GEMFOREX(ゲムフォレックス)の評判は?【悪い点含めて完全解説】

GEMFOREXのスワップポイント完全理解【計算方法も解説】

GEMFOREXのスワップポイント完全理解【計算方法も解説】
GEMFOREXを使ってFX取引したいんだけど、スワップポイントの条件はどうなってるのかな?

スワップポイントとは2通貨間における金利差額のことを指しますが、GEMFOREXでは同一口座内で両建てをすることによりスワップポイントがプラスになる銘柄も存在します。

そこで、ここではGEMFOREXにおいてスワップポイントの高い通貨ペアや、スワップポイントの計算方法といったものをご紹介していきます。

またスワップポイント両建てをする際の注意点などについても解説していますので、実際にGEMFOREXで取引をする際の参考としてご覧ください。

教授
教授
スワップポイントというのは海外FX会社ごとに異なる数字が設定されています。
両建てをしてスワップポイントがプラスになる銘柄があるというのは貴重なことなので、ぜひ覚えておきましょう。

 

GEMFOREXのスワップポイント一覧

スワップポイントというのは注文を出す通貨ペア間における金利差額のことですが、金利の差と注文の出し方によってスワップポイントを貰うケースと支払うケースの2つがあります。

スワップポイントを貰うケースというのは、金利が高い通貨を買って金利の低い通貨を売る場合です。

反対に金利が高い通貨を売って金利の低い通貨を買うとスワップポイントを支払わなければいけません。

教授
教授
そこで、まずは取引をする機会が多いとされるメジャー通貨のスワップポイントから見ていきましょう。

メジャー通貨のスワップポイント一覧

銘柄 買い注文(ロング) 売り注文(ショート)
USD/JPY 0.21300 0.28700
EUR/JPY -1.50000 -1.20000
GBP/JPY 0.14000 -3.78000
EUR/USD 0.24700 0.25300
EUR/GBP -3.64000 -0.44000
AUD/JPY 1.14000 -7.66000
NZD/JPY 1.90000 -7.40000
CAD/JPY -0.80000 -5.10000

ここでは、取引量が多い米ドル・ユーロ・ポンド・日本円が絡む通貨ペアをピックアップしました。

ご覧のようにスワップポイントにはプラスとマイナスの2種類があります。

プラスであればスワップポイントを受け取ることが出来ますが、マイナスのものはこちら側で支払わなければいけません。

そのため、マイナススワップポイントの数値に気を配っておかないと思わぬ損失が発生しますので注意しましょう。

なお、スワップポイントというのは各国の政策金利によって決定するもので、日々同じとは限りません。

メジャー通貨の場合、いきなりスワップポイントが大きく変動するということはありませんが、大口の注文を通すときには都度そのときのスワップポイントを確認することをおすすめします。

次にGEMFOREXで取引可能な銘柄の中で、特にスワップポイントが高い銘柄というのを見ていきましょう。

スワップポイントが高い銘柄一覧

銘柄 買い注文(ロング) 売り注文(ショート)
EUR/ZAR -465.48000 107.51000
USD/MXN -196.74000 33.29000
USD/TRY -145.90000 30.80000
GBP/NZD -27.30000 12.70000

GEMFOREXで通貨ペアFXをする場合、上記4つの銘柄が比較的スワップポイントの高い銘柄となっています。

一番下の「ポンド/ニュージーランドドル」以外はマイナーな通貨が絡んだペアなので、あまり取引をする機会も多くはありませんが、スワップポイントを狙うならおすすめの銘柄と言えるでしょう。

ちなみに少し見慣れない通貨もあると思いますが、それぞれ「ZAR=南アフリカランド」「MXN=メキシコペソ」「TRY=トルコリラ」を表しています。

教授
教授
こちらの3つの通貨は特に高金利の通貨として注目をされ、スワップポイント狙いのトレーダーからは人気があります。

なお、どれも「売り注文」でなければプラススワップポイントを貰えないというのも特徴的な部分です。

これは高金利なマイナー通貨を保有するということを意味しているのですが、高金利な通貨というのは流動性が激しくあまり安定しないといった特徴もあります。

そのため、中期~長期的にポジションを保有するにはリスクも伴いますが、その分スワップポイントで多くの利益が得られるとも言い換えられるわけです。

他社とのスワップポイント比較

次にGEMFOREXと他社との間におけるスワップポイントの差を比較してみました。

GEMFOERX XM AXIORY
USD/JPY 0.213/0.287 -2.05/-3.85 -2.41/-3.82
EUR/JPY -1.50/-1.20 -4.69/-2.09 -3.61/-1.56
GBP/JPY 0.140/-3.78 -3.13/-4.33 -3.64/-5.75
EUR/USD 0.247/0.253 -5.30/-0.90 -4.61/-0.06

※左数値が買い・右数値が売り注文時のスワップポイント

ご覧のように主要通貨ペアを比較したとき、GEMFOREXではプラスのスワップポイントがあるのに対して他社はすべての銘柄でスワップポイントがマイナスとなっています。

このあたりもGEMFOREXの特徴と言えるでしょう。

 

GEMFOREXのスワップポイントの確認方法

ここではGEMFOREXで取り扱われている銘柄のスワップポイント確認方法をご紹介していきます。

スワップポイントというのは毎日同じというわけではありませんので、取引をする際には事前に確認することも大事です。

なお、確認方法は以下の4つです。

スワップポイント確認方法

  • スワップポイントカレンダーから確認
  • GEMFOREXからのメールで確認
  • PC版MT4の画面で確認
  • スマホ版MT4の画面で確認

それぞれについて簡単に説明を加えておきます。

スワップポイント確認方法①スワップポイントカレンダー

GEMFOREXの口座を利用して取引をおこなった場合のスワップポイントというのは、公式ホームページ内にて確認をすることが可能です。

 

こちらにはその日のスワップポイントが記載されていますので、参考にしてみてください。

スワップポイント確認方法②GEMFOREXからのメール

GEMFOREXではポジションを保有しているトレーダーに対して日本時間の朝7時に「Daily Confirmation」というメールが届きます。

こちらのメールには保有するポジションの含み損益やその時点での累計スワップポイントなどが記載されています。

スワップポイント確認方法③PC版MT4画面

パソコンでMT4を使って取引をしている場合は、ターミナル画面からそのときのスワップポイント状況を確認することが可能です。

やり方としてはMT4画面上部にある「表示」をクリックし、そのあとに「ターミナル」➡「取引」と進んで行けば取引状況とスワップポイントの累計などが確認できます。

スワップポイント確認方法④スマホ版MT4画面

スマホ版のMT4の場合は、「トレード」の画面内で対象となる注文を開くとスワップポイントの累計が表示されます。

なお、このとき表示されるスワップポイントは有効証拠金残高などにも反映されるものです。

1日を跨いでポジションを保有する場合は、スワップポイントがどう反映されたかを確かめるようにしましょう。

 

GEMFOREXはスワップポイント両建てで利益が出る銘柄がある

スワップポイントというのは海外FXサイト各社によって異なる数字が設定されています。

教授
教授
GEMFOREXには同一銘柄の両建てをおこなった場合、そのスワップポイント合計額がプラスになるという銘柄もあるところが特徴的です。

(ほかの海外FX会社では、両建てをすると必ずスワップポイント合計値がマイナスになるという仕様のところもある)

そこで、まずはGEMFOREXにおいてスワップポイント両建てをおこなうと合計額がプラスになる銘柄はどれなのか?ということを見ていきたいと思います。

銘柄 買い注文(ロング) 売り注文(ショート)
USD/JPY 0.21300 0.28700
EUR/USD 0.24700 0.25300

スワップポイント両建てをおこない利益を得るためには、ロングとショートのスワップポイント合計額がプラスになることが必須条件です。

そんな中、GEMFOREXではロングとショートのスワップポイントがどちらもプラスという銘柄が存在します。

 

GEMFOREXのスワップポイントの計算方法

GEMFOREXでは「USD/JPY」「EUR/USD」の2つの通貨ペアで両建てによるスワップ利益が得られます。

そこで、ドル円を参考にスワップポイントが実際にいくらになるのか?という計算方法を説明していきます。

スワップポイントの計算方法

<計算式>
100,000 × 最小ポイント数 × スワップポイント × 注文時レート × ロット数

※最小ポイント数=0.00001なので、実際には下記の計算式となる

「スワップポイント × 注文時レート × ロット数」

この計算式を参考に、ドル円=110円のとき1ロット(10万通貨)のロング・ショートスワップポイントを換算する

<ドル円・ロングスワップポイント計算>
0.21300 × 110円 × 1ロット=23.43円

<ドル円・ショートスワップポイント計算>
0.28700 × 110円 × 1ロット=31.57円

<ドル円・スワップポイント合計額>
23.43円 + 31.57円=55円

ご覧のようにGEMFOREXでドル円を両建てキープし続けると、だいたい毎日1ロットあたり55円ほどの利益を生みだすことになります。

1ロット分のドル円を保有するために必要な証拠金額というのは、レバレッジ1000倍だとするとおよそ1万円ほどですので銀行に預けているよりもはるかに割のいい金利が貰えることになるわけです。

これがいわゆるスワップポイントによる資産運用といったものですが、仮にロット数を10倍にしてみると毎月以下のような金額が稼げる計算となります。

スワップポイントでの資産運用

条件:ドル円での両建て、取引量は10ロット

  • 必要となる証拠金はおよそ10万円ほど
  • 毎日550円前後のスワップ利益が出る
  • 月30日計算で考えると「550円×30日=16,500円」の利益が得られる

元手10万円をGEMFOREXに預け、ドル円のスワップポイント両建てをおこなえば毎月16,500円ほど貯まっていくということが分かりました。

もちろん100万円分の投資ならさらに10倍ですから、およそ16万円以上の利益になるわけですね。

しかも両建てというのは、ほかにポジションを保有していなければ証拠金維持率が変動することもないのでロスカットされる心配もありません。

さらにGEMFOREXでロング・ショートのスワップポイントが合計でプラスになる銘柄というのは安定性の高い「ドル円」と「ユーロドル」です。

いきなり政策金利が激しく変動するということもあまり考えられませんので、長期的に見ても稼ぎやすい方法と言えるでしょう。

こうした知識を身につけておくと非常に賢い資産運用が出来るようになります。ぜひ参考にしてみてください。

 

GEMFOREXのスワップポイント両建てで注意する点

ここではGEMFOREXでスワップポイント両建てをする際の注意点を解説していきます。

注意点①決済はお得なタイミングを狙う

スワップポイント両建てを解除し、利益を確定する際には決済のタイミングが重要です。

スワップポイント両建てを決済するタイミング

  • スプレッドが狭いときを狙う
  • スワップポイントが付与されたあと(週末分など)を狙う

両建てをしているということは片方が利益、片方が損失を出していることになるのですが、このときスプレッドが広がっているタイミングで決済をすると多少なりとも「利益が減り・損失が増える」ことになります。

注文をしている量によってはスプレッドのわずかな差でも数千円~数万円といった額の利益差が生まれてしまうので注意をするようにしましょう。

また、短期的~中期的にスワップポイント両建てをおこなっている場合は、スワップポイントの取りこぼしにも気を配る必要があります。

GEMFOREXでスワップポイントが付与されるタイミングというのは日本時間の朝6時です。(冬時間の場合は1時間遅れる)

これよりも前にポジションを決済してしまうと1日分のスワップポイントがムダになってしまうので、決済をするなら朝6時以降がおすすめと言えます。

また、週末の土曜日には「金曜日・土曜日・日曜日」の3日分のスワップポイントが付与されます。

この3日分のスワップポイントが付与され、その後決済が出来るタイミングというのは市場が開く月曜日となりますので、トータルして考えると月曜日の早朝がスワップポイント両建ての決済にふさわしい日とも言えるわけです。

注意点②自動売買ツールでポジションを自動的に解除してしまわないように

スワップポイント両建てをおこなっている口座で自動売買ツールを利用するというのはあまり得策ではありません。

というのも、勝手に自動売買ツールが両建てポジションを解除して決済してしまう可能性もあるからです。

そのためスワップポイント両建てをするなら、両建て専用の口座をひとつ用意しておくことをおすすめします。

口座が異なれば自動売買ツールがほかの注文をしようと、両建てポジションに影響を与えませんので証拠金維持率なども一定のままとなり安心です。

 

GEMFOREXについてさらに詳しく知りたい場合は、次の記事をご覧ください。
→GEMFOREX(ゲムフォレックス)の評判は?【悪い点含めて完全解説】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です