GEMFOREX(ゲムフォレックス)の評判は?【悪い点含めて完全解説】

GEMFOREXのスプレッドを完全解説【狭さはトップレベル?】

GEMFOREXのスプレッドを完全解説【狭さはトップレベル?】
GEMFOREXのスプレッドって狭いのかな?

GEMFOREXは最大レバレッジ1000倍、多彩なボーナス、そして万全の日本語対応サポートが魅力的な海外FX業者です。

ここでは、そんなGEMFOREXが用意する2つの口座タイプ(ノースプレッド口座・オールインワン口座)のスプレッドについてご紹介していきます。

また記事内ではGEMFOREXが設定するスプレッドを他の海外FX業者と比較し、分かりやすく表にもまとめました。

教授
教授
GEMFOREXには2つの口座タイプがあり、それぞれ異なる平均スプレッドが設定されています。
口座タイプの違いを理解し、自分にあった口座タイプを選んでみましょう。

 

GEMFOREX(ゲムフォレックス)のスプレッド

ノースプレッド口座 オールインワン口座
基本通貨 USD/JPY USD/JPY
取引最小ロット 0.01ロット 0.01ロット
取引最大ロット 30ロット 30ロット
最低入金額 30万円(3000ドル相当) 100円(1ドル相当)
最大レバレッジ 1000倍 1000倍
主要通貨のスプレッド 0.0pips 1.5pips
取引手数料 無料 無料
ボーナスの有無
自動売買ツール・ミラートレードの利用 不可

GEMFOREXが用意する口座タイプは上記の通り、ノースプレッド口座とオールインワン口座の2つです。
(※300口座限定のレバレッジ5000倍口座は除外)

それぞれの口座タイプで設定されているスプレッドを確認する前に、まずは2つの口座タイプの主な特徴をご覧ください。

GEMFOREXのノースプレッド口座・オールインワン口座の特徴と違い

  • ノースプレッド口座の方が圧倒的にスプレッドが狭いが、最低入金額が30万円から
  • ノースプレッド口座では自動売買ツールやミラートレードが出来ない

ご覧のようにノースプレッド口座ではスプレッドが極端に狭い代わりに、EAなどの取引制限を設けています。

また、ノースプレッド口座は預けなければいけない金額もオールインワン口座と比較すると非常に高いので、資金が乏しいトレーダーにとってはハードルが高いように感じられます。

なるほど、ノースプレッド口座はボーナスもないし、スプレッドが狭い代わりに制限やハードルが高いんだね。
教授
教授
はい。しかし、それでも極狭スプレッド・取引手数料無料というのはとても魅力的です。

そこで、最初の資金投入というハードルの高さを考慮した上でノースプレッド口座を利用するのに向いている方をまとめました。

GEMFOREXのノースプレッド口座に向いている方

  • 海外FX取引に30万円を使える方
  • 裁量トレードをメインとする方(自動売買ツールを使わない)
  • ボーナスなしでかまわないという方

ご覧のようにGEMFOREXのノースプレッド口座はある程度お金を持っていて、裁量トレードのみでFX取引をおこなっていく人にはおすすめと言えそうです。

GEMFOREXのノースプレッド口座は使う意味なし?【実際の利用価値を検証】 この記事では日本人も多く利用している海外FX業者「GEMFOREX」のノースプレッド口座について、その実際の利用価値を検証してい...

次に、それぞれの口座タイプにおける全通貨ペアの平均スプレッドを見ていきましょう。

ノースプレッド口座のスプレッド

こちらはGEMFOREXが用意するノースプレッド口座での「全通貨ペアの平均スプレッド」です。

通貨ペア 平均スプレッド
USD/JPY 0.3pips
CHF/JPY 1.5pips
AUD/CAD 2.4pips
AUD/JPY 0.6pips
AUD/NZD 1.9pips
AUD/USD 0.3pips
AUD/CHF 1.4pips
CAD/JPY 1.2pips
EUR/AUD 1.5pips
EUR/CAD 2.2pips
EUR/CHF 0.7pips
EUR/GBP 0.3pips
EUR/JPY 0.5pips
EUR/USD 0.3pips
EUR/NZD 3.1pips
EUR/ZAR 68.3pips
GBP/AUD 3.1pips
GBP/CHF 1.6pips
GBP/JPY 1.0pips
GBP/USD 1.3pips
GBP/NZD 2.9pips
GBP/CAD 2.4pips
NZD/JPY 1.2pips
NZD/USD 1.1pips
USD/CAD 0.8pips
USD/CHF 0.3pips
USD/CNH 17.3pips
USD/HKD 13.3pips
USD/SGD 3.2pips
USD/TRY 20.3pips
USD/MXN 53.3pips
USD/ZAR 15.0pips
ZAR/JPY 2.2pips
XAU/USD 2.1pips
XAG/USD 2.0pips
教授
教授
ご覧のようにGEMFOREXのノースプレッド口座における平均スプレッドは、とても狭いです。

ドル円の平均スプレッドは0.3pipsとなっていますが、もっとも狭いときには0.0pipsになることもあります。

オールインワン口座のスプレッド

こちらはGEMFOREXオールインワン口座における全通貨ペアのスプレッドです。

通貨ペア 平均スプレッド
USD/JPY 1.7pips
CHF/JPY 2.1pips
AUD/CAD 2.5pips
AUD/JPY 1.6pips
AUD/NZD 2.3pips
AUD/USD 1.5pips
AUD/CHF 2.4pips
CAD/JPY 2.0pips
EUR/AUD 2.3pips
EUR/CAD 2.2pips
EUR/CHF 2.0pips
EUR/GBP 1.9pips
EUR/JPY 1.8pips
EUR/USD 1.7pips
EUR/NZD 3.2pips
EUR/ZAR 102.8pips
GBP/AUD 3.2pips
GBP/CHF 3.1pips
GBP/JPY 2.2pips
GBP/USD 2.2pips
GBP/NZD 3.0pips
GBP/CAD 3.3pips
NZD/JPY 2.1pips
NZD/USD 1.8pips
USD/CAD 2.0pips
USD/CHF 1.9pips
USD/CNH 17.4pips
USD/HKD 15.0pips
USD/SGD 3.3pips
USD/TRY 22.0pips
USD/MXN 55.0pips
USD/ZAR 16.0pips
ZAR/JPY 2.3pips
XAU/USD 3.0pips
XAG/USD 2.1pips
教授
教授
ノースプレッド口座と比べると、やはりスプレッドの広さが目立ちます。
確かに、全然違うね!

ということで、次にそれぞれの口座タイプにおける主要通貨ぺアのスプレッドを比較してみました。

ノースプレッド・オールインワン口座のスプレッドを比較

ノースプレッド口座 オールインワン口座
USD/JPY 0.3pips 1.7pips
EUR/JPY 0.5pips 1.8pips
GBP/JPY 1.0pips 2.2pips
EUR/USD 0.3pips 1.7pips
EUR/GBP 0.3pips 1.9pips
GBP/USD 1.3pips 2.2pips
USD/CAD 0.8pips 2.0pips
AUD/USD 0.3pips 1.5pips
EUR/CHF 0.7pips 2.0pips

日本人にとって馴染みのある主要通貨ペアを抜粋して、口座タイプごとのスプレッドを比べました。

教授
教授
パッと見ただけでも、だいたい1pips以上の開きがある通貨ペアが多いことが分かります。
ここまで違うと、30万円貯めてノースプレッド口座を使った方が良い気がしてきた・・・
教授
教授
自動売買をしないのであればそれもアリです。初期資金と相談してみましょう。

ちなみに、通常の海外FX業者ではこうしたスプレッドの狭い口座タイプに対して「取引手数料」というのを設けていますが、GEMGOREXではそうした手数料もありません。

つまり、取引手数料はあくまで上の表における平均スプレッドの数値のみということになります。

スプレッドを日本円に換算すると・・・

  • 日本円絡みの通貨ペアであれば1pips=1,000円(1ロットが10万通貨の場合)
  • つまり、オールインワン口座のドル円のスプレッドは1.7pips=1,700円
  • 対してノースプレッド口座のドル円のスプレッドは0.3pips=300円
1ロットの取引で1,400円も違うのか!
教授
教授
スプレッドの狭い口座でも取引手数料が掛からないないという点が、GEMFOREXの大きな特徴です

 

GEMFOREXと他海外FX業者のスプレッドを比較

ここではGEMFOREXと他の海外FX業者のスプレッドを口座タイプごとに比較しています。

ノースプレッド口座と他業者のECN口座のスプレッドを比較

まずGEMFOREXのノースプレッド口座と他社ECN口座のスプレッドと往復の手数料を比較しました。

なお、ECN口座というのは簡単に言えばFX業者内で用意されている口座タイプのうち、スプレッドの狭い口座のことです。

GEMFOREXGEMFOREX XMXM AxioryAXIORY TitanTitanFX HotForexHotforex LAND-FXLAND-FX
USD/JPY 0.3pips
(なし)
0.1pips
(往復10ドル)
0.5pips
(往復6ドル)
0.33pips
(往復7ドル)
0.8pips
(往復6ドル)
0.1pips
(往復7ドル)
EUR/JPY 0.5pips
(なし)
0.4pips
(往復10ドル)
0.5pips
(往復6ドル)
0.74pips
(往復7ドル)
1.4pips
(往復6ドル)
0.2pips
(往復7ドル)
GBP/JPY 1.0pips
(なし)
1.2pips
(往復10ドル)
0.9pips
(往復6ドル)
1.45pips
(往復7ドル)
2.0pips
(往復6ドル)
1.3pips
(往復7ドル)
AUD/JPY 0.6pips
(なし)
1.2pips
(往復10ドル)
0.6pips
(往復6ドル)
1.12pips
(往復7ドル)
1.8pips
(往復6ドル)
0.2pips
(往復7ドル)
CAD/JPY 1.2pips
(なし)
1.4pips
(往復10ドル)
0.5pips
(往復6ドル)
2.1pips
(往復7ドル)
1.7pips
(往復6ドル)
0.7pips
(往復7ドル)

※表は左右にスクロール可能
※()内は往復の手数料、条件は各社1ロット=10万通貨取引時の手数料

ご覧のようにGEMFOREXは他の海外FX業者とは異なり、取引手数料が掛からない点が大きな特徴です。

そのため、取引に掛かるトータルコストが安いというメリットがトレーダー側にはあります。

教授
教授
GEMFOREXのノースプレッド口座では自動売買ツールが使えない・最低預入金額が高い代わりに、取引手数料がなしになっていると考えられます。
つまり裁量トレード(手動トレード)に自信がある人なら非常にお得な口座と言えるわけですね。
GemForexはかなり取引コストが抑えられそうだね!

オールインワン口座と他業者のSTP口座のスプレッドを比較

次にGEMFOREXのオールインワン口座と他社のSTP口座のスプレッドを比較してみます。

STP口座というのは、いわゆる他社においてスタンダード口座などと呼ばれる口座で、取引手数料があらかじめスプレッドに含まれているものと考えます。

GEMFOREXGEMFOREX XMXM AxioryAXIORY TitanTitanFX HotForexHotforex LAND-FXLAND-FX iForexiFOREX
USD/JPY 1.7pips 1.6pips 1.5pips 1.33pips 1.7pips 0.8pips 0.9pips
EUR/JPY 1.8pips 2.1pips 1.5pips 1.74pips 1.7pips 1.3pips 1.2pips
GBP/JPY 2.2pips 3.2pips 2.2pips 2.4pips 3.0pips 1.7pips 2.5pips
AUD/JPY 1.6pips 3.3pips 1.9pips 2.12pips 2.3pips 1.8pips 3.0pips
CAD/JPY 2.0pips 3.4pips 2.0pips 2.1pips 2.3pips 2.3pips 2.0pips

※表は左右にスクロール可能
※取引手数料は各社無料、スプレッドがそのまま手数料と計算される

オールインワン口座と他社のSTP口座のスプレッドを比較すると、「おおよそ平均的なスプレッド」ということが分かります。

教授
教授
広くもなく、それでいて極端に狭いというわけでもないという印象です。
確かに平均的だね。ノースプレッド口座のスプレッドが狭すぎるのかな。

 

GEMFOREXのスプレッドの注意点

最後にGEMFOREXのスプレッドに関する注意点を2点ほどご紹介しておきます。

注意点①早朝のスプレッドは広がりやすい

GEMFOREXのスプレッドは変動制のため、タイミングによってスプレッドが大きく広がることがあります。

特に早朝のスプレッドは広くなりやすいので、日を跨いでポジションを持ちこす際には注意が必要です。

教授
教授
そのほか、大きな経済指標が発表されるときなどもスプレッドが広がりやすく、大口の取引をする際にはリアルタイムのスプレッドをよく確認するようにしましょう。
リアルタイムスプレッドってどうやって確認するの?

MT4の気配値を見ると、買値と売値が表示されているので、「買値-売値=リアルタイムのスプレッド」になります。

リアルタイムのスプレッド
なるほど。

注意点②スプレッドが狭いのはDD業者だからの可能性が高い

GEMFOREXのスプレッドが狭いのはDD方式を取り入れているからと考えられています。

基本的に海外FXサイトというのはディーラー不在のNDD方式を採用しているところが大半です。

NDD方式 DD方式

GEMFOREXでもサイト上では自身の口座タイプに関して「STP方式(=NDD方式の一種)」と明記していますが、スプレッドが極端に狭く(国内業者並み)、取引手数料も取らないというのは「DD方式」の特徴と言えます。

こうした特徴を考慮すると、GEMFOREXの実態はDD方式の業者であると考えられるわけです。

DD方式だとなんかまずいの?
教授
教授
DD方式は、一度FX業者を介して取引しているため、取引の透明性が低いと言われています。不正をしようと思えばできてしまうからです。
え!?それはまずいね!
教授
教授
ただ、GemForexは真っ当に運営しているため、そういった不正が起こる可能性は低いでしょう。
不正の可能性はゼロじゃないけど、まあ安心ってことか。
NDD方式とDD方式の違いをカンタン図解【NDDの海外・国内FX業者一覧】 NDD方式は海外FX業者に多い取引方式ですが、DD方式との違いが今ひとつピンと来なかったり、メリットやデメリットが分からないとい...

 

GEMFOREXの評判やメリット・デメリットについて詳しく知りたい場合は次の記事を参考にしてみてください。
→GEMFOREX(ゲムフォレックス)の評判は?【悪い点含めて完全解説】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です