GEMFOREX

GEMFOREXではスキャルピングが禁止?禁止の取引やスキャルピングの方法を解説

GEMFOREXではスキャルピングが禁止?禁止の取引やスキャルピングの方法を解説

値動きの激しいFX市場ではスキャルピングトレードが主流となっています。しかしFXブローカーによってはスキャルピングが禁止されている場合があります。
利用者の多いGEMFOREXでもスキャルピングが禁止されているのか気になっている方も多いのでは?

今回はGEMFOREXで取引するうえで知っておきたいルールを紹介。
当記事を読むことでGEMFOREXでのスキャルピングの可否や規約違反に該当する取引内容、GEMFOREXでスキャルピングするときのポイントを併せて確認することができます。

GEMFOREXのスキャルピング情報をまとめると

  • GEMFOREXはスキャルピングを容認している
  • 短期間の大量注文は場合によっては制限されるので注意
  • スキャルピングEAもGEMFOREXは利用できる
  • 裁量のスキャルピングトレードはノースプレッド口座がオススメ!
  • ドル円の最小スプレッドは0.00pips!

GEMFOREXではスキャルピングは禁止されていない

GEMFOREXではスキャルピングは禁止されていない

結論から言うとGEMFOREXはスキャルピングトレード可能。
GEMFOREX公式サイトにスキャルピングの可否に関する記述があります。
GEMFOREX公式 規約引用
スキャルピングに関して制限は無いとの回答。
GEMFOREXは問題なくスキャルピングトレードを行うことができます。
ただし回答にもあるように以下の内容に該当する取引は制限される可能性があるので注意。

制限されているスキャルピング行為

短時間での大量注文等によりGEMFOREXのサーバーに影響を及ぼす影響のある取引

実際に取引停止処分を受けた事例
約5分間の間に往復10ロット以上の往復取引

上記の事例だと短時間に100万通貨の取引を連続していることになります。
ロット数が多い場合や自動売買プログラム(EA)などを利用する際には注意が必要ですが、通常の範囲であれば問題なくスキャルピングできます。

GEMFOREXで禁止されている取引

GEMFOREXで禁止されている取引

GEMFOREXの規約で禁止されている取引を行ってしまうと口座凍結処分となる場合があります。
スキャルピングに関するルールだけでなく両建て取引に関する規約をよく確認してください。

GEMFOREXで禁止されている主な取引

  • ボーナスやゼロカットステムの盲点を利用した悪質な取引
  • 2つの業者(または複数業者)に入金して両建て取引する行為または当社複数口座で両建て取引
  • ボラティリティが急騰急落するタイミングを狙った取引
  • 事前連絡なしの大きな取引

①裁定取引(アービトラージ)

裁定取引(アービトラージ)とは複数のFXブローカー間の金利と価格差を比較し割安な銘柄で買いポジション、割高な銘柄で売りポジションを取る取引方法です。
この取引方法のメリットは確実に利ざやを取ることができるという点にありますがGEMFOREXだけでなく多くのブローカーで禁止されています。

誤って裁量で行う可能性はありませんがアービトラージタイプのEAを誤って使わないように注意が必要です。
またボーナスアービトラージも同様にボーナスの悪用行為とみなされます。

②複数口座間での両建て

GEMFOREXは同一口座以外の両建て取引行為は禁止です。

禁止されている両建て取引

  • GEMFOREXと異なるブローカー間の両建て
  • GEMFOREXでの複数の口座間の両建て②
  • 別名義口座での両建て

例えば『A社の口座でドル円を買い、GEMFOREXの口座でドル円を売る』という両建て行為は禁止です。
また同じGEMFOREXであっても『A口座でドル円買い、B口座でドル円を売る』といった両建て行為も禁止されています。
ちなみに『Aさんの口座でドル円を買い、Bさんの口座でドル円を売る』という行為も両建てに該当するので注意。
上記が発覚した場合は口座凍結する可能性があります。

一つの口座で両建て取引するのは問題がありませんが複数の口座を持っている方は特に注意が必要です。

③スキャルピングEAを用いた取引

GEMFOREXはスキャルピングEAを含む自動売買プログラムの利用は禁止されていないのでご安心ください。
ただし取引回数が多いEAは停止処置が執行される可能性がある点に注意。

またGEMFOREXはオールインワン口座のMT4タイプ以外の口座ではEAを利用することはできません。(詳細は『ノースプレッド口座とオールインワン口座の違い』

④相場が急変するタイミングのみを狙った取引

ボラティリティが急変動するタイミングをピンポイントで狙ったトレードは悪質な取引とみなされる可能性があります。
例えば米雇用統計や経済指標発表時などの注文が集中する時間帯を狙ったトレードが該当します。

上記のタイミングだけでなく要人発言などの発表時刻に合わせた取引も処罰対象となる場合があります。
急騰急落のタイミングを狙ってトレードを行っているトレーダーは多いですが、GEMFOREXでは禁止されているので注意が必要です。

⑤事前連絡なしでの大きなロット数の取引

GEMFOREXの規約にもありますが、ハイロットの取引を行う場合にはGEMFOREXサポートセンターに連絡しなければなりません。
具体的には10ロット以上の取引を行う際に事前連絡が必要となります。

サポートセンターへの連絡はGEMFOREX公式サイトから行うことができます。
GEMFOREX サポートセンター

GEMFOREXでスキャルピングをする方法

GEMFOREXでスキャルピングをする方法

GEMFOREXでスキャルピングをするためのポイントを解説します。
EA取引か裁量取引で利用する口座タイプが変わってくるので確認しておきましょう。

①EAを利用する方法

EAを利用するうえで注意したいのがプログラムの内容。
プログラミングされているシステムの内容によっては取引停止処置を受ける可能性があります。
そのためスキャルピングEAを利用するのであればネット上で配布や販売されているものではなくGEMFOREXのものを使うのがオススメ。

GEMFOREXでは無料で数百種類のEAが利用できます。
GEMFOREX 無料EA 一覧同社が提供しているスキャルピング型EAであれば停止処置が行われる可能性もありません。

『高い金額で購入したEAが使えない!』といったトラブルを避けるためにもシステム内容をよく確認しましょう。
不安な場合はGEMFOREX提供のEAを使うと問題ありません。

②ノースプレッド口座を利用する方法

スキャルピングメインで取引するのであればGEMFOREXのノースプレッド口座を利用しましょう。
スキャルピングで効率的に稼ぐのであればスプレッド差が非常に重要になります。
GEMFOREXが提供している口座タイプで最もスプレッドが小さいノースプレッド口座がオススメです。

ただしノースプレッド口座はEAが利用できない仕様。
どちらの口座タイプがスキャルピングに適しているかは次ページで比較することができます。

GEMFOREXでのスキャルピングはノースプレッド口座がオススメ

GEMFOREXでのスキャルピングはノースプレッド口座がオススメ

このページではGEMFOREXのノースプレッド口座とオールインワン口座を比較。
2種類の口座タイプの特徴を比べることでノースプレッド口座がスキャルピングに適している理由がわかります。

ノースプレッド口座とオールインワン口座の違い

スペックオールインワン口座(MT4)ノースプレッド口座
最低スプレッド1.1pips~0.0pips~
最低入金額5,000円30万円
ボーナス利用×
取引可能ロット数0.01ロット~30ロット0.01ロット~30ロット
最大レバレッジ1,000倍1,000倍
手数料無料無料
その他ミラートレード不可EA・ミラートレード不可

※オールインワンタイプのMT5口座はEA使用不可なので注意

オールインワン口座のメリットはボーナスでの取引ができることに加えてEAの利用が可能という点。
ただしスプレッド面においてはノースプレッド口座が圧倒的に有利。

初回入金が30万円と高めな点がネックとなりますが本格的にスキャルピングトレードで稼ぎたいのであればノースプレッド口座を選びましょう。
ノースプレッド口座は最大レバレッジが1,000倍でありながら最小スプレッドが0.0pipsからと国内ブローカーレベルのスプレッドでの取引が可能です。

両口座の最小スプレッド比較

銘柄オールインワン口座ノースプレッド口座
USDJPY1.4pips0.0pips
GBPUSD2.2pips1.3pips
EURUSD1.5pips0.3pips
AUDUSD2.2pips0.3pips
GBPJPY1.7pips1.0pips
EURJPY1.7pips0.5pips
AUDJPY2.8pips0.6pips
XAUUSD3.4pips2.1pips

最もスプレッドが狭いのがUSDJPYなのは日本人にとって嬉しいポイント。
ポンド関連はややスプレッドが広いですが、他の通貨ペアはクロス円であってもかなりスプレッドが小さめ。
他のブローカーであればECN口座は基本的にレバレッジが制限されていますがノースプレッド口座は制限なし。
そのためGEMFOREXはスキャルピングトレードに向いている海外FXブローカーといえます。

GEMFOREXでのスキャルピングにおすすめな通貨ペア

GEMFOREXでのスキャルピングにおすすめな通貨ペア
スキャルピングの通貨ペアを選ぶポイント

  • スプレッドの広さ
  • 値動きが活発かどうか

スキャルピングに向いているのはスプレッドが狭くボラティリティが高い通貨ペア。
以下の通貨ペアがオススメです。

銘柄オールインワン口座ノースプレッド口座
USDJPY1.4pips0.0pips
EURUSD1.5pips0.3pips
AUDUSD2.2pips0.3pips
EURJPY1.7pips0.5pips
AUDJPY2.8pips0.6pips

上記の銘柄であれば1.0pips以下で取引できるうえに人気通貨ペアのためボラティリティも十分です。
対応EAも多いUSDJPYは平均スプレッドでも0.3pipsと低い数値なのでオススメ。
現在は値動きも活発なので特に狙い目の通貨ペアです。

GEMFOREXでスキャルピングすると口座凍結されるのか

GEMFOREXでスキャルピングすると口座凍結されるのか

GEMFOREXではスキャルピングトレードに対して口座凍結処置を行うことはありません。
ちなみに『GEMFOREXではスキャルピングは禁止されていない』に記載したケースでは取引停止処分とそれまでの注文が解消される処置が行われています。
上記の事例であっても口座は凍結されていません。

口座凍結されるパターン

  1. 1年間口座を放置した場合
  2. 規約違反をした場合

①1年間口座を放置した場合

GEMFOREXの口座を1年間放置(取引なし)すると口座が凍結されます。
この場合は付与されているボーナスも全て失効されるので注意。

なお口座凍結を解消したい場合はGEMFOREX公式サイトの「お問い合わせ」からサポートセンターに連絡する必要があります。
GEMFOREX サポートセンター

②規約違反をした場合

規約違反によって口座凍結された場合は解除することができません。
口座を新規で開設することもできないため実質的にGEMFOREXの利用は不可能となります。
『GEMFOREXで禁止されている取引』で記載している取引を行うと規約違反とみなされる場合があるので注意が必要です。

【GEMFOREXではスキャルピングが禁止?禁止の取引やスキャルピングの方法を解説】まとめ

【GEMFOREXではスキャルピングが禁止?禁止の取引やスキャルピングの方法を解説】まとめ

GEMFOREXはスキャルピングトレードができる海外FXブローカーです。
ただし短期間の大量注文は場合によっては取引の停止処分が行われる可能性はあるので注意。

裁量でのスキャルピングであればスプレッドが最も狭いノースプレッド口座がオススメ。
ただしEAの使用ができない為、EAの利用を考えるのであればオールインワン口座を使用しましょう。

スキャルピングタイプのEAの利用は禁止されていませんが、取引回数の多いEAはカバー先から取引停止処分がされる可能性があります。
もし不安であればGEMFOREXが提供しているスキャルピングタイプのEAを利用しましょう。
GEMFOREXでは数百種類のEAが無料で使用できます。

GEMFOREXでのスキャルピングは裁量であればノースプレッド口座、EAを利用する場合はノースプレッド口座のMT4タイプを利用することをオススメします。

海外FX関連記事