XMの評判【XMを利用するメリット・デメリットを完全解説】

XMで両建てOKのパターンと禁止パターン【両建てって意味ないの?】

XMで両建てをすると口座凍結ってよく見るけど、どういうことなんだろう?
そもそも両建てってどういう状態のことなの?

ここでは、海外FXサイト「XM」における両建てについてご紹介していきます。

両建てにはおこなっても大丈夫な「OKパターン」と、おこなうと口座凍結などをされてしまう「禁止パターン」の2つがあります。

それぞれの違いをよく理解した上で、間違った両建てをしないようにしましょう。

なお、両建てをおこなうメリットはどういった部分にあるのかということもご紹介していきますので、FX初心者の方は参考までにご覧ください。

教授
教授
XMが禁止する両建てにはいくつかのパターンがあります。詳しくそれらについて見ていきましょう。

「XMが禁止する両建てにはいくつかのパターンがあります。詳しくそれらについて見ていきましょう。」

 

XMの両建て禁止パターン!ゼロカット発動目的はNG

まずXMで禁止されている両建て行為から解説をしていきます。

XMでは以下のケースにおける両建てを禁止していますので、あらかじめ覚えておきましょう。

  • XM内の別口座間での両建て
  • XMと別業者間での両建て
  • 複数人口座を利用した両建て
  • 窓開けトレード目当ての両建て
  • 裁定取引(アービトラージ)目当ての両建て

そもそも両建てが禁止されているのは、ユーザーにXMが採用するゼロカットを悪用させないためです。

ゼロカットというのは、口座の残高がマイナスになってもXMが補填をしてくれるというシステムのことを指します。

このゼロカットがあるおかげで、XMユーザーは追証発生による借金リスクなしで取引が出来ています。

しかし、実はこのゼロカットと両建てを組み合わせると「リスクなしで荒稼ぎが出来てしまう」という、FXサイト側にとっての大きなデメリットが生まれてしまうわけです。

というのも、XMではひとつのアカウントで8つの口座を保有することができます。

たとえば、このとき同一銘柄の通貨ペアを「A口座では買い、B口座では売り」という形でエントリーしたとしましょう。

そして仮にレートが上がった場合、B口座は強制ロスカットを受けますがA口座のポジションは利益をどんどん増やします。

しかもB口座の損失はゼロカットによって「入金額まで」と限定されていますので、FXサイト側はマイナスを補填するだけという損な役回りをさせられます。

こうした理由からXMではゼロカット狙いでの悪質な両建て行為を禁止しているわけです。なお、こうした悪質な両建て行為にはいろいろな形があります。

そこで、XMでは様々なパターンに対応した「禁止両建て行為」というものを設定しているのです。

①XM内の別口座間での両建て

こちらは先ほどの例に出したパターンの両建て行為となります。XM内のA口座とB口座で同一通貨ペアの反対売買をおこなうという形ですね。

説明したように、この両建て方法が禁止されている理由はとても分かりやすいものとなっていますので、実際にわざとおこなうという人はいないでしょう。

しかし、仮にA口座を裁量トレード用、B口座を自動売買用と分けていたとすると注意が必要です。

というのも、B口座の自動売買の注文に気づかず「うっかりA口座で両建てに該当する取引」をしてしまうこともあるからです。

もちろんその反対に、A口座で注文をした内容と反対の内容を自動売買ツールが勝手にエントリーすることもあり得ます。

そのため、別口座で自動売買ツールを使用している場合は十分に気を付けるようにしましょう。

②XMと別業者間での両建て

XM内の別口座間で両建てが出来ないのであれば、別のFX業者を利用して両建てをしようと企む人も当然でてきます。

しかし、これももちろん禁止されている両建て行為ですのでNGです。

たとえばXMとGEMFOREXで口座開設をして、それぞれの口座で買いと売りの両方を注文するといった形ですね。

一見するとあまり気づかれなさそうな行為に思えますが、FXサイト同士で厳しく取り締まっているためすぐにバレます。

なお、これには「MT4やMT5経由でバレる」といった意見や「同一IPからの取引だとバレる」といった意見が挙がっていますが、どういった理由にせよ発覚することは間違いありません。

そのため、けっして別業者間での両建てはしないようにしましょう。

③複数人口座を利用した両建て

XMではグループ間での取引行為を禁止しています。

このグループ間での取引というのは、複数人の口座を利用して両建て取引をすることを指しています。

つまり「別々のアカウントから両建てをすればバレないだろう」という発想からおこなわれる両建て行為のことですね。

これもネット経由ですぐに発覚しますので、やらないようにしてください。

④窓開けトレード目当ての両建て

FXでは週をまたぐ際に発生する「窓開け」の相場で稼ぐトレーダーというのもいます。

窓開けというのは大きな経済発表があったタイミングや、土日を挟んだときに発生する為替レートの大幅な変動のことです。

こうしたどちらに大きく傾くか分からない状態の中で、ギャンブル的なトレードで儲けようとする人もいるわけです。

なお、こうしたときに両建てをするとXM側から禁止されている取引をおこなっていると判断されるリスクがあります。

ちなみにXMでは単発での窓開けトレード自体は禁止されていません。

しかし、そもそもリスクの高いハイレバレッジ取引というのはFXサイト側が嫌う行為です。

そのため、窓開けでの両建てというのも厳しくチェックされているため、おこなわない方がいいということになります。

⑤裁定取引(アービトラージ)目当ての両建て

XMではアービトラージ狙いでの取引を禁止しています。

アービトラージは裁定取引とも呼ばれますが、同じ銘柄における一時的な価格差を狙った売買のことです。

たとえばXMとは別の業者のレートは上がっているのに、XMのレートは不自然なほど上がらなかったとしましょう。

このとき、両業者間にはレートの歪み・ズレが発生しています。

こうしたタイミングを狙ってXMと別業者の間で両建てをおこなうと、小さな損失で大きな利益が得られます。

これをレイテンシーアービトラージとも言いますが、当然XMでは禁止されている行為ですので覚えておいてください。

 

XMの両建てOKパターン

次にXMで両建てがOKとされるパターンについて解説していきます。

両建てOKとされるパターンは非常に簡単で、「同一口座内であれば両建ては認められる」とされています。

つまりひとつの口座内であれば、買い・売り両方のポジションが持てるということですね。

XMと他業者の両建てに対する対応の比較

教授
教授
海外FXサイトでは各社によって両建てへの対応が異なります。

ここでXMと他業者における、それぞれのサイトでの両建て行為への対応を見ておきましょう。

主要な海外FXサイトでの両建て対応は以上のような形となっています。

同一口座間 同一業者別口座間 別業者間
XM OK NG NG
iForex OK NG NG
TitanFX OK OK OK
Axiory OK OK OK
Tradeview OK OK OK
FBS OK NG OK

ただし、TaitanFXおよびFBSではゼロカットを狙っての悪質な両建ては禁止されています。

AxioryとTradeviewでは、公式HP内にて両建て行為を容認する文言が記載されていますが、こちらも上記サイトと同じようにゼロカット狙いでの両建ては禁止と考えていいでしょう。

気付かずに禁止の両建てをしているパターンに注意

禁止されている両建てパターンのところでも説明しましたが、両建てには気付かずおこなっているケースもあります。

裁量トレード用の口座と自動売買用の口座における両建てが代表的なものですね。

ただし、そのほかにも相関性の高い通貨ペアや同一通貨をヘッジするための注文で両建てとなることもあり得ます。

これはアービトラージの一種とも言えるのですが、たとえばドル円やユーロ円といった相関性が高く、さらに同一通貨が含まれるペアでの取引が該当しますので注意しましょう。

なお、もちろん同一口座内であればドル円やユーロ円で両建てをおこなっても大丈夫です。

XMで両建てするとバレる?バレたら口座凍結?

次にXMで両建てをおこなうとどうなるのか?という問題について説明していきましょう。まずXM側に両建て行為がバレると注意のメールが届きます。

これは「あなたの保有する口座で両建てがおこなわれていますよ。早く解除してください」といった内容のメールです。

このとき、素直にポジションを決済してしまえば特に処罰は受けません。

しかし、このメールを無視してポジションを保有し続けたり、再三にわたって同じような取引をしていたりすると「口座凍結」という措置がくだされます。

ちなみに口座凍結がされるともうその口座は使えません。もちろん利益分の出金が出来なくなりますし、新しく口座を作りなおす必要も出てきます。

こうした面倒な事態にならないためにも、注意メールが届いたら素直に従うようにしましょう。

 

XMで両建てを行うメリット

XMで両建てをおこなうメリットって何かあるの?

前述の通り、XMでは認められている両建て取引もあります。そこで両建てをするメリットとは何か?という部分もチェックしていきましょう。

①両建て中は証拠金不要

同一口座内での両建てには「証拠金を相殺してくれる」というメリットがあります。なお、反対ポジションの取引量がちょうど同じ状態のときは証拠金がゼロになります。

  • 例1)ドル円を買い10ロット、売り8ロット保有していた場合
    必要となる証拠金は買い2ロット分のみ
  • 例2)ドル円を買い10ロット、売り10ロット保有していた場合
    エントリーしたタイミングは問わず証拠金が相殺されて必要証拠金=ゼロになる

こうした仕組みを利用すると、少額の証拠金で多くのポジションを保有することが可能となります。

②一時的にリスクを抑えられる

同一口座内での両建ては証拠金が相殺されると言いましたが、この仕組みは一時的にロスカットを防ぎたいというときにとても役立ちます。

また、長期間に渡って保有する注文と短期間で決済をする注文を組み合わせるときにも非常に便利です。

少額の資金でFXを始めるという方にとってはありがたい仕組みですので、うまく活用してみてください。

③XMP(XMポイント)が付与される

XMで認められている両建てであれば、それぞれの取引に対してXMPが付与されます。

ちなみにXMPというのは取引ごとに貰えるXM独自のポイントのことで、クレジットや現金と交換が可能です。

両建てで必要証拠金を抑えながら大きな取引をおこなえれば、その分ボーナスも多く貰えます。

このシステムを賢く使えばボーナスポイントがどんどん貯まり、必要証拠金に交換できるXMPが蓄えられていきます。

ある程度貯まったところでXMPをクレジットに換えれば、さらに大きな取引ができるようになりますので、ぜひ参考までに覚えておいてください。

 

XMについて、さらに詳しく知りたい方は、次の記事をご覧ください。口座開設、取引方法からメリット・デメリットまで詳しく解説しています。
→XMの評判【XMを利用するメリット・デメリットを完全解説】 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です