XMの評判【XMを利用するメリット・デメリットを完全解説】

XMの1ロットの通貨料はいくら?【pipsとの関係性もわかりやすく解説】

XMの1ロットの通貨料はいくら?【pipsとの関係性もわかりやすく解説】
「XMの1ロットの通貨量ってどのくらいなの?」
「ロットについて詳しく知りたい・・」

1ロットの通貨量は海外FX業者や口座タイプによって変わってきます。通貨量や、ロットとpips、レバレッジの関係性など、ロットについて詳細に分かりやすく解説していきます。

教授
教授
XMでトレードする上で、ロットについての不明点を無くしておきましょう。

XMの1ロット当たりの通貨量は口座毎に違う

XMにおいて1ロットあたりの通貨量は口座によって異なります。
XMには3種類の口座があります。

マイクロ口座 1ロット=1,000通貨
スタンダード口座 1ロット=100,000通貨
XM Zero口座 1ロット=100,000通貨

このようなロットあたりの通貨数となっております。
ここではスタンダード口座についてメインに説明します。

米ドル、ポンドで例えると・・・

スタンダード口座は1ロットあたり10万通貨です。米ドルでしたら10万米ドルです。
ドル円またポンド円を取引するとしたら、1ロットあたりは以下になります。

米ドルで1ロット取引する場合

1ロット当たり
(米ドル)
1ロット当たり
(日本円)
1ドル110円計算
マイクロ口座 1,000米ドル 110,000円
スタンダード口座 100,000米ドル 11,000,000円
ゼロ口座 100,000米ドル 11,000,000円

 

ポンドで1ロット取引する場合

1ロット当たり
(ポンド)
1ロット当たり
(日本円)
1ポンド145円計算
マイクロ口座 1,000ポンド 145,000円
スタンダード口座 100,000ポンド 14,500,000円
ゼロ口座 100,000ポンド 14,500,000円

このように通貨ペアにより1ロットは若干異なります。ここからはドル円が110円の場合でトレードする事とします。

 

ロットとpipsとレバレッジの関係性

1ロット当たりの通貨量については理解できたかと思います。

ここからはさらに深掘りし、「ロット」と「pips」と「レバレッジ」それぞれの関係性について分かりやすく解説します。

ロットとpipsの関係性

まずは、ロットとpipsについての関係性を理解しましょう。

pipsはパーセンテージインポイントの略で0.01%を意味し、例えば以下を指します。

ドル円とポンドドルで例えた場合

  • ドル円が110.050円の場合は、5銭にあたる5の部分がpips
  • ポンドドルが1.31050の場合は、0.0005ドルにあたる5の部分がpips

0.01%、つまり1/10000にした時の位と考えると良いでしょう。円の場合は1銭の0.01円の位、6桁の場合は右から2つ目の位です。

米ドル円が110.000円から110.050円に動く事を5pips動くと言います。

1ロット=10万通貨の取引で1pips動いた時の1ロット分の損益

1ロット10万通貨の場合、1pips動く毎に10通貨の差額がでるので、これが損益となります。

1pipsは0.01%であり、10万通貨の0.01%は10通貨です。

ここではドル円での取引を考えているので、1ロットをトレードすると1pips毎に10ドルの損益、つまりドル円が110円の場合は円に換算すると1,100円の損益がでます。

110.000の時点でドルを買っていれば、110.050になり5pipsドル高になる事で50ドルのプラス、110.000の時点で逆に売っていれば50ドルのマイナスです。

1ロット=10万通貨の取引で、50pips動いた時の1ロット分の損益

1ドル109.500の時にドルを買い、1ドル110.000までドルが50銭高く上がった時にドルを売るとします。これを50pips分の利益と言います。

この時に1ロット(10万通貨)持っていれば0.01%がpipsですから500ドルの利益です。もし、10ロット100万通貨持っていれば5,000ドルの利益です。

ロットによって利益の金額は変わってくるのですが、FXでは何pipsの利益を取れるかが重要になります。

元のロットが大きければ10pipsの利益で10万円だとしても、元のロットが小さいと10pipsの利益で1,000円です。

しかしFXのトレードの良し悪しは何pipsを獲得できるかで語られる事が多いです。

厳密にはスプレッドが数pipsあるのでその分はマイナススタートとなりますが、基本的な考えは変わりません。

リスクを左右するのはレバレッジよりもロット数

基本のレバレッジの倍率が変わる事で持てるロット数も変化します。10万通貨取引に必要な金額は以下です。

  • レバレッジ100倍だと1ロットおよそ11万円
  • 最大の888倍だと1ロットおよそ12,000円

レバレッジ100倍に比べてレバレッジ888倍だと持てるロット数が10倍ほど増えます。

ハイレバレッジのリスクが高いと言われるのは、取引できるロット数が増えるからです。

FXの損益はロット数×pipsで決まり、持てるロット数が10倍ならば、損益も10倍に増えるのでリスクが高くなると言えるのです。

つまり、レバレッジを上げるのはリスクと引き換えに大きなロット数を持てるということになります。

レバレッジを上げて持てるロット数を増やした方が良い

大は小を兼ねると言います。

持てるロットが大きい事にこしたことはありません、持てるロット数が10ロットだとしても1ロットしか持たないなら、リスクは1ロット分しかありません。

損失額の可能性は基本のレバレッジで変化するのではなく、ロット数で変化します。

10ロット持てる状態で1ロットを持つということは基本のレバレッジが100倍ならレバレッジ10倍と変わりありません。

基本のレバレッジが大きいのは可能性が大きいのと同じであり、実際のレバレッジはロット数で変化します。

海外FXのハイレバレッジはハイリスクハイリターンと思われがちですが、リスクとリターンの割合はロット数をコントロールする事で調整できます。

一概にハイリスクとは言えないのです、リスクの大小は自ら選べます。

 

XMの最小取引通貨量は何ロット?

XMの最小取引数量は各口座で次のロット数になります。

ロット数 通貨数
マイクロ口座 0.1ロット 100通貨
スタンダード口座 0.01ロット 1,000通貨
XM Zero口座 0.01ロット 1,000通貨

レバレッジを掛けるので、例えば1,000通貨をレバレッジ100倍でトレードする場合、10通貨必要です。ドル円なら10ドル必要です。

XMの最大取引量は何ロット?

XMの最大取引量は次のロット数です。

ロット数 通貨数
マイクロ口座 100ロット 100,000通貨
スタンダード口座 50ロット 5,000,000通貨
XM Zero口座 50ロット 5,000,000通貨

マイクロ口座のみ100ロット10万通貨という少ない取引量になっています。

XMで1ロット取引するにはいくらあれば足りる?計算式は?

XMで1ロットはドル円の場合、レバレッジ500倍でスプレッドを無視すると最低およそ22,000円です。

計算式としては以下になります。

10万通貨(1ロット)÷レバレッジの倍率×10万通貨の円換算レート

100,000ドル/500倍×110=22,000円

または以下とも計算できます。

  • 口座の資金×レバレッジの倍率=取引可能金額

厳密にはスプレッドがあるのでこれより若干多く必要です。ドル円ならドルに換算、ポンドドルならポンドの通貨価値に換算します。

 

XMで1万円、10万円の残高なら何ロット持てる?

XMで1万円、10万円の残高でレバレッジ500倍の場合、持てるロット数は以下になります。

残高 持てるロット数
(レバレッジ500倍の場合)
1万円の場合 0.45ロット
10万円の場合 4.5ロット

1万円のレバレッジ500倍なので、500万円を動かせることになります。500万円はおよそ4.5万ドルなので、10万ドルが1ロットですから、0.45ロット持てます。

10万円でしたら単純に10倍ですので4.5ロット持てます。4.5ロットを動かすという事は45万ドル(およそ5000万円)を取引する事となります。

レバレッジ888倍でしたら、取引可能ロット数はさらに増えますが、ロット数を少なくする事でリスク管理ができます。

ロット数をコントロールしつつハイレバレッジに挑みましょう。

 

XMについてさらに詳しく知りたい場合は次の記事をご覧ください。

→XMの評判【XMを利用するメリット・デメリットを完全解説】 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です