XMの評判【XMを利用するメリット・デメリットを完全解説】

XMのレバレッジは888倍がおすすめ?逆に危険!?【確認・変更方法も解説】

口座ごとにレバレッジって違うの?888倍のフルレバレッジをかけた取引は危険?レバレッジの違うものは全部知っておきたい!

XMの大きな魅力の一つが888倍のハイレバレッジを活かしたトレードです。少額でも大きなポジションが持てるので資金が少ないトレーダーでも大きな利益を狙うことができます。

とはいえハイレバレッジの取引はリターンが大きい分リスクもある、いわゆるハイリスクハイリターンであることを念頭に置かなければなりません。

FXには証拠金維持率が一定以上を下回ると反対売買が強制的に行われるロスカットという仕組みが存在しますが、レバレッジが高ければ高いほど証拠金の維持率は低くなります。

教授
教授
この記事では、XMのレバレッジについて詳しく解説していきます。

 

XMの最大レバレッジは888倍!

XMが提供している3種類の口座からレバレッジを比較すると以下のようになります。

取引口座 口座タイプ 1ロット 最大レバレッジ
デモ口座 ゼロ 10万通貨 500倍
スタンダード 10万通貨 888倍
リアル口座 ゼロ 10万通貨 500倍
マイクロ 1000通貨 888倍
スタンダード 10万通貨 888倍

デモ取引で取引できる口座はゼロ・スタンダード口座の2種類、リアル口座ではスプレッドがほとんど広がらないゼロ口座も開設することができます。

注意する点はゼロ口座の最大レバレッジは500倍、マイクロ口座の取引単位は1lotあたり1000通貨となっている2点です。

最大レバレッジや取引単位についてはしっかり把握しておかないと後の証拠金維持率が変わってきますのでしっかりと確認することが大切です。

なんとなくでトレードしてしまうと維持率があっという間に「ロスカット水準を下回って強制決済…という落とし穴にはまってしまうので気を付けましょう。

口座開設時のXMのレバレッジは888倍がおすすめ

また、XMの最大レバレッジは888倍ですが必要に応じてレバレッジを調整することも可能です。

レバレッジは全部で16種類から選ぶことができます。(ゼロ口座は888倍を覗く15種類)

そのため、国内FXに慣れている方などはレバレッジを20倍にして取引することも可能です。

とはいえXMの魅力を最大限に活用したいなレバレッジは888倍に設定しておいた方がよいでしょう。

例えばこちらをご覧ください。

画像はレバレッジが20倍(国内業者と同じ)の口座でエントリーしたときのものです。

25000円の証拠金で0.01lotのエントリーを行うと証拠金維持率は約470%です。

ほぼ同じ条件でレバレッジが888倍の口座でエントリーするとどうでしょう。

一目瞭然ですね。レバレッジが20倍しかないと1000通貨(約10万円分)の取引に約5000円の証拠金が必要になりますが、888倍ではたった120円でトレードができるんです。

さらに証拠金維持率を見てみますとレバレッジ888倍を選んだ方が高くなっています。ロスカット水準が高くなるのですからわざわざ低いレバレッジを選ぶ必要はありませんね。

ハイレバレッジには大きな利益を得られるだけでなく、同じlot数でもより大きい逆行に耐えられるという嬉しい面もあります。それこそXMの魅力の一つですから活用しない手はないでしょう。

 

XMのレバレッジ888倍で「1万円」「10万円」の資金なら何lot持てる?

それではレバレッジが888倍のとき、1万円で最大何ロットまで持てるのでしょうか?

実際にはその時の換算レートによって変動しますが、ここでは例としてドル円(1ドル105円)を考えてみましょう。

1ドル=105円 ⇒ 95ドル≒10,000円

レバレッジ888倍と言うことは入金額の888倍のロット数が最大ロットになります。

95ドル×888倍=84,360ドル

1ロットが10万通貨分ですので、1万円で持てるロット数はおよそ以下になりますね。

84,360

必要証拠金の計算式からロット数を求める方法

また、必要証拠金の計算式からロット数を求めることもできます。必要証拠金の計算は以下のようになっています。

必要証拠金=取引サイズ(ロット)÷レバレッジ×口座の通貨換算レート

求めたいのは取引サイズ(ロット)ですので、計算式は以下になります。

取引サイズ(ロット)=必要証拠金×レバレッジ÷口座の通貨換算レート

仮定して計算しますと、以下のようになります。

必要証拠金=10,000円、レバレッジ=888倍、口座の通貨換算レート=105円/ドル

計算すると、こちらも大体0.84ロットになりました。

取引サイズ(ロット)=10,000円×888倍÷105円 ≒ 84,571ドル
84,571ドル÷100,000通貨(1ロット)=0.84ロット

教授
教授
10万円で取引したい場合は、1万円で求めたロット数を10倍すればいいので、約8.4ロットまで持てることになります。

単純計算で8000万円以上の取引が可能なXMはやはり魅力的な業者ではないでしょうか。

レバレッジごとの必要証拠金の計算方法

レバレッジを変更したとしても計算方法は変わりません。

  • 必要証拠金=取引サイズ÷レバレッジ×口座の通貨換算レート

ですので、レバレッジをお好きな値にして代入して計算するだけでOKです。

とはいえ実際の変動する相場の中でいちいち計算していては大変ですよね。

実はXMの公式サイトには証拠金を計算してくれるシステムがあり、

  • 基本通貨
  • ロット数量
  • 通貨ペア
  • レバレッジ
  • 口座タイプ

といった必要事項を記入するだけで、そのときのレートに合わせて必要証拠金を計算してくれるというとても優れたサービスを提供しています。

→XMの証拠金計算機はこちら

XM(Trading)のレバレッジの確認方法

XMのお使いの口座がどのレバレッジ設定になっているのか知りたい場合はマイアカウントページから簡単に確認できます。

また、一度設定したレバレッジも変更できるので888倍より小さいレバレッジで登録してしまったという方でも安心です。

PCでの確認方法

  1. ご自身の口座番号と設定したパスワードを入力しXMにサインインします。
  2. マイアカウントの概要を開くとレバレッジを確認できます。

また、同様にスマホからも簡単に確認することができます。

スマホでの確認方法

  1. PCと同じようにXMの公式サイトを開きログインします。
  2. ログイン後マイページが表示されるので自分の口座をタップすると一覧が表示されます。

また、XMのスマホ専用アプリからも確認できます。

使い方は公式サイトと同じで口座番号をパスワードを入力するだけです。

下の4つのタグから詳細をタップすればOKです。

 

XM(Trading)のレバレッジの変更方法

レバレッジについては確認できたでしょうか。

もし登録した口座のレバレッジを変更したいという方がいても、XMのレバレッジ変更はPC・スマホの両方から初心者でも簡単に行えるので大丈夫です。

PCでの変更方法

レバレッジの変更は、先ほど確認したレバレッジが表示されている口座一覧にある「えんぴつマーク」をクリックするだけで行えます。

クリックすると下記のページに移動するのでお好きなレバレッジを選んで取引できます。

スマホでの変更方法

スマホについてもPCと同様に簡単に変更することができます。

XM公式サイトからレバレッジを確認すると同じ「えんぴつマーク」が表示されますので、以下の画面からレバレッジを変更することが可能です。

 

XMのレバレッジ規制(制限)がかかるケースとは?

取引する上で気を付けなければならないのがレバレッジ規制(制限)です。

口座開設の際にレバレッジを888倍に設定しても、相場環境や不測の事態によってXMでは最大レバレッジを提供できなくなることがあります。

以下にレバレッジ規制が起こり得るケースを3点ほど紹介しますのでぜひ参考にしてみてください。

ケース①証拠金が基準を超える場合

マイクロ・スタンダード口座は最大レバレッジ888倍、ゼロ口座では500倍までとなっていますが、有効証拠金によってはレバレッジ規制が行われることがあります。

このことはXMの公式HPにあるよくある質問からもご覧いただけます。

具体的には次の表をご覧ください。

口座タイプ 有効証拠金 最大レバレッジ
マイクロ口座 5ドル~2万ドル 888倍
2万1ドル~10万ドル 200倍
10万1ドル~ 100倍
スタンダード口座 5ドル~2万ドル 888倍
2万1ドル~10万ドル 200倍
10万1ドル~ 100倍
ゼロ口座 5ドル~2万ドル 500倍
2万1ドル~10万ドル 200倍
10万1ドル~ 100倍

いずれも有効証拠金が2万ドルを超えるような場合はレバレッジが200倍までに引き下げられます。

これはゼロ口座に関しても同じなので注意しましょう。

特に資金に余裕がある方で200万円以上の取引を考えている方は、各通貨ペアによってレバレッジが制限される基準が少し変わってきます。

ですのでXMで自分の取引したい通貨ペアのレートがいま一体いくらなのかを確認することが大切です。

もしも口座残高が表に書いてある既定の数値を上回ると自動的にレバレッジが制限され、XMからレバレッジを変更の旨が記載されたメールが届きます。

そのため証拠金維持率も低くなってしまいますので、ハイレバトレードを行っている方は十分注意することが大切です。

特に、レバレッジ規制は全ての口座残高の合計で計算されるので複数の口座を持っている方は合計金額が2万ドルを超えていないか把握し、必要であれば出金などの調整を行いましょう。

ケース②ユーロ/トルコリラなどのマイナー通貨ペアで取引する場合

ペアの片方がUSD(米ドル)ではないマイナー通貨ペアなどでは予めレバレッジ規制されているものがあります。

エキゾチック通貨ほど流通量が少なくないけれど、メジャー通貨ペアよりは余り取引されない通貨ペアで、以下のようなものが対象になります。

最大レバレッジ 通貨ペア
50倍 EURDKK
EURHKD
GBPDKK
USDDKK
USDHKD
USDCNH
EURRUB
100倍 USDRUB
USDTRY
EURTRY

日本国内で有名なマイナー通貨と言えばトルコリラ(TRY)と言われていますが、このような新興国通貨は高金利のモノが多くスワップポイントによる利益を狙った取引をする方が多いのが特徴です。

しかし新興国は情勢が不安定な国も多く、政治・経済的状況に為替相場が大きく左右されるのでボラティリティ(値幅)が大きいことが特徴です。

そのためハイレバ取引をしようものなら一瞬のマイナスの振れ幅で強制ロスカットとなってしまうことも多くあります。

もしレバレッジ規制を行わないと、ゼロカットを盾にしたハイレバトレードをするトレーダーが増えXMが損失分の補填をしなくてはならなくなります。

また、マイナー通貨ペアはレバレッジが低いため証拠金維持率に気を付けなければなりません。

チャートの形から通貨ペアを決めてトレードをしているといった方は自分の選んだ通貨ペアがマイナー通貨ペアかどうか把握してからエントリーしましょう。

ケース③大きな経済指標の発表

政治的・経済的なリスクが高まりつつある状況下などにはレバレッジが規制される場合があります。

急なレバレッジ変更にも対応するためには、どのようなときに制限がかかるのかをあらかじめ知っておかなくてはなりません。

トレードをする際はテクニカルはもちろんですが、多少のファンダメンタル的な目線を持っていた方が不測の事態にも対応できる柔軟な思考が身に付きます。

とはいえトレード手法に落とし込むほどの専門的な知識は必要ありません。

普段のニュースや新聞などを見て、不安定な状況が起こりそうだなと言う予測を立てて

  • 早めにポジションを閉じる
  • レバレッジを大きくかけた取引をしない
  • 悪材料が懸念される経済指標前後はポジションを持たない

など事前の備えをしておくことが大切です。

例えばポンドはトレーダーにとって馴染みのある通貨ですが、最近では2019年12月12日に行われたイギリス総選挙によりXMから一時的なレバレッジ規制による措置が講じられました。

EU離脱は約4年前の「2016年6月23日の離脱をめぐる国民投票」が行われてから度々報じられていましたが、様々な問題から中々離脱までこぎつけない状況が続いていました。

今回のものはEUの離脱をめぐる議会議員の総選挙で、2020年1月末にやっとEU離脱が行われた形です。

そのときのGBP/JPYの相場がこちらとなっています。

また、このときのXMの対応がこちらです。

2019年12月12日16:00~13日における全GBP通貨ペアのレバレッジが200倍にまで引き下げられました。

チャートではEU離脱がようやく決定したことなどから、ポンド買いが起こり相場が大きく変動しているのがわかります。

歴史や体制の大きな変わり目はそうそうあることではありませんが、以前より議論されてきた題材だったので対策を取ることは十分に可能なはずです。

もしもの時備えて重要な指標が発表される時間帯は慎重に慎重を重ねてトレードしましょう。

 

XMのレバレッジ規制(制限)の解除方法

ではレバレッジが規制(制限)された場合はどうやって解除したらよいのでしょうか。

実は次のような手順でレバレッジ規制は簡単に解除することができます。

  1. レバレッジの原因を取り除く
    ⇒証拠金が2万ドルを超える場合のレバレッジ規制は総口座残高を2万ドル(10万ドル)以下にします。
  2. XMに連絡する
    ⇒XMの口座にログイン後、右上にある「サポート」を選択します。
  3. カスタマーサポート部門を選択し、レバレッジの規制解除の旨を連絡すればOKです。

 

XMのメリットやデメリット、口座開設方法や取引方法については次の記事をご覧ください。
→XMの口座開設・登録から取引方法までの全手順【独自のメリットも解説】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です