TitanFX(タイタンFX)の評判【安全性やデメリットを評価】

TitanFXのスプレッドと手数料を検証【本当に他社と比べてお得なのか?】

TitanFXのスプレッドと手数料を検証【本当に他社と比べてお得なのか?】
TitanFXはスプレッドが狭いって聞いたけど、本当なのかな?

TitanFXのスプレッドは海外FX業者の中でもトップクラスに狭いと言われています。

この記事ではTitanFXのスタンダード口座とブレード口座の2つの口座タイプの平均スプレッドや取引手数料、他海外FX業者との差についてまとめています。

本当にTitanFXのスプレッドは他社と比べても狭いのか知りたい方は参考にしてみてください。

教授
教授
TitanFXはスプレッドが狭いことで評判の海外FX業者です。
ここでは手数料などとも合わせながら、本当に低コストなFX業者なのかをチェックしていきます。

 

TitanFX(タイタンFX)のスプレッドを口座タイプで比較

TitanFXにはスタンダード口座とブレード口座という2種類の口座タイプがあります。

スタンダード口座 取引手数料が掛からない代わりにスプレッドがやや広い。
ブレード口座 スプレッドがとても狭い代わりに取引手数料が設定されている。

まずはそれぞれの口座タイプにおける主要通貨ペアのスプレッドからご覧ください。

スタンダード口座とブレード口座の平均スプレッド

銘柄 スタンダード口座 ブレード口座
USD/JPY 1.33pips 0.33pips
EUR/JPY 1.74pips 0.74pips
GBP/JPY 2.45pips 1.45pips
AUD/JPY 2.12pips 1.12pips
CAD/JPY 2.1pips 1.1pips
CHF/JPY 2.31pips 1.31pips
NZD/JPY 2.62pips 1.62pips
ZAR/JPY 1.44pips 0.44pips
SGD/JPY 3.16pips 2.16pips
NOK/JPY 2.07pips 1.07pips
SEK/JPY 3.05pips 2.05pips
EUR/USD 1.2pips 0.2pips

こちらの表では、TitanFXで取引ができるすべての日本円絡みの通貨ペアと、世界でもっとも取引量が多いユーロドルの平均スプレッドをまとめました。

教授
教授
基本的に海外FX業者のスプレッドというのは小数点第一位までしか記載していないところが大半ですが、小数点第二位まで表示しているというのがTitanFXならではの特徴です。

なお、このように表で見てみると明らかにブレード口座の方がスプレッドの面で有利に思われがちですが、ブレード口座の場合はこのスプレッド幅に加えて別途取引手数料が掛かってきます。

そこで次に、上の表に対して取引手数料を加えたものを見ていきましょう。

TitanFXのブレード口座はスプレッドが狭い分取引手数料がある

TitanFXのブレード口座では、10万通貨(1ロット)あたりの取引に対して片道3.5ドル相当の手数料が発生します。

つまり売買をおこなうとすると、往復で7ドル相当の手数料が掛かるというわけです。

そこで、ブレード口座の平均スプレッドに「手数料7ドル相当=0.7pips」を加えたものを表にしてまとめてみました。

銘柄 スタンダード口座
平均スプレッド
ブレード口座
(平均スプレッド+手数料)
USD/JPY 1.33pips 1.03pips
EUR/JPY 1.74pips 1.44pips
GBP/JPY 2.45pips 2.15pips
AUD/JPY 2.12pips 1.82pips
CAD/JPY 2.1pips 1.8pips
CHF/JPY 2.31pips 2.01pips
NZD/JPY 2.62pips 2.32pips
ZAR/JPY 1.44pips 1.14pips
SGD/JPY 3.16pips 2.86pips
NOK/JPY 2.07pips 1.77pips
SEK/JPY 3.05pips 2.75pips
EUR/USD 1.2pips 0.9pips

こちらが実質的に掛かる取引コストをまとめた表です。取引手数料を加えたとは言え、どの銘柄でもブレード口座の方が0.3pipsほど安いことが分かります。

日本円絡みの通貨ペアの場合は「0.3pips=およそ300円」ですので、1ロットの取引を1回おこなうたびに300円の差額が生まれるわけです。

じゃあ、取引コストを考えるとブレード口座の方がいいのかな?
教授
教授
そうですね。TitanFXを利用するのであればやはりブレード口座を開設した方がお得と言えるでしょう。

また、FX業者側に支払う取引手数料というのは経費計上が出来るお金です。これに対してスプレッドというのは経費として計上することが出来ません。

教授
教授
そのため、年間を通して税金を納めるくらいまで利益が出たとしたら、手数料を支払っていた方が税金を安く抑えることも出来るわけです。

こうした観点からもブレード口座はスタンダード口座よりも取引コストが安く、節税対策にもなるということが分かります。

しかし、ここまでを見てきてTitanFXが他社と比べてもスプレッドが狭い・取引コストが安いのか?というのも気になる点です。

そこで、次にTitanFXと他海外FX業者とのスプレッド比較をみていきましょう。

 

TitanFX(タイタンFX)と他社のスプレッドを比較

ここではTitanFXのスタンダード口座とブレード口座のスプレッドを、他社の口座タイプのスプレッドと比較していきます。

TitanFXのスタンダード口座と他社STP口座のスプレッドを比較

TitanFXTitanFX XMXM AxioryAXIORY HotForexHotforex
USD/JPY 1.33pips 1.6pips 1.4pips 1.7pips
EUR/JPY 1.74pips 2.1pips 1.5pips 1.7pips
GBP/JPY 2.45pips 3.2pips 1.6pips 3.0pips
EUR/USD 1.2Pips 1.6pips 1.2pips 1.2pips

※表は左右にスクロールできます 

こちらは各社のスタンダード口座同士を比較した表です。取引手数料はどこも掛からないため、平均スプレッドのみを比べています。

教授
教授
なお、これを見るとTaianFXの平均スプレッドというのは他社と比べても遜色がないほど狭く、銘柄によってはもっとも狭い場合があることも分かります。
たしかに、スタンダード口座でも他の海外FX業者よりスプレッドは有利なんだね。

続いてブレード口座についても比較してみましょう。

TitanFXのブレード口座と他社ECN口座のスプレッドを比較

TitanFX
(往復7ドル)TitanFX
XM
(往復10ドル)XM
Axiory
(往復6ドル)AXIORY
HotForex
(往復6ドル)Hotforex
USD/JPY 0.33pips
(1.03pips)
0.1pips
(1.1pips)
0.4pips
(1.0pips)
0.2pips
(0.8pips)
EUR/JPY 0.74pips
(1.44pips)
0.4pips
(1.4pips)
0.5pips
(1.1pips)
0.8pips
(1.4pips)
GBP/JPY 1.45pips
(2.15pips)
1.2pips
(2.2pips)
0.6pips
(1.2pips)
1.4pips
(2.0pips)
EUR/USD 0.2pips
(0.9pips)
0.1pips
(1.1pips)
0.2pips
(0.8pips)
0.1pips
(0.7pips)

※表は左右にスクロールできます 
※それぞれのFX業者名の下に記載したものは往復の取引手数料の金額。

こちらはTitanFXのブレード口座と各社のスプレッドが狭い口座(ECN口座)を比較した表です。

教授
教授
こうして比較をしてみると、TitanFXのブレード口座は他業者と比べても遜色ないスプレッドの狭さです。
ずば抜けて狭いわけでもないけど、スプレッドと手数料のコストで損することはなさそうだね。

 

TitanFXについてさらに詳しく知りたい場合は、次の記事をご覧ください。
→TitanFX(タイタンFX)の評判【新興業者の実力を評価】

ABOUT ME
海外FX大学編集部
国内最大級の海外FX情報サイト「海外FX大学」編集部。FP2級、証券外務員資格を保有し、15以上の海外FX業者を使用した編集長が記事を監修。海外FX初心者でも分かるように、正確で分かりやすい情報発信をしていきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です