海外FX業者一覧

XLNTradeの評判【バランスの良い海外FX業者を徹底評価】

ここでは、海外FX業者である「XLNTrade(エクセレントレード)」の評判や特徴をご紹介していきます。

XLNTradeは海外FX業者の中では珍しい「損失補填サービス」という独特なプロモーションを行っているブローカーです。

また、ほかにもロスカット水準が0%であること、独自の取引プラットフォームを提供していることなどが特徴として挙げられます。

そんなXLNTradeのリアルな口コミやメリット・デメリットを詳しく解説していますので、どうぞ海外FXサイト選びの参考にしてみてください。

項目 スペック・サービス内容
総合ランク 位/32社
金融ライセンス なし
資産保証 分別管理
取引方式 DD方式
スプレッド 固定スプレッド(例:ユーロドル3.0pips)
手数料 無料
約定力 高い
ボーナス 入金ボーナス(不定期)、損失補填サービス(最初の5ポジション)
最大レバレッジ 400倍
ロスカット水準 0%
最小取引単位 0.01ロット(1000通貨)
日本語サポート 日本語サポートあり
取引ツール MT4/PROfit

 

海外FX大学からの評価

「XLNTrade(エクセレントレード)」は現在のところ日本人向けアカウントの提供をストップしています。そのため、2020年7月時点でXLNTradeを利用している日本人トレーダーというのはおそらくいないでしょう。(※日本に居住する方)
そのため、この記事でご紹介する内容は今後日本人向けアカウントが復活したときの参考としてご覧ください。
なお、かつての取引条件を見ると最大レバレッジ400倍にゼロカット対応、ロスカット水準0%といった形でバランスの良さが伺えます。

 

XLNTrade(エクセレントレード)の評判

それでは実際にXLNTradeを利用している方々からのリアルな意見というのを見ていきましょう。

XLNTradeの悪い評判

まずはXLNTradeに対する悪い評判をご覧ください。

XLNTradeの良い評判

次にこちらはXLNTradeに対しての良い評判です。

XLNTradeの評判まとめ

XLNTradeを利用している方々の意見をまとめると、以下のような声が多かった印象です。

  • 入金ボーナスが豪華
  • スプレッドが狭い
  • 出金ができなくなったという報告あり
  • 2019年9月ごろより日本人アカウントの受け入れが拒否されている?

XLNTradeでは100%入金ボーナスや不定期的な150%入金ボーナスといったプロモーションが開催されていました。

そのため、ボーナス目当てのトレーダーからは非常に評判が良かったようです。また、スプレッドも狭く取引条件も悪くなかったことが伺えます。

ただし、2019年9月ごろより出金ができない・連絡がつかないといった口コミが増えています。

調べてみたところXLNTradeは、日本居住者に対してのアカウント提供をストップしているようです。

ちなみに現時点(2020年7月末)においてXLNTradeの公式サイトから登録をおこなおうとすると「現在は登録ができません」という表示がされます。

この原因が分かっていないので再開の時期についても正確な情報が提供できませんが、仮に日本人アカウントが復活した場合においての参考として、以降のメリットやデメリットをご覧ください。

 

XLNTradeのデメリット

XLNTradeを利用する上でのデメリットは以下の通りです。

XLNTradeのデメリット
  • DD方式
  • スキャルピングは禁止
  • 入金方法の手段が少ない

詳しい内容を解説していきますので、どうぞご覧ください。

デメリット①DD方式

DD方式(ディーリングデスク)というのは、トレーダーの注文を一度ブローカーに通してからインターバンクに流す仕組みのことを指します。

DD方式の場合はトレーダーとFX業者が逆相関関係にあるため、トレーダーが儲ければFX業者が損をするという特徴があります。

そのため、FX業者を選ぶのであればNDD方式(ノンディーリングデスク)を採用しているところの方がフェアなので安心と言えるわけです。

ちなみにXLNTradeのサイト上にはNDD方式を採用しているかのようなニュアンスの文言が書かれているのですが、実際にはNDD方式ではなくDD方式を採用していると見られています。

教授
教授
DD方式というのは日本のFX業者が採用している注文方式です。
DD方式が完全に悪いというわけではないのですが、取引の公平性という点ではNDD方式を採用する業者の方が信頼におけます。

デメリット②スキャルピングは禁止

XLNTradeでは短期的な売買で利益を得る「スキャルピング」という取引方法がNGとなっています。

スキャルピングは多くの海外FX業者で認められている方法でもあるので、それが使えないとなるとデメリットに感じるトレーダーも多いことでしょう。

教授
教授
ハイレバレッジな取引が出来る海外FXサイトでは、短期的な値動きを狙って稼ぐことをメインとする人もたくさんいます。

デメリット③入金方法の手段が少ない

XLNTradeのデメリットとしては入金方法が少ないという点も挙げられるのですが、現時点で公式サイトに記載されている入金手段は以下の3つです。

XLNTradeの入金方法

  • クレジットカード
  • ビットウォレット
  • アイウォレット

一応3つの方法があるとはいえ、最近は日本の企業が発行するクレジットカードが海外FXサイトへの入金に使えなくなってきているので、実質2つということになります。

また、ビットウォレットとアイウォレットはどちらも同じようなオンラインウォレットサービスですので、そこまで差がありません。

こうして考えると銀行からの送金が出来ないXLNTradeというのは、入金面でやや不便さがあると言えるでしょう。

教授
教授
特に海外FX初心者からすると、利用し始めるのにオンラインウォレットから登録をしなければいけないというのは面倒に感じるかと思います。

XLNTradeのメリット

次にXLNTradeを利用するメリットを見ていきましょう。

XLNTradeのメリット
  • 取引手数料が無料
  • スプレッドは原則固定
  • 日本語サポートが充実
  • 最初の5ポジションは損失補填あり
  • 取引プラットフォームはMT4と独自の2種類
  • ボーナスが豪華

メリット①取引手数料が無料

XLNTradeは、取引をする条件だけで見ると非常にトレーダー優位な海外FX業者です。

中でも取引手数料が無料というのはとてもありがたい点で、無駄なトレードコストを抑えることができます。

ほかの海外FX業者の低スプレッド口座の場合だと、1ロットあたりだいたい5ドル~10ドルほどの取引手数料を設けていますので、それがないというだけでもXLNTradeを利用する価値はあると言えるでしょう。

教授
教授
往復の取引手数料というのは意外とバカにならない費用です。
特に1日の中で何度も取引をするタイプの方からすると嬉しい条件と言えますね。

メリット②スプレッドは原則固定

XLNTradeは原則的に固定のスプレッドで取引することが可能です。

スプレッドが固定ということは値動きが活発になりやすい経済指標発表時でも平常時と変わらない条件で取引が出来るということですから、トレーダー側が非常に有利となります。

通貨ペア スプレッド
USD/JPY 1.0 pips
EUR/JPY 1.0 pips
GBP/JPY 3.0 pips
AUD/JPY 4.0 pips
CHF/JPY 4.0 pips
ZAR/JPY 10.0 pips
EUR/USD 1.0 pips

なお、こちらは過去におけるXLNTradeの固定スプレッドデータをまとめた表です。

現在は日本人向けアカウントがストップしていてリアルタイムでのスプレッドが確認できませんので、参考までにご覧ください。

教授
教授
ドル円の固定スプレッドが1.0pipsのままだとしたら、かなりいい条件だと思います。

メリット③日本語サポートが充実

XLNTradeのサイトは自然な日本語で説明が書かれているので、初心者でも非常に内容が分かりやすい仕様となっています。

また、日本語でのサポート体制も充実していて、電話・メールで問い合わせをおこなうことが可能です。

カスタマーサポート 月曜日から金曜日まで日本時間午後14時から午前0時まで対応。
テクニカルサポート 日曜日から金曜日まで24時間対応。
電話番号 +442080892199
メールアドレス customer.service@xlntrade.com
住所 56 Griva Digeni Avenue, Anna tower, First floor, 3063, Limassol, Cyprus
教授
教授
日本語でも電話で問い合わせが出来る海外FX業者というのは「優良なブローカー」であると言えます。

メリット④最初の5ポジションは損失補填あり

XLNTradeでは他の海外FX業者にはない「損失補填サービス」というのを実施しています。

こちらは新規口座開設後「最初の5ポジション」に限るのですが、それでもトレーダーにとって非常にありがたいメリットであることには違いありません。

なお、こちらの損失補填サービスを受けるためには事前にカスタマーサポートへ深刻する必要があります。

そのほかサービスが適用される取引条件などは下記を参考にしてください。

XLNTrade損失補填サービス適用条件

  • 新規口座開設者のみ利用可能(Profit口座限定)
  • 入金額200ドル以上が必要
  • 適用されるのは通貨ペアFX
  • レバレッジは20倍に限定
  • 有効期間は1ヶ月
  • ポジション保有から72時間以内に決済した取引に適用
  • 自動売買ツールの利用は不可

この条件を満たした場合は、損失が出た取引のマイナス額を補填してくれるということです。

メリット⑤取引プラットフォームはMT4と独自の2種類

XLNTradeではFX取引のツールとして定番のMT4以外に、独自のトレーディングプラットフォーム「PROfit」を用意しています。

「PROfit」の特徴はダウンロードが不要な点です。またリクオートなしの高い約定力と多彩な分析ツールを提供しているところも評価される部分に挙げられます。

教授
教授
以前はアップルストア、Googleプレイストアでアプリも提供していました。現在はサービスが休止しているようですが、復活した際には使ってみてもいいかもしれませんね。

メリット⑥ボーナスが豪華

XLNTradeは豪華なボーナスを提供している海外FX業者としても有名でした。

100%入金ボーナス(+40%) 上限10万円までとする100%入金ボーナス。以降は40%の割合でボーナスを付与。
150%入金ボーナス 上限250万円までとする150%入金ボーナス。

こちらは過去におこなわれたボーナスキャンペーンの実績ですが、なかなか150%入金ボーナスというのは珍しいのでその豪華さというのが際立ちます。

また、入金ボーナスとして上限250万円というのも比較的高額と言えるでしょう。

教授
教授
こうした豪華なプロモーションがあったことから、トレーダーに人気があったとされています。

XLNTradeの入金方法

最低入金額 手数料 反映時間
クレジットカード 1万円 無料 即時
Bitwallet 1万円 無料 即時
iWallet 1万円 無料 即時

XLNTradeでは上記3つの入金方法を用意していて、どの方法でも基本的な条件は一緒となっています。

また、クレジットカードはJCB、Visa、Mastercardといった3つのカードブランドに対応しています。

ただし、日本で発行される多くのクレジットカードは、段々と海外FXサイト(そのほか海外への出金)に使えなくなってきていますので、オンラインウォレットを利用することになる可能性が高いです。

なお、クレジットカードやオンラインウォレットからの入金で「最低入金額1万円から」というのはやや高い金額です。

ほかの海外FX業者で同手段を入金方法に使う場合、500円や1,000円からOKというところもあります。

しかし、この点に関しては入金ボーナスとの兼ね合い(1万円以上の入金からボーナスが適用)もあるので複合的に判断することが必要です。

教授
教授
つまり入金ボーナスがあるのであればこの最低入金額は納得だが、入金ボーナスがないのであれば若干高い設定になるということですね。

XLNTradeの出金方法

最低出金額 手数料 反映時間
クレジットカード なし 無料 1週間~2ヶ月
Bitwallet なし 無料 5営業日以内
iWallet なし 無料 5営業日以内
海外銀行送金 なし 銀行ごとの送金・受け取り手数料 5営業日以内

XLNTradeは少し出金方法が変わっています。というのも、出金申請をする画面に出金方法を選択する項目がないのです。

これは「入金額までは入金した先に返還する」という仕組みを取っているからなのですが、たとえばクレジットカードから10万円を入金したとして、利益分と合わせて20万円を引き出すとしましょう。

このときまず10万円がクレジットカードへと送られます。そして、残りの10万円に関してはオンラインウォレットを登録していればオンラインウォレットへ、オンラインウォレットがなければ海外銀行送金となります。

なお、出金申請をするときにはコメント欄があるので、そこに希望する出金先を書き込むことも可能です。

ただし、海外銀行を経由する場合は出金をするときにカスタマーサポートへ連絡が必要となります。

教授
教授
いまいち出金方法が分かりづらいというのがXLNTradeを利用する上での注意点です。正直、こうした曖昧な出金方法を採用している海外FX業者というのは他にあまり見かけません。

出金拒否はある?

XLNTradeでは過去に出金拒否ともとれる事案が発生しています。

2019年夏ごろより、XLNTradeに対しては上記のような出金拒否を疑う意見が多く見られました。

なお、大半の方は結果として支払われているものの、中には支払いが滞っていた方もいるようです。

ちなみにこうした出金拒否のようなトラブルが相次いだ原因として「過度なボーナスキャンペーンをやりすぎたのでは?」「パートナーシップ報酬(いわゆるアフィリエイト報酬のようなもの)を配り過ぎたのでは?」といった意見も聞かれます。

このような点から考えると、今後もし日本居住者へのアカウント提供が復活したとしても、再度利用しようとする人は少ないかもしれません。

なお、仮に利用するのであれば100%以上の入金ボーナスがあることを前提に、少額の資金を投入することがベターかと思います。

XLNTradeのスワップポイント

銘柄 スワップポイント
通貨ペア 年利0.75%
(日割り計算だと0.0021%/日)
CFD 年利2.50%
(日割り計算だと0.0069%/日)
株価指数 年利5%
(日割り計算だと0.015%/日)
INDEX 年利2.50%
(日割り計算だと0.0069%/日)

XLNTradeのスワップポイントはすべての取引銘柄で固定の数値が設定されています。

また、これらのスワップポイントはすべてマイナススワップです。買いでも売りでもマイナスのスワップが掛かりますので、スワップ利益を目的とした取引は出来ません。

このことを考えると両建てをおこなって必要証拠金を減算するという方法も有効に使えませんので、取引の仕方というのは限定的になると言えるでしょう。

XLNTradeの最大レバレッジは400倍!制限事項はある?

XLNTradeの最大レバレッジは400倍です。この数字を他の優良な海外FX業者と比較すると平均以下ということが分かります。

海外FX業者 最大レバレッジ
FBS 3000倍
HotForex 1000倍
GemForex 1000倍
XM 888倍
Titan FX 500倍
Axiory 400倍
XLNTrade 400倍

ただし、XLNTradeの公式サイトを見てみるとレバレッジ制限に関することが書かれていません。

つまり口座残高や注文数によって最大レバレッジを引き下げられることがないということになります。

ロスカット水準(証拠金維持率)は0%で業界一

XLNTradeは最大レバレッジこそ凡庸な数値ですが、ロスカット水準は0%と業界トップクラスの設定です。

これは口座残高ギリギリまでポジションが保有できるということなので、資金が乏しいトレーダーにとってはありがたい業者と言えるでしょう。

教授
教授
最大レバレッジ400倍というのはやや物足りなさがありますが、ロスカット水準0%であれば納得のいく数字かと思います。

XLNTradeのMT4の使い方・ダウンロード・ログイン方法

XLNTradeでは、MT4と独自のプラットフォーム「PROfit」の2つで取引がおこなえます。

このうち「PROfit」はダウンロード不要のツールですので、以下にMT4のダウンロード方法とログイン方法をご紹介していきます。

ダウンロード方法

XLNTradeでは独自のプラットフォームである「PROfit」を推しているため、公式サイト上にMT4をダウンロードする項目がありません。

そのため、MT4自体の公式サイトからツールをダウンロードする必要があります。

MT4公式ダウンロード

なお、こちらではパソコン・タブレット・スマホといったすべてのデバイスに対応したMT4がダウンロードできます。

ダウンロード方法は希望するMT4タイプを選んでクリック・タップするだけです。

ログイン方法

MT4をダウンロードしたら次はログインをおこなっていきます。

  1. ダウンロードしたMT4を起動する
  2. ログイン画面が表示される
  3. ログイン画面にXLNTradeアカウントの口座番号とパスワードを入力する
  4. 問題なければログインに成功

ログイン方法はどの海外FX業者でも同じです。上記の手順を踏めば簡単にログインすることが出来ます。

MT4アプリの使い方

スマホ版のMT4アプリの使い方を簡単に説明しますので、まずはMT4アプリをダウンロードしてください。

MT4アプリでログインをおこなうと、以下の6つの項目が画面下部に表示されます。

気配値 取引銘柄を表示させたり、追加させたりする画面。各銘柄の値動きなどが確認可能。
チャート 各銘柄のチャートが表示される。分析ツールなどを使うことが可能。
トレード 新規の注文や保有するポジションのロスカット・テイクプロフィット設定が出来る画面。
履歴 これまでの取引履歴が確認できる画面。
ニュース 経済ニュースなどを確認する画面。
チャット MT4側への質問などがおこなえる画面。

なお、基本的には気配値画面で取引銘柄を選択・追加し、チャートを確認して新規注文をするというのが一般的な流れです。

XLNTradeの口座開設方法

2020年7月末時点では日本居住者が新規口座開設をすることは出来ないようになっていますが、参考までに以前の口座開設方法を流れと共に説明していきます。

  1. XLNTradeの公式サイトより「取引口座開設」をクリック
  2. 「氏名」「電話番号」「国」「希望するプラットフォーム」「メールアドレス」を入力
  3. 情報を送信
  4. XLNTradeより口座番号とパスワードが書かれたメールが届く
  5. 開設されたアカウント上でマイページ(Profit画面)へ進む
  6. クレジットカード情報や身分証の登録をおこなって完了

XLNTradeの場合、口座開設をするだけなら身分証の提出が必要ありません。そのため、アカウントを作るだけなら数分で完了します。

ただし、それだけだと入出金ができませんので、アカウントを作ったらすぐに身分証をアップロードするようにしましょう。

XLNTradeの取引時間

こちらがXLNTradeにおける取引時間です。

夏時間 月曜日6時00分~土曜日5時00分
冬時間 月曜日7時00分~土曜日6時00分

取引時間に関しては他の海外FX業者とほとんど同じということが分かります。

年末年始の取引時間

ここでは昨年の年末年始スケジュールを参考に取引時間を紹介しているのですが、XLNTradeの場合2019年末の時点で日本向けアカウントを停止しているため、参考情報がありません。

なお、それ以前だと1月1日以外は通常営業だったということですが、この情報に関する信憑性は不明のため参考程度にとどめておいてください。

月日 取引時間
12/31 通常営業
1/1 閉場
1/2 通常営業

おそらくは2020年末も上記のような形で営業をするかと思いますが、その前にまずは日本向けのアカウントが復活するかどうかというのが問題です。

教授
教授
海外在住の日本人の方で、まだXLNTradeのアカウントが活きている人は参考にしてみてください。
海外FX業者選びに迷ったら

当サイト「海外FX大学」が総力を挙げて全34社を徹底比較し、基準を明確に数値化してランキングにしました。
総合面でもっとも優秀な海外FX業者はどこなのかが分かりますので、海外FX選びの参考にしてみてください。

   

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です