貨取引の可否(2020年4月時点では休止中)

  • MT4:不可
  • MT5:可

今は休止となっていますが、XMでは2019年秋ごろまで仮想通貨取引を取り扱っていました。

その際、仮想通貨取引に対応していたのはMT5のみです。これがXMにおけるMT4とMT5の大きな差でした。

しかし、現在は仮想通貨取引が休止中ですので、両者の違いというとマイクロ口座における最小取引サイズのみとなっています。

もちろんインジケーターや時間足の種類、対応する業者数などには違いがありますが、XMで利用する分にはどちらを選んでも問題はないと言えるでしょう。

MT4の口座情報でMT5にログインできる?

教授
教授
MT4の口座情報ではMT5にログインは出来ません。

もちろん反対にMT5の口座情報でもMT4にはログイン出来ませんので覚えておきましょう。

MT4は複数インストールできる?

教授
教授
MT4を複数インストールすることは可能です。

その場合の主なやり方は以下の2つです。

  • 同一のFXサイトからMT4をインストールしてファイル名を変更する
  • 別のFXサイトからMT4をインストールする

なお、上記どちらの方法でも同時に複数のMT4を起動させることはできます。

日本時間は表示できる?

教授
教授
XMのMT4に日本時間を表示させるには専門のインジケーターをダウンロードする必要があります。
  1. JPN_Time_SubZero」(日本時間を表示してくるもの)をダウンロード
  2. MT4のメニューから「ファイル」⇒「データフォルダを開く」を選択
  3. 「MQL4」フォルダを開く
  4. 「Indicators」フォルダに①でダウンロードした「JPN_Time_SubZero」を保存
  5. MT4を再起動
  6. 「ナビゲーターウィンドウ」⇒「インジケータ」⇒「JPN_Time_SubZero」を選択
  7. 「JPN_Time_SubZero」をチャートにドラッグ&ペースト
  8. 「パラメーター」が表示されるので「OK」をクリック

以上の手順で完了となります。

MT4のバージョン確認方法は?どうやって最新にする?

教授
教授
XMのMT4のバージョンを確認するには、ログイン後に画面上部「ヘルプ」⇒「バージョン情報」を見ればすぐに分かります

バージョンを最新版にする方法として確実なのは、古いMT4をアンインストールして、新しいMT4をインストールするというやり方です。

MT4のインジケーターとは?追加方法は?

教授
教授
MT4に搭載されているインジケーターというのは、テクニカル分析をおこなうための各種分析ツールです。

チャート上、またはチャート外に表示をし、為替の値動きを予測するために使います。

MT4の画面にインジケーターを追加表示させたい場合は、「ナビゲーター」⇒「インジケーター」を選択し、追加するインジケーターをダブルクリックすればOKです。

または、選んだインジケーターをドラッグして、そのままチャートに落としても表示されます。

→MT4 / MT5ダウンロードページを開く

 

XMのメリット・デメリットや口座開設方法については次の記事をご覧ください。
→XMの口座開設・登録から取引方法までの全手順【独自のメリットも解説】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です