海外FXの基礎知識

NDD方式の海外・国内FX業者一覧【DD方式とどちらが有利?】

NDD方式の海外・国内FX業者一覧【DD方式とどちらが有利?】
NDD方式ってイマイチよく分からない・・・
DD方式とどう違って、どちらが有利なの?

NDD方式は海外FX業者に多い取引方式ですが、DD方式との違いが今ひとつピンと来なかったり、メリットやデメリットが分からないという人もいると思います。

ここでは、NDD方式とは何か?という基本的なところから、DD方式との違いや、それぞれの取引の良し悪しについてどこよりも分かりやすく解説してきます。

教授
教授
NDD方式とDD方式の違いをしっかりと理解しておきましょう。

NDD方式とは?DD方式との違いやメリット・デメリット

NDD方式とはどんな取引なのか、DD方式と比較して分かりやすく解説していきます。

まずは次の表をご覧ください。

項目 NDD方式 DD方式
FX業者の介入 なし あり
FX業者による取引操作 不可能 可能
取引の透明性 高い 低い
FX業者の利益 スプレッド(手数料) 顧客の反対売買
ノミ行為など
スプレッド 広い 狭い

NDD方式とDD方式にはざっくりと上記のような違いがあります。

表を見るだけじゃよくわからないや。
教授
教授
安心してください。さらに詳しく説明します。

NDD方式とは?メリット・デメリット

NDD方式を簡単に言うと、次のように表すことができます。

NDDとは
  • FX業者を介さずに直接市場と取引する方式

FX業者を介さずに取引するというのは、図にすると次のようになります。

NDD方式の取引の流れ

FX業者を一切介さずに市場(カバー先や銀行)と取引ができるため、FX業者に取引をコントロールされることがありません。非常に透明性が高い取引方法です。

※カバー先はレートを提示してくれる金融機関です。

図があるとイメージしやすいね!

NDD方式のFX業者の利益の出し方

NDD方式でFX業者の利益はスプレッド(手数料)になります。

ですので、必然的にスプレッド幅は広くなるのがNDD方式の特徴です。

NDD方式のメリット・デメリット

NDD方式のメリットは次の点です。

NDD方式のメリット

  • 取引の透明性が高い
  • FX業者を介さないので、注文価格と約定価格の差がない

NDD方式のデメリットは次の点です。

NDD方式のデメリット

  • スプレッド幅が広い

取引の透明性が非常に高く、取引操作される心配がないですし、直接市場とやり取りできるのため、約定のタイムラグが少ないというメリットがあります。

その反面、FX業者の利益はスプレッド(手数料)のみなので、必然的にスプレッド幅が広くなってしまうのがデメリットです。

教授
教授
NDD方式は、顧客の注文に何も手を加えずに取引を流します。その代わり、スプレッドが広いのです。
え?てことは、DD方式は手を加えて流すということ?
教授
教授
はい、詳しく解説します。

DD方式とは?メリット・デメリット

DD方式というのは、次のように表すことができます。

DD方式とは
  • FX業者を介して取引する方式

FX業者を介して取引するというのは、図にすると次のようになります。

DD方式の取引の流れ

FX業者が「ディーリングデスク」というものを置いて、顧客の注文を取り次ぐ形で注文が市場(カバー先や銀行)に流れていくわけです。

DD方式のFX業者の利益の出し方

DD方式では、NDD方式とは全く違う方法でFX業者は利益を出しています。

  • 呑み行為(注文の取次をしない)
  • 反対売買を行う

FXではトレーダーの9割は負けていると言われています。

教授
教授
つまり、FX業者は注文をトレーダーから受け取って市場に流さなければ、トレーダーの損分が9割の確率で利益になるということです。

この注文の取次をせずに顧客の証拠金だけ減らして自社の利益にすることを呑み行為(ノミ行為)と言います。

また、9割が負けているということは、トレーダーと反対売買すれば9割儲かることになるので、DD方式は次の図式が成り立つことになります。

DD方式は次の式が成り立つ

  • FX業者の利益 = トレーダーの損
  • トレーダーの損 = FX業者の利益

DD方式はFX業者と顧客の利益は相反する関係なのです。

DD方式のメリット・デメリット

DD方式のメリットは次の点です。

DD方式のメリット

  • FX業者の利益は顧客の損なので、スプレッドを限界まで狭められる

一方でDD方式のデメリットは、次の点です。

DD方式のデメリット

  • 取引がコントロールされ、不正の可能性がある
  • FX業者を介するため、注文の到達が遅く思った価格で約定できない可能性がある

取引がFX業者にコントロールされるので次のような不正が行われる可能性があることには注意が必要です。

  • レートずらし
  • ストップ狩り
  • ロスカット狩り
  • スリッページ(すべり)させる
  • システムダウンさせる
なるほど、DD方式は海外FX業者側が不正しようと思えばできちゃうんだね。

NDD方式とDD方式の違いを表にまとめると

NDD方式とDD方式の違いを表にまとめると、次のようになります。

項目 NDD方式 DD方式
FX業者の利益の出し方 なし あり
メリット ・取引の透明性が高い
・約定が早い
・スプレッドが狭い
デメリット ・スプレッドが広い ・取引操作される可能性あり
・約定が遅れる可能性あり

NDD方式とDD方式で、どちらが確実に有利ということはありません。

教授
教授
DD方式のスプレッドが狭いからといって、注文が遅れたり、不正によって不利益を被る場合もあるので必ずしも有利という訳ではありません。

ただし、スキャルピングを行う場合は確実にNDD方式が良いです。

NDD方式の海外・国内FX業者一覧

NDD方式の海外業者と国内業者を一覧でご紹介します。

海外でNDD方式の業者一覧

海外業者はほぼNDD方式です。

方式 業者
NDD方式
DD方式

NDD方式が主流の海外FX業者で珍しく、GemForex(ゲムフォレックス)、BigBoss、FXDD(一部)がDD方式を取っています。

※DD方式にはNDDと主張している業者も入っていますが、おそらくDD方式と判断しています。

国内でNDD方式の業者一覧

国内FX業者はランキング上位にくるような主要業者はほとんどDD方式ですが、次の業者がNDD方式を採用しています。

方式 業者
NDD方式
  • ヒロセ通商
  • OANDA JAPAN(オアンダジャパン)
  • 外為ファイネスト
  • フォレックス・エクスチェンジ
  • サクソバンク証券
  • デューカスコピージャパン
  • EZインベスト証券
  • インヴァスト証券(100万通貨超の場合)
DD方式
  • GMOクリック証券
  • DMM FX
  • SBI FXトレード
  • みんなのFX
  • LIGHT FX
  • FXブロードネット
  • 外貨ex
  • トライオートFX
  • 外為どっとこむ
  • FXプライム
  • セントラル短資FX
  • 外為ジャパン

このように国内は比較的マイナー業者が多く、GMOクリック証券やDMM FX、SBIなどの大手はすべてDD方式を使っていることが分かります。

スキャルピングをやるならDD方式は厳しい

スキャルピングをやるなら、正直なところDD方式は厳しいです。

DD方式はスプレッド幅が狭いので、スキャルピングに適していると思いがちですが、次の点で問題があります。

発注から注文が市場に到達するまで時間がかかるのでスリッページ(注文価格と約定価格の差)が発生しやすい

教授
教授
DD方式では発注から約定まで時間がかかる場合があるので、スキャルピングを行うと思った通りの価格で約定できない可能性が高まります。

一方で、NDD方式ですと、FX業者を介さないので表示レートで約定できる可能性が高まりますので0コンマ1秒が重要になるスキャルピングには適しています。

NDD方式じゃないとMT4は都合が悪い?

全世界で使われており、非常に透明性の高い取引ツールにMT4があります。

NDD方式はトレーダーと市場が直接取引するだけなので、全世界標準と言っても良いMT4を使用してもなんの問題も起きませんし、EA(自動売買機能)も使えます。

しかし、国内のDD方式の業者は独自の取引ツールを使用しています。

これは、国内のDD方式で透明性の高いMT4を使ってしまうと意図的にスリッページやリクオートを起こしたらトレーダーに気付かれてしまうから、と勘ぐられても仕方がありません。

独自のツールを使っておけば、DD方式で取引操作したとしても気づかないのは確かです。

真相は誰にも分かりませんが、この辺にもDD方式の危うさが存在するということですね。

海外FX業者選びに迷ったら

当サイト「海外FX大学」が総力を挙げて全34社を徹底比較し、基準を明確に数値化してランキングにしました。
総合面でもっとも優秀な海外FX業者はどこなのかが分かりますので、海外FX選びの参考にしてみてください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です