iFOREX(アイフォレックス)の評判【悪い点から良い点まで徹底評価】

iFOREXのレバレッジを徹底理解【制限・変更・設定方法】

iFOREXのレバレッジ制限ってどうなっているの?変更や設定の方法が知りたい!

iFOREXのレバレッジについては、一般的に「最大レバレッジ400倍」「レバレッジ制限なし」などと言われていますが、実際にはマイナー通貨ペアでは最大400倍が適用されないことがあったり、他のCFD商品などでは銘柄ごとに制限があったりします。

この記事では、iFOREXのレバレッジについて徹底解説するとともに、銘柄ごとのレバレッジ一覧や、実効レバレッジの変更方法などについても詳しくご説明していきます。

教授
教授
iFOREXのレバレッジ制限を正しく理解して、海外FXのメリットであるハイレバレッジ取引を十分に活用しましょう。

iFOREX(アイフォレックス)のレバレッジは最大400倍・制限の条件は?

iFOREX(アイフォレックス)のレバレッジは最大400倍であり、口座残高や取引するロット数により制限されることはありません。

口座残高を気にせずに、いつでも最大400倍のレバレッジでFX取引をすることができます。

ただし、最大400倍のレバレッジが適用されるのはFXのメジャー通貨ペアに限られており、一部のマイナー通貨ペアにおいては適用されていません。

同様に他のCFD商品など、すべての銘柄について最大400倍が適用されるものではありません。

ここからは、iFOREXの最大レバレッジについて解説するとともに、他の銘柄のレバレッジ制限についても詳しくご紹介していきます。

iFOREXは最大レバレッジは400倍【証拠金はどれくらい必要?】

FXにおける最大の魅力はレバレッジ取引であると言えます。レバレッジをかけて取引することによって、証拠金として預け入れた資金の何倍もの金額の取引ができます。

例えば、米ドル円の取引を見てみましょう。

<米ドル円1万通貨でレバレッジ400倍の際に必要な証拠金>

1米ドル=110円とすると、1万通貨(1万米ドル)は110万円に相当します。

レバレッジ400倍の場合、110万円の400分の1、つまり2,750円が必要証拠金となるわけです。

理論上は、2,750円の取引証拠金を預け入れることにより、1万通貨(1万米ドル=110万円)相当の取引ができることになります。

理論上と言ったのは、2,750円ジャストの証拠金では、ごくわずかでもレートが逆行した場合に即ロスカットの危険がありますので、実際にはこれよりも大きい金額を証拠金として預け入れることが通常であるためです。

ちなみに国内FXの場合は、金融庁がレバレッジを最大25倍に規制していますので、この場合、1万通貨の取引のために44,000円の取引証拠金が必要となります。

海外FX業者の場合は、200倍、500倍など、業者によって最大レバレッジが異なっています。これは、各業者がそれぞれの国(登録機関)から金融ライセンスを取得しているためで、レバレッジの規制内容も異なるというわけです。

ところで、iFOREXの最大レバレッジは400倍とされていますが、これはFX(外国為替取引)のメジャー通貨ペアの取引に適用されるものです。

iFOREXの他の取扱商品では、銘柄ごとにレバレッジが制限されていますので、次の項目から詳しく見ていきましょう。

レバレッジ制限のある銘柄一覧(マイナー通貨ペア・仮想通貨・原油など)

iFOREXでレバレッジ制限のある銘柄について一覧にしてご説明していきます。

FX通貨

FX通貨については、基本的に最大400倍のレバレッジが適用されますが、一部のマイナー通貨のみ、最大レバレッジが制限されます。

最大レバレッジが制限される通貨ペアは、次の13種類です。

最大レバレッジが制限される通貨ペア 最大レバレッジ
トルコリラ/Hフォリント 200倍
トルコリラ/円 200倍
スイス/トルコリラ 200倍
ポンド/トルコリラ 200倍
ユーロ/インドルピー 50倍
ユーロ/オフショア人民元 20倍
ユーロ/トルコリラ 200倍
ユーロ/ロシアルーブル 50倍
米ドル/インドルピー 50倍
米ドル/オフショア人民元 20倍
米ドル/チリペソ 50倍
米ドル/トルコリラ 200倍
米ドル/ロシアルーブル 50倍

上記がFXでレバレッジ制限のかかる通貨ペアです。最大20倍~200倍のレバレッジが適用されています。

上記以外の通貨ペア(ドルストレートやクロス円などメジャー通貨ペアが含まれる)については、すべて最大400倍のレバレッジが適用されます。

コモディティ(エネルギー、金属、農作物他)CFD

コモディティ(エネルギー、金属、農作物他)CFDについてのレバレッジ制限は次のとおりです。

銘柄 最大レバレッジ
WTI原油 100倍
ガソリン 100倍
ココア 100倍
コーヒー 100倍
コーン 66倍
パラジウム 100倍
ヒーティングオイル 100倍
ブレント原油 100倍
上海原油 20倍
大豆 100倍
天然ガス 66倍
小麦 50倍
白金 200倍
砂糖 100倍
綿 50倍
200倍
金(EUR) 200倍
金(グラム、トルコリラ) 200倍
200倍
100倍

上記のように、コモディティCFDでは最大20倍~200倍程度のレバレッジが適用されています。

指数CFD

iFOREXでは、30以上の銘柄の指数CFDが提供されています。各銘柄のレバレッジ制限は次のとおりです。

銘柄 最大レバレッジ
FANG+ 200倍
USDX 200倍
VIX 50倍
イギリス100 200倍
イタリア40 200倍
インド50 200倍
オランダ25 200倍
オーストラリア200 100倍
ギリシャ20 50倍
サウジ全株指数 50倍
シンガポール 25 100倍
スイス20 100倍
スペイン35 200倍
トルコ100 25倍
ドイツ30 200倍
ドバイ指数 50倍
フランス40 200倍
ブラジル 60 50倍
メキシコ 35 100倍
ヨーロッパ50 200倍
中国A50 50倍
中国SSE 20倍
中国SZSE 20倍
台湾指数 50倍
日本100 200倍
日本225(円) 200倍
日本225(米ドル) 200倍
日本400 200倍
米国2000 200倍
米国30 200倍
米国500 200倍
米国テック100 200倍
韓国 200 50倍
香港50 200倍

上記のように、iFOREXの指数CFDでは、最大20倍~200倍程度のレバレッジが適用されています。

株式CFD

iFOREXでは、テクノロジー、銀行、航空、食品・飲料、自動車、エネルギー、衣類を含む多様な業界の株式CFDが提供されており、新たな銘柄も随時追加されています。

ここでは、株式CFDのレバレッジ制限について、主要な銘柄のみ抜粋して一覧にしています。

銘柄 最大レバレッジ
ソフトバンクグループ 20倍
任天堂 20倍
ソニー 20倍
三菱UFJ 20倍
テスラ 20倍
アマゾン 20倍
ツイッター 20倍
フェイスブック 20倍
アップル 20倍
トヨタ 20倍

上記は一部銘柄の抜粋ですが、株式CFDについてのレバレッジ制限は、最大5倍~20倍程度のレバレッジが適用されています。

なお、他の銘柄の個別のレバレッジについては、iFOREX公式サイトの「取引条件」>「取引条件一般」>「商品詳細」>「株式」で確認することができます。

ETF CFD

iFOREXでは、ETF(上場投資信託)のCFD取引が可能です。多様な市場や業界の50以上の銘柄のETFを取引することができます。

ここでは、ETF CFDのレバレッジ制限について、主要な銘柄のみ抜粋して一覧にしています。

銘柄 最大レバレッジ
グローバル・ゴールド・マイナーズ×3 10倍
米国100ロング×3 13倍
米国金融ロング×3 20倍
日本225ロング×2 20倍
日本225ショート×2 20倍
ブラジルファンド 40倍
中国大型株 40倍
シルバー・トラスト 40倍
ドイツ30ファンド 40倍
オーストラリア200ファンド 40倍

上記は一部銘柄の抜粋ですが、ETF CFDについてのレバレッジ制限は、最大10倍~40倍程度のレバレッジが適用されています。

なお、他の各銘柄の個別のレバレッジについては、iFOREX公式サイトの「取引条件」>「取引条件一般」>「商品詳細」>「ETF」で確認することができます。

仮想通貨CFD

iFOREXでは、18銘柄の仮想通貨CFDを取り扱っています。仮想通貨CFDについてのレバレッジ制限は次のとおりです。

銘柄 最大レバレッジ
EOS 10倍
イーサリアム 10倍
イーサリアム(ユーロ) 10倍
イーサリアム(円) 10倍
ダッシュ 10倍
ビットコイン 10倍
ビットコイン/イーサリアム 10倍
ビットコイン/ライトコイン 10倍
ビットコインキャッシュ 10倍
ビットコイン(ユーロ) 10倍
ビットコイン(円) 10倍
モネロ 10倍
ライトコイン 10倍
ライトコイン(ユーロ) 10倍
ライトコイン(円) 10倍
リップル 10倍
リップル(ユーロ) 10倍
リップル(円) 10倍

上記のように、仮想通貨CFDでは最大10倍のレバレッジが適用されています。

残高・注文数によるレバレッジ制限はなし

iFOREXでは、口座残高や注文数(ロット数)によるレバレッジ制限はありません。

他の多くの海外FX業者では、口座残高や注文数が大きくなるにつれて、レバレッジに制限がかかることがあります。つまり、強制的にレバレッジが低く変更されるのです。

これは、トレーダーの資金を守るため、また、FX業者側の損失を回避するためです。

前の項目で詳しくご説明したように、iFOREXでは取り扱う商品の銘柄ごとにレバレッジ制限がありますが、口座残高や保有ロット数によるレバレッジ制限はありません。

iFOREXは、レバレッジ制限を気にせずに取引の出来る、数少ない海外FX業者のうちの一つです。

iFOREX(アイフォレックス)のレバレッジ変更・設定方法は?

ここからは、iFOREX(アイフォレックス)のレバレッジ変更・設定方法についてご説明します。

レバレッジを変更する設定方法はない

前述したとおり、iFOREXの最大レバレッジは、口座残高や注文数によりに制限がかからないため、レバレッジを変更する必要もなく、したがって設定方法も特にありません。

注文ロット数などで調整する

iFOREXでは、最大レバレッジを変更することは出来ませんが、注文ロット数(または口座残高)を増減することにより、実効レバレッジを変更することが可能です。

実効レバレッジとは、実際の運用レバレッジを意味しており、実質レバレッジとも言われます。

比較すると次のようになります。

  • 最大レバレッジ:必要証拠金額に対する本来の取引金額の比率
  • 実効レバレッジ:有効口座残高に対する本来の取引金額の比率

例えば、口座残高が11万円で、米ドル円で1万通貨(110万円相当)のポジションを保有しているとすると、実効レバレッジは10倍となります。

つまり、最大レバレッジ400倍の口座であっても、実効レバレッジでは10倍の取引をしているということになります。 実効レバレッジが低いほど、リスクの低い取引であると言えます。

iFOREXだけに限らず、FX取引では、このように注文数(または口座残高)を増減することによって、実行レバレッジを調節することが可能です。

ところで、iFOREXでは、最大・最小取引量が通貨ペアごとに異なります。

通貨ペアごとの最大・最小取引量は、iFOREX公式サイトの「取引条件」>「取引条件一般」>「商品詳細」>「通貨」で確認することができます。

米ドル円、ユーロ円、ユーロ米ドルについては以下のとおりとなっていますので、注文数の増減の際に参考にして下さい。

通貨ペア 最小取引量 最大取引量
USD/JPY 1,000通貨 15,000,000通貨
EUR/JPY 2,000通貨 20,000,000通貨
EUR/USD 1,000通貨 30,000,000通貨

 

iFOREXについてさらに詳しく知りたい場合は、iFOREX(アイフォレックス)の評判【悪い点から良い点まで徹底評価】をご覧ください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です