海外FX業者一覧

HotForex(ホットフォレックス)の評判【信頼性が高い噂は本当?】

HotForex(ホットフォレックス)の評判【信頼性が高い噂は本当?】HotForexは、長い運営実績を持ち、口座開設数は今や全世界で200万を超えるなど、世界的な評価を獲得しています。

教授
教授
この記事では、HotForexのサービス内容やその評判、メリット・デメリットについて、詳しく解説していきます。
項目 スペック・サービス内容
総合ランク 3/32社
金融ライセンス SV(セントビンセント・グレナディーン)、FCA(イギリス)、DFSA(ドバイ)、FSCA(南アフリカ)、FSA(セーシェル)
資産保証 分別管理
取引方式 NDD方式
平均スプレッド マイクロ口座:1.7pips(USDJPY)
プレミアム口座:1.7pips(USDJPY)
ゼロスプレッド口座:0.2 pips(USDJPY)
手数料 1ロットにつき往復6~8ドル(ゼロスプレッド口座のみ)
約定力 高い
ボーナス 入金額に対し100%(最大5万ドル)
1ロットの取引ごとに2ドルキャッシュバック(最大8,000ドル)
最大レバレッジ 1,000倍(マイクロ口座)
ロスカット水準 マイクロ口座:10%
プレミアム口座:20%
ゼロスプレッド口座:20%
最小取引単位 1,000通貨
日本語サポート 完全対応
取引ツール MT4/MT5

 

海外FX大学からの評価

HotForexは、高いレバレッジと安い取引コストが魅力ですが、円建ての口座がないため、ドル建てやユーロ建てになじみのない人にはデメリットと感じられるかもしれません。

しかしながら、HotForexは運営歴も長く、業界内でも評判が海外FX業者です。取引コストが安いことからスキャルピングにも適しています。

 

目次-この記事で分かること

HotForex(ホットフォレックス)の評判

HotForex(ホットフォレックス)の評判HotForex(ホットフォレックス)の口コミ・評判について調査しました。悪い評判も含めて詳しく見ていきます。

HotForexの悪い評判

まずは、HotForexの悪い評判について見てみましょう。

HotForexの良い評判

次に、HotForexの良い評判を集めてみました。

HotForexの評判まとめ

HotForexの評判・口コミを見てみると、以下のような意見が多くありました。

  • 手数料が安い
  • スプレッドが狭い
  • スリッページが小さい

一方で、「円口座がない」「お知らせのメールがマレー語だった」といった不評も見つかりました。

HotForexの基軸通貨は米ドルとユーロのみであり、円建ての口座がありません。したがって入出金の際には為替手数料や為替差益が発生することになり、日本人にとってはやや馴染みにくいとも言えます。

また、HotForexの公式サイトの一部やお知らせのメールについても、完全に日本語に対応していない部分があるのも事実です。

教授
教授
その一方で、メールや電話のサポートに関しては完全日本語による対応が可能となっています。日本語対応のさらなる進捗について期待したいところです。

 

HotForexのデメリット

HotForexのデメリットまずは、HotForexのデメリットについて解説していきます。HotForexのデメリットは次の4つです。

HotForexのデメリット
  • 銀行送金ができない
  • 円口座がない
  • ボーナスを直接取引に使えない
  • 資産保証が分別管理

一つずつ詳しくご説明します。

デメリット①銀行送金ができない

HotForexの入出金方法は、クレジットカード、bitwalletなどのオンラインウォレット、仮想通貨の3種類がありますが、銀行送金はできません。

銀行送金は、やや手数料がかかりますが、他の業者を介さずに直接送金できるというメリットがあります。

教授
教授
ただし、クレジットカードは入出金しやすい方法ですし、手数料的にbitwalletは非常に安いので致命的な問題ではありません。

デメリット②円口座がない

HotForexには基軸通貨に円がありません。米ドル建てかユーロ建ての口座のみとなっています。

つまり、日本人トレーダーが入出金する際には、必ず「為替手数料」が発生し、同時に「為替損益」が発生します。

教授
教授
頻繁に入出金をする場合には、これらの為替の影響も少なくありませんので注意しましょう。

デメリット③ボーナスのみを取引に使えない

HotForexでは、取引による損失は入金した金額から引かれていき、入金額分がゼロになった時点でボーナスは消滅します。

教授
教授
つまり、損失が増えていき、入金額分に達したら残高がゼロとなります。他の業者のように、ボーナスだけで取引をすることもできません。
それってボーナスの意味ってあるの?
教授
教授
HotForexに関しては、ボーナスの意味は証拠金が増えて大きなポジションで取引ができるという点につきます。

HotForexのボーナスの性質は、他の海外FX業者と比較して大きく異なるので注意が必要です。

デメリット④資産保証が分別管理

HotForexの日本人口座では、信託保全には対応していません。

ただし、HotForexの運営資金とトレーダーが預けている資金は別々の金融機関において管理されており(分別管理)、さらにHotForexは、万一HotForexが破たんした場合でも、最大500万ユーロが保証される保険に加入しています。

教授
教授
HotForexでは、上記のような対策により安全性を確保していますが、不安を感じる場合は、AXIORYやXMなどの完全信託保全のあるFX業者を検討してみるのも良いでしょう。

 

HotForexのメリット

HotForexのメリット次に、HotForexのメリットについて詳しく解説します。HotForexのメリットは次の8つです。

HotForexのメリット
  • 信頼性が高い(評判も良い・運営歴も長い)
  • 選べる3種類のボーナスがあり、キャッシュバックもある
  • 最大レバレッジが高い
  • ロスカット水準が10%
  • 約定力が高い
  • 入出金手数料がかからない
  • 取引コストが低くスキャルピングに最適
  • 通貨ペアが49種類と豊富・ビットコインやCFDも取引可能

一つずつ詳しくご説明します。

メリット①信頼性が高い(評判も良い・運営歴も長い)

HotForexは10年以上の運営実績を持ち、現在、口座開設数は全世界で200万以上となっています。

教授
教授
金融ライセンスについても、HotForexが属するHF Marketsグループは合計で5つのライセンス(SV、FCA、DFSA、FSCA、FSA)を取得しており、中でもFCA(イギリス)は最も取得の難しい金融ライセンスとも言われています。

HotForexはこれらの機関から規制・監督を受け、その基準をクリアしており、HotForexの信頼性については問題ないと言って良いでしょう。

メリット②選べる3種類のボーナスがあり、キャッシュバックもある

HotForexでは、口座開設時に選択できる3種類のボーナスがあります。詳しい内容は次のとおりです。

ボーナス 適用される口座 内容
100%スーパーチャージボーナス プレミアム口座 250ドル以上の入金に対して100%の入金ボーナスを付与(最大5万ドル、出金不可)

20ロット以上の取引に対して1ロットごとに2ドルのキャッシュバック(最大8,000ドル、出金可)

100%クレジットボーナス プレミアム口座

マイクロ口座

100ドル以上の入金に対して100%の入金ボーナスを付与(最大3万ドル、要件(※1)を満たすと出金可)
30%レスキューボーナス(2019年11月に廃止) プレミアム口座

マイクロ口座

50ドル以上の入金に対して30%の入金ボーナスを付与(最大7,000ドル、出金不可)

ロスカット後の入金に対して30%の入金ボーナスを付与(最大3,000ドル、出金不可)

教授
教授
HotForexの100%クレジットボーナスは要件を満たせば出金も可能です。
ボーナス自体が出金できるのは珍しいね。

(※1)100%クレジットボーナスの出金のための要件は次のとおりです。

ボーナス金額÷2≦取引ロット数

例)ボーナス100ドルを出金したい場合、50ロット以上の取引が必要

上記の要件を満たしてから3カ月以内にサポートへ出金を要請する必要があります。

なお、30%レスキューボーナスは2019年11月に廃止されており、現在は選択することができません。

メリット③最大レバレッジが高い

HotForexの最大レバレッジは、口座タイプによって異なります。詳しくは次のとおりです。

マイクロ口座 プレミアム口座 ゼロスプレッド口座
最大レバレッジ 1,000倍 500倍 500倍

マイクロ口座では、1,000倍という業界内でも最高水準のレバレッジを提供しています。

教授
教授
他の海外FX業者が概ね200倍~500倍程度であること比較しても、HotForexのレバレッジは総じて高い水準であることが分かります。

メリット④ロスカット水準が10%

HotForexのロスカット水準は、口座タイプによって異なります。詳しくは次のとおりです。

マイクロ口座 プレミアム口座 ゼロスプレッド口座
ロスカット水準 10% 20% 20%
教授
教授
他の多くの海外FX業者が20%〜30%程度である中で、HotForexのロスカット水準は、比較的低く設定されています。

メリット⑤約定力が高い

HotForexの公式サイトでは、注文執行率や約定スピードなどのデータを公開していません。

しかしながら、ネット上でのトレーダーの反応を見てみると、約定力については概ね高い評価が得られているようです。

教授
教授
当サイトが実際に使ってみたところでも、約定力についてはXMと同等かそれ以上の実感が得られています。

メリット⑥入出金手数料がかからない

HotForexでは、入出金の際に手数料がかかりません。どの入出金方法を選択しても同様です。

教授
教授
ただし、bitpayやbitwalletなどで入出金する場合には、これらのオンラインウォレットに入金または出金する段階で所定の送金手数料がかかります。

メリット⑦取引コストが低くスキャルピングに最適

HotForexでは、スプレッドが狭く取引コストが安く抑えられるため、短時間の取引を頻繁に繰り返すスキャルピング取引に向いています。

教授
教授
中でもゼロスプレッド口座では、取引手数料がかかるものの、その代わりに最小0.0pipsという極狭スプレッドを提供しており、トータルコストでは他の口座よりもコスパが良くなっています。

HotForexのゼロスプレッド口座は、スキャルピングに最適な口座であると言えます。

メリット⑧通貨ペアが49種類と豊富・ビットコインやCFDも取引可能

HotForexで取引が可能な商品は次のとおりです。

  • FX通貨ペア:49種類
  • 金属/エネルギーCFD:9銘柄
  • 株価指数CFD:23銘柄
  • 株式CFD:56銘柄
  • コモディティCFD:7銘柄
  • 仮想通貨CFD:12種類
  • 債券CFD:3銘柄

HotForexでは、取り扱うFX通貨ペア・CFD商品ともに種類が豊富です。仮想通貨の取り扱いもあるのが特徴的と言えます。

 

HotForex(ホットフォレックス)の入金方法一覧

HotForex(ホットフォレックス)の入金方法一覧HotForex(ホットフォレックス)の入金方法は6種類あります。詳しい内容は次のとおりです。

入金方法 最低入金額 手数料 反映時間
クレジットカード/デビットカード(VISA、JCB、mastercard) 5USD なし 10分以内
Bitcoin(bitpay) 5USD なし (決済が確認されてから)10分以内
BitcoinCash(bitpay) 5USD なし (決済が確認されてから)10分以内
仮想通貨決済(Ethereum、Ripple、Litecoin) 100 USD なし (決済が確認されてから)10分以内
bitwallet 1,000円 なし 10分以内
VLoad 10 USD なし 10分以内

「仮想通貨決済」は、Ethereum(イーサリアム) 、Ripple(リップル) 、Litecoin(ライトコイン) のいずれかの仮想通貨での支払いとなり、それぞれの電子財布口座から、HotForexへ送金します。

「VLoad」は、日本語非対応のオンラインウォレットです。VLoadで口座を開設後にバウチャーを買い、HotForexへ送金するという決済方法です。

HotForex(ホットフォレックス)の出金方法

HotForex(ホットフォレックス)の出金方法HotForex(ホットフォレックス)の出金方法は5種類あります。詳しい内容は次のとおりです。

出金方法 最低出金額 手数料 反映時間
クレジットカード/デビットカード(VISA、JCB、mastercard) 5USD なし 2~10営業日(経由銀行による)
Bitcoin(bitpay) 5USD なし 1~3営業日
仮想通貨決済(Ethereum、Ripple、Litecoin) 100USD なし 24時間以内(決済が確認されるタイミングによる)
bitwallet 20USD なし 即時
VLoad 100USD なし 1営業日

HotForexでは、BitcoinCash(bitpay)での出金ができません。BitcoinCashで入金した場合は、Bitcoinで出金することとなります。

出金拒否の噂はない

HotForexでは、出金拒否の噂はありません。ライセンスの信頼度が高いので、その点はほとんど心配はいらないでしょう。

高額出金であっても、問題なく対応されているようです。

 

HotForex(ホットフォレックス)の口座タイプ3種類の比較

HotForex(ホットフォレックス)の口座タイプ3種類の比較HotForex(ホットフォレックス)には6種類の口座タイプがあります。その中でも、裁量トレードができる「マイクロ口座」「プレミアム口座」「ゼロスプレッド口座」の3種類の口座タイプについて、詳しくご説明します。

項目 マイクロ口座 プレミアム口座 ゼロスプレッド口座
最大レバレッジ 1,000倍 500倍 500倍
平均スプレッド 最小1.0pips 最小1.0pips 最小0.0pips
取引手数料 なし なし 1ロットあたり往復6~8ドル(通貨ペアによる)
ボーナス 100%クレジットボーナス 100%スーパーチャージボーナス、100%クレジットボーナス なし
最低入金額 5USD 100USD 200USD
最低取引量 0.01ロット(1,000通貨) 0.01ロット(1,000通貨) 0.01ロット(1,000通貨)
ロスカット水準 10% 20% 20%
1ポジションあたりの最大保有数 7ロット 60ロット 60ロット
最大保有数 150ロット 300ロット 500ロット

ゼロスプレッド口座は、取引ごとに手数料が発生しますが、その代わりに非常に狭いスプレッドを提供しており、安いコストで取引ができる口座であると言えます。

HotForex(ホットフォレックス)の口座開設方法

HotForex(ホットフォレックス)の口座開設方法HotForex(ホットフォレックス)に口座を開設する手順は次のとおりです。

  1. 公式サイトの「ライブ口座開設」を選択
  2. 使用したい通貨、氏名、電話番号などを入力し、「登録」をクリック
  3. 口座開設確認メールが送付される
  4. メール文中の「法的書類」をクリックして、法的書類を確認→同じく「口座有効化」をクリックして口座を有効化する
  5. ログイン情報通知メールが送付される
  6. 送付されたログインIDとパスワードで、会員ページにログインする
  7. 会員ページ>「マイ・アナウンスメント」>「click here」に進み、さらに詳細な個人情報を入力し「終了」をクリック
  8. 「マイ・アナウンスメント」から、身分証明書・住所証明書をアップロードする
  9. 数時間後に、審査完了通知メールが送付される
  10. 会員ページへログインして、「My Trading Accounts」の「Open new Trading Account」をクリック
  11. 使用したい口座タイプを選択して、「口座を開設する」をクリック
  12. 口座開設完了メールが送付される

以上で口座開設の手続きと本人確認の手続きは完了です。入金が済み次第、すぐに取引を開始できます。

口座開設は意外と簡単だったね。
教授
教授
はい、身分証アップロードまでは10分〜15分程度でできますね。

なお、HotForexでは、ボーナスの対象となるのは、「マイクロ口座」「プレミアム口座」のMT4口座のみとなっています。

MT5や「ゼロスプレッド口座」を選択するとボーナスはもらえませんので注意しましょう。

 

HotForex(ホットフォレックス)のスプレッドは低め

HotForex(ホットフォレックス)のスプレッドは低めHotForexの口座タイプごとのスプレッドは次のとおりです。

平均スプレッド(USDJPY) 最小スプレッド(USDJPY)
マイクロ口座 1.7 pips 1.0 pips
プレミアム口座 1.7 pips 1.0 pips
ゼロスプレッド口座 0.2 pips 0.0 pips

HotForex(ホットフォレックス)のスプレッドは、他の主要な海外FX業者と比較しても、低い設定となっています。

 

HotForex(ホットフォレックス)のスワップポイント

HotForex(ホットフォレックス)のスワップポイントHotForex(ホットフォレックス)のスワップポイントは日々更新されます。

通貨ペアごとのスワップは、以下でリアルタイムで確認することができます。

HotForex公式サイトへ >「商品」>「フォレックス」

以下からも確認できます。

→HotForexのスワップポイントはこちら

HotForex(ホットフォレックス)の最大レバレッジは?制限はある?

HotForex(ホットフォレックス)の最大レバレッジは?制限はある?HotForex(ホットフォレックス)の最大レバレッジは、口座タイプによって異なります。詳しくは次のとおりです。

最大レバレッジ
マイクロ口座 1,000倍
プレミアム口座 500倍
ゼロスプレッド口座 500倍

なお、取引ロット数による制限はありませんが、口座残高が300,000USD以上である場合は、レバレッジが調整されることがあります。

 

HotForex(ホットフォレックス)の取引方法!MT4/MT5の使い方

HotForex(ホットフォレックス)の取引方法!MT4/MT5の使い方HotForex(ホットフォレックス)では、MT4/MT5の利用が可能です。ここでは、PCで使う場合と、スマホ(アプリ)で使う場合の2つに分けて、MT4/MT5の始め方をご説明します。なお、MT4もMT5も手順は同じです。

PC(MT4/MT5)の使い方

PCでMT4/MT5を始めるまでの流れは次のとおりです。

  1. 「マイクロ口座」「プレミアム口座」「ゼロスプレッド口座」のいずれかを開設する
  2. HotForexから、口座ログイン情報がメール送付される
  3. HotForex公式サイトからMT4/ MT5をダウンロードする
  4. 使用するPCへMT4/ MT5をインストールする
  5. MT4/ MT5を起動し、口座開設時にメール送付されたログインID、パスワード、サーバー名でログインする

以上でMT4/MT5の準備は完了です。入金が済み次第、すぐに取引を開始することができます。

スマホアプリ(MT4/MT5)の使い方

スマホ(アプリ)でMT4/MT5を始めるまでの流れは次のとおりです。

  1. 「マイクロ口座」「プレミアム口座」「ゼロスプレッド口座」のいずれかを開設する
  2. HotForexから、口座ログイン情報がメール送付される
  3. 使用する端末にMT4/MT5アプリをインストールする
  4. MT4/MT5を起動し、口座開設時にメール送付されたログインID、パスワード、サーバー名でログインする

以上でMT4/MT5の準備は完了です。入金が済み次第、すぐに取引を開始することができます。

コピートレードの使い方

HotForexの「HFcopy口座」を開設することにより、非常に高い成績を出しているトレーダーの取引をコピーすることができます(コピートレード)。

「HFcopy口座」では、優秀なトレーダー(ストラテジープロバイダー)が、自分の代わりに自分に合った資金量で取引をしてくれます。

ストラテジープロバイダーは、多数の候補者の中からあなたが選択することができます。もちろん負けるリスクも伴いますが、あなたが仕事をしている時も寝ている間も、自動で利益を生み出してくれるので、手間やストレスが軽減されます。

ここでは、「HFcopy口座」の開設方法についてご説明します。開設の手順は次のとおりです。

  1. 会員ページにログインし、「HFcopy」>「open follow account」をクリック
  2. 適性テストの設問が表示される。すべてに回答した後、「submit answer」をクリック
  3. 適性テストに合格すると「open a HFcopy account」が表示されるのでクリック(合格するまで何度でもトライ可能)
  4. レバレッジを選択して「口座を開設する」をクリックすると、ID・パスワードが表示される
  5. 「find strategy to follow」をクリックすると、ストラテジープロバイダーの一覧が表示される
  6. フォローしたいストラテジープロバイダーを選び出し、「view prlofile」>「follow」をクリック
  7. HFcopy口座に移したい金額、運用比率などを入力・選択し、「start following」をクリック

以上でHFcopy口座の手続きは完了です。ストラテジープロバイダーによる運用が開始します。

通常の口座開設方法と異なる点は、適性テストを受けること、ストラテジープロバイダーを選択することなどです。適性テストは何度でも受け直すことが可能です。

なお、ストラテジープロバイダーをフォローする前に、HotForexへの入金が必要ですので、あらかじめ入金しておきましょう。

 

HotForex(ホットフォレックス)の取引時間

HotForex(ホットフォレックス)の取引時間HotForex(ホットフォレックス)の取引時間は次のとおりです。

取引時間(日本時間)
冬時間 (月)7:00:51~(土)6:59:59
夏時間 (月)6:00:51~(土)5:59:59

冬時間と夏時間の切り替わりの時期が近づくと、HotForexの公式サイトやメールなどでお知らせがあります。

年末年始・ゴールデンウィークの取引時間は?

2019年から2020年にかけての年末年始・クリスマスにおいて、HotForexの取引時間は次のとおりでした。

月日 2019 年末年始取引時間
12/24 通常営業
12/25 休場
12/26 通常営業
12/27 通常営業
12/28 休場
12/29 休場
12/30 通常営業
12/31 通常営業
1/1 休場
1/2 通常営業

なお、時期が近づくと、HotForexの公式サイトやメールなどでお知らせがあります。

 

HotForex(ホットフォレックス)の解約・退会方法

HotForex(ホットフォレックス)の解約・退会方法HotForex(ホットフォレックス)の解約・退会は、メールで行います。「口座ごとに解約したい場合」「myHF(会員ページ)を解約したい場合」の2つに分けてご説明します。

口座ごとに解約したい場合

口座ごとに解約したい場合の手順は次のとおりです。

  1. 口座を解約したい旨、氏名、解約したい口座IDを明記し、HotForexのサポート(support@hotforex.com)にメール送信する
  2. サポートが確認後、該当する口座がアーカイブ状態になる

以上で口座の解約手続きは終了です。アーカイブされた口座は使用できなくなりますが、再開手続きをすればいつでも復活させることができます。

myHF(会員ページ)を解約したい場合

myHF(会員ページ)を解約したい場合の手順は次のとおりです。

  1. myHFを解約したい旨、氏名、myHF IDを明記し、HotForexのサポート(support@hotforex.com)にメール送信する
  2. サポートが確認後、解約完了通知メールが送付される

以上でmyHFの解約手続きは終了です。

 

HotForexのQ&A

HotForexのQAHotForexのQ&Aをまとめました。

HotForexで両建ては認められている?

教授
教授
HotForexでは、同一口座内に限り両建て取引を認めています。

ただし、次の場合については禁止事項とされています。

  • 複数口座間での両建て取引
  • 複数のFX業者間での両建て取引

これらの違反行為が見つかると、最悪の場合は出金停止などの措置が取られることもありますので、十分に注意しましょう。

最大ロット・最小ロットはいくら?

教授
教授
HotForexでの最大ロット・最小ロットは、口座タイプにより異なります。詳しい内容は次のとおりです。
マイクロ口座 プレミアム口座 ゼロスプレッド口座
最大注文数 7ロット(700,000通貨) 60ロット(6,000,000通貨) 60ロット(6,000,000通貨)
最小注文数 0.01ロット(1,000通貨) 0.01ロット(1,000通貨) 0.01ロット(1,000通貨)

HotForexは本当にゼロカットの追証なし?

教授
教授
HotForexではゼロカットが保証されており、追証の必要はありません。

相場の急変時や市場に注文が集中した時などに、マージンコールやロスカットが適切に機能せずに、トレーダーの口座残高がマイナスになってしまうことがあります。

このマイナス分をFX業者が負担してゼロに戻してくれるシステムがゼロカットです。

HotForexでは、マイナス残高となってしまった場合でも、数時間程度が経過した後に、自動的に残高がゼロに戻ります。

または、追加入金をすることでもマイナス残高はリセットされます。

最低入金額は?

教授
教授
HotForexでは、入金方法によって最低入金額が異なります。詳しい内容は次のとおりです。
入金方法 最低入金額
クレジットカード 5USD
Bitcoin(bitpay) 5USD
BitcoinCash(bitpay) 5USD
仮想通貨決済(Ethereum、Ripple、Litecoin) 100 USD
bitwallet 1,000円
VLoad 10 USD

最低入金額の点から見ると、仮想通貨決済は、ややハードルの高い入金方法であると言えます。

 

HotForexがおすすめの方

HotForexがおすすめの方HotForexがおすすめの方、おすすめできない方についてまとめました。

HotForexがおすすめできない方

次のような方には、HotForexはおすすめできません。

  • 信託保全のあるFX業者で取引したい人
  • 米ドル建て、ユーロ建ての口座を煩わしく感じる人

HotForexには資金の分別管理や最大500万ユーロの補償がありますが、信託保全には対応していません。

また、HotForexには円建ての口座がなく、入出金の際には為替手数料や為替損益が発生します。

HotForexがおすすめの方

一方で、HotForexは次のような方におすすめです。

  • 大きいレバレッジでダイナミックな取引をしたい人
  • 約定率や約定スピードのストレスを減らしたい人
  • 入出金コストを安く抑えたい人
  • スキャルピング取引をしたい人

HotForexでは500~1,000倍という大きいレバレッジを提供しており、また、ロスカット水準が低いため、資金を有効に活用して取引することができます。

また、入出金手数料が無料であり、最低入出金額も低く設定されているため、入出金の際のコストを低く抑えることができます。

ドル建て口座が許容できるなら、かならい良い海外FX業者だね。
教授
教授
はい、スペックは非常に高いです。

 

海外FX業者選びに迷ったら

当サイト「海外FX大学」が総力を挙げて全32社を徹底比較し、基準を明確に数値化してランキングにしました。
総合面でもっとも優秀な海外FX業者はどこなのかが分かりますので、海外FX選びの参考にしてみてください。

     

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です