XMの評判【XMを利用するメリット・デメリットを完全解説】

2020年最新!XMの口座開設方法【全手順を画像付きでパーフェクト解説】

XMの口座開設の方法【取引までの全手順を画像付きで解説】
XMの口座開設方法ってどうやるの?

XMの口座開設は簡単で、誰でも可能です。早ければおよそ5分ほどで完了してしまうので、早速取り掛かってみましょう。

教授
教授
ここでは、XMの口座開設手順と取引までの手順を画像付きで分かりやすく解説していきます。

 

XMの口座開設・登録方法

XMの口座開設・登録方法を画像を交えて解説します。

ここでは、デモ口座ではなくリアル口座の開設について説明します。デモ口座については、以下記事をご参照ください。

XMのデモ口座開設・トレードを徹底解説【MT4ログイン〜決済まで完全網羅】 デモ口座とはリアルトレードと同じ状況想定して取引できるサービスです。デモ口座では、XMで実際に取引を始める前にプラットフォームの...
教授
教授
口座開設のステップは大きな流れでは以下の通りです。

XM口座開設のおおまかな流れ

  1. XM公式サイトにて必要情報を入力
  2. メールアドレスの確認
  3. XM会員ページへのログイン
  4. 本人確認書類をアップロードし、口座を有効化
簡単なの?
教授
教授
はい、簡単です。では、ステップを詳しく開設していきます。

口座開設ステップ①XM公式サイトにて必要情報を入力

まず、XMの公式サイトで次の「口座を開設する」(赤枠)をクリックします。

「口座を開設する」をクリック

個人情報入力

次の画面で、個人情報を入力します。

個人情報入力
教授
教授
電話番号は080の部分は80と入力すれば大丈夫です。

取引口座詳細入力

次に取引口座詳細を入力します。

取引口座詳細を入力
教授
教授
プラットフォーム迷った場合は、MT5よりもMT4が次の理由からおすすめです。

迷ったらMT4がおすすめの理由

  • 使用者が多いのでネット上に情報が多い
  • 比較的使いやすい

口座タイプの選び方についてざっくり解説しますと、初心者はマイクロ口座、大きく利益を出したい方はスタンダード口座で問題ありません。

Zero(ゼロ)口座はスキャルピング(短時間で何度も取引をすること)する方にはおすすめですが、ボーナスがないのでその点は注意です。

口座タイプについての詳しい解説は次の記事でしていますので、こちらも参考にしてみてください。

XMの口座タイプは3種類【それぞれの違いとおすすめを解説】 海外FX業者のXMでは3つの口座タイプを用意しています。なお、3つの口座タイプとはスタンダード口座・マイクロ口座・ゼロ口座という...

個人情報入力その2

ページが遷移しますので、名前(カナ)と生年月日を入力します。

個人情報入力その2

住所詳細入力

次に住所詳細を入力します。住所は英語で入力する必要があります。住所をローマ字に変換できるサイトを使うと簡単です。

住所ローマ字変換サイトはこちら

例えば「東京都港区赤坂1-4-5ラトゥール102号室」(仮の住所です)だったら、次のように変換されます。(マンション名は不要)

住所詳細入力

それをXMの住所入力欄に当てはめると次のようになります。

XMの住所入力欄

取引口座詳細入力

次に取引口座詳細を入力します。

取引口座詳細を入力
口座の基本通貨

口座の基本通貨は次の3種類から選べます

  • EUR(ユーロ)
  • USD(米ドル)
  • JPY(日本円)

特別な理由がなければJPYを選択しましょう。

レバレッジ

レバレッジは1〜888倍まで、次の段階で選ぶことができます。

レバレッジの種類
教授
教授
レバレッジは後から変更可能です。

リスクはロット数で制御できるので、とりあえず888倍がおすすめです。心配な方は、次の記事でレバレッジを理解しておきましょう。

XMのレバレッジは888倍がおすすめ?逆に危険!?【ルールと仕組みを徹底解説】 XMの大きな魅力の一つが888倍のハイレバレッジを活かしたトレードです。少額でも大きなポジションが持てるので資金が少ないトレーダ...

日本のFX業者は25倍までしかレバレッジがかけられない決まりになっているので、最大888倍のハイレバ取り引きができるXMに魅力を感じる方も多いです。

口座ボーナス

口座ボーナスの受け取りを希望しない理由はありませんので、「はい、ボーナスの受け取りを希望します」を選択しましょう。

投資家情報入力

次に投資家情報を入力します。選択形式になっているので、あなたの境遇に一番近いものを選択します。

投資家情報を入力
投資額(USD)

投資額は以下から選びます。ドル表記なのでざっくり日本円に直した概算も記載しておきます。(1ドル110円計算)

投資額の選択肢 日本円換算(1ドル110円計算)
0〜20,000ドル 0円〜2,200,000円
20,001〜50,000ドル 2,200,000円〜5,500,000円
50,001〜250,000ドル 5,500,000円〜27,500,000円
250,001〜500,000ドル 27,500,000円〜55,000,000円
500,001〜1,000,000ドル 55,000,000円〜110,000,000円
1,000,001以上ドル 110,000,000円以上

今のところのおおまかな投資額を選べばOKです。

取引の目的および性質

取引の目的および性質は次の5つから選びます。

取引の目的および性質の選択肢 意味
投機 利益を追求する
ヘッジング 所有する現物株などのリスク回避に使う
投資 投資対象に長期的な視野で資金を投じる
リスク管理 リスク
分散 分散投資の一環として利用する

そこまで深く考えずに、一番あなたの考えに近いものを選択しましょう。

雇用形態

雇用形態は次から選びます。

  • 被雇用者
  • 自営業
  • 学生
  • 退職者
  • 無職
教授
教授
会社員のように、どこかに雇われているのであれば「被雇用者」になります。
職種

職種は次の29種類の中から選びます。

職種を入力

ぴったりと該当するものがなくとも、自分の職種に一番近いものを選びましょう。

学歴

学歴は次の5つから選びます。

学歴を入力
教授
教授
普通に大学を卒業していれば「学士」になりますね。
所得総額(米ドル)

所得総額は年収のことです。以下の選択肢から選びましょう。日本円にざっくり換算した金額も載せておきます。

所得総額の選択肢 日本円換算(1ドル110円計算)
50,000ドル未満 0円〜5,500,000円
50,001〜100,000ドル 5,500,000円〜11,000,000円
100,001〜500,000ドル 11,000,000円〜27,500,000円
500,001〜1000,000ドル 5,500,000円〜110,000,000円
1,000,000以上ドル 110,000,000円以上

大まかな年収で良いので該当するものを選びましょう。

純資産(米ドル)

純資産と書かれると分かりにくいかもしれませんが、金融資産(現金や株式など。不動産は含まない)がざっくりどのくらいかを選べば問題ありません。

純資産の選択肢 日本円換算(1ドル110円計算)
50,000ドル未満 0円〜5,500,000円
50,001〜100,000ドル 5,500,000円〜11,000,000円
100,001〜500,000ドル 11,000,000円〜27,500,000円
500,001〜1000,000ドル 5,500,000円〜110,000,000円
1,000,000以上ドル 110,000,000円以上

こちらも深く考えずに合ったものを選べば大丈夫です。

同意確認

同意確認のチェックボタンにチェックを入れます。

同意確認にチェック

「リアル口座開設」のクリックを押すと口座が開設されます。(まだ口座自体は使える状態ではありません)

口座開設ステップ②メールアドレスの確認

XMから「XMTradingへようこそ」という件名のメールが届きますので、開封し、次の赤枠部分をクリックし、Eメールアドレスの確認を完了させましょう。

Eメールアドレスの確認

口座開設ステップ③XM会員ページへのログイン

Eメールの確認が完了すると次の画面に遷移しますので、そのままIDとパスワードを入力し、ログインしましょう。(IDは最初から入力されています)

XM会員ページへのログイン

また、以下のページにて口座開設時に取得したIDと自分で決めたパスワードを入力することでもログインできます。

https://my.xmtrading.com/jp/member/login

ログインページはお使いのブラウザにブックマークしておくと良いでしょう。

口座開設ステップ④本人確認書類をアップロードし、口座を有効化

最後に、本人確認書類をアップロードし、口座を有効化すると口座開設の全手順が完了になります。

XMの会員ページにログインすると、「口座は有効化されていません」と出るので「こちらより口座を有効化する」をクリックします。

口座を有効化する

以下の画面で、マイナンバーと納税国を入力します。マイナンバーは、証券を扱う場合は必ず必要になります。

マイナンバーと納税国を入力

マイナンバーを入力したら、本人確認書類をアップロードします。

本人確認書類をアップロード

XMでは、「身分証明書」と「住所確認書」の2種類の本人確認証明書が必要です。

身分証明書
  • マイナンバーカード
  • 自動車運転免許証
  • パスポート(旅券)
  • 障害者手帳
  • 外国人登録証
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

 

住所確認書
  • 健康保険証
  • 住民票
  • 印鑑証明書
  • 公共料金請求書(電気料金/ガス料金/水道料金)
  • 固定電話・携帯電話料金請求書
  • クレジットカード明細書
  • 銀行利用明細書
  • 納税通知書(領収証書)

上記の該当するものをスマホで写真を撮るもしくは、スキャンしてアップロードしましょう。

すると、会員ページのアカウントのステータスが「保留中」となります。

会員ページのアカウントのステータスが「保留中」の状態
その後、24時間以内(土日を除く)に審査され、問題なければ以下のように「認証済み」になります。

教授
教授
これで口座開設の全手順が完了です。
確かに難しくなかった!

 

XMの口座開設が終わったらMT4をインストール

XMの口座開設が完了したら、MT4かMT5をインストールして取引を行います。

インストール自体は非常に簡単です。まず以下の「プラットフォーム」(赤枠部分)をクリックします。

→MT4 / MT5プラットフォーム

次に、お使いのPC(Windows、mac)に合わせて赤枠をクリックします。(スマホの場合はMT4アプリをインストールすることになります)

MT4プラットフォーム

以下の画面で「ダウンロード」をクリックすると、 PC内にMT4のインストールファイルがダウンロードされます。

MT4ダウンロード

ファイルのダウンロードが完了したら、クリックして開きインストールしましょう。
※Mac版の場合は、アプリケーションにカーソルを合わせて右クリックで「開く」を押して起動する必要があります。

最初の躓きやすいポイントは、取引サーバーの選択です。

取引サーバーの選択

「XMTradingへようこそ」という件名のメールに記載してある口座に対応する取引口座を選択して、「次へ」をクリックするようにしましょう。

取引口座を選択 width=
このメールに書かれているサーバーじゃないと起動しないんだね!
教授
教授
はい。よくこのメールを見逃す方がいるので注意が必要です。

メールに記載のログインIDと、口座開設時に生成したパスワードを入力し、「完了」をクリックすればログインできます。

メールに記載のログインIDとパスワードを入力

スマホ(アプリ)で取引する方法

スマホ(アプリ)で取引する方法XMはスマホにアプリを入れて取引することも可能です。スマホアプリには次の3種類があります。

純資産の選択肢 特徴
MT4アプリ ・MT4に慣れている方向け
MT5アプリ ・MT5に慣れている方向け
XMアプリ ・入出金などもアプリ内で完結
・MT5しか使えない

MT4アプリもMT5アプリも使い勝手はそこまで変わらないですが、XMアプリは入出金まで完結できます。

ただし、MT4はXMアプリでは使えないので、MT4に慣れている方はMT4アプリがおすすめです。

スマホアプリで取引するまでの流れは以下です。

  1. 口座開設する(これはスマホアプリではできません)
  2. スマホにアプリをインストール
  3. アプリにログインし、取引開始

MT4のインストールから取引方法は次の記事にさらに詳しくまとめています。

XMのMT4インストールから注文方法までを完全解説【迷わずできる】 ここではXMからMT4をダウンロードして、自分のパソコンやスマホにインストールする方法をご紹介していきます。 MT4という...

 

XMを利用するメリット・デメリットは次の記事で詳しく解説しています。
→XMの評判【XMを利用するメリット・デメリットを完全解説】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です