海外FXの基礎知識

 海外FXのスキャルピングに適したおすすめ業者ランキング6選【手法も解説】

スキャルピングにおすすめの海外FXってあるの?選び方を教えてほしい!

少ない資金でもハイレバレッジで大きな利益をねらえる海外FXは、スキャルピングトレーダーにとっては非常に魅力的です。

ただし、海外FXの中にはスキャルピングを禁止している業者も存在するなど、その選び方には注意が必要です。

この記事では、スキャルピングにおすすめの海外FX業者をご紹介するとともに、スキャルピングに適した条件やスキャルピングに関するQ&Aなどを詳しくご説明していきます。

海外FXでスキャルピングに適した条件とは?

海外FXでスキャルピングに適した条件を以下の4つとしました。

  • スキャルピングがOK(認められている)
  • 約定力が高い(スリッページが起きない)
  • ハイレバ取引ができる
  • スプレッドが狭く、手数料が安い

ここからは、上記の4つの条件について詳しくご説明していきます。

条件①スキャルピングがOK(認められている)

海外FX業者の中には、スキャルピングを認めていない(禁止している)業者も存在します。

もし、スキャルピング禁止の海外FXでスキャルピングをした場合、警告を受けたり、トレードで得られた利益が出金できなくなったりすることがあるので注意しましょう。最悪の場合は口座を凍結されてしまう可能性もあります。

ここで、なぜ禁止する海外FXがあるのか?という理由について簡単に説明します。

DD方式とNDD方式がある

FX業者においては、DD方式NDD方式の2つの取引方式があります。

DD方式とは、トレーダーとインターバンクとの間にFX業者が介入します。一般的にDD方式の業者は、サーバー負荷の大きいスキャルピングトレードを禁止していることが多いのです。

一方、NDD方式では、トレーダーの出した注文がそのままインターバンクに発注されます。そのため、NDD方式をとる業者は取引の透明性が高いと言われています。

NDD業者は取引手数料のみで利益を得ているため、頻繁に取引を繰り返すスキャルピングトレーダーは、むしろ歓迎したいお客であると言えます。

一般的にNDD方式の業者はスキャルOKとしていることが多いです。

スキャルピングを認めている業者とは?

これらの理由から、スキャルピングはNDD方式のFX業者で行いましょう。こうしたFX業者では、公式サイトで「スキャルピングOK」の旨が明記されています。

この記事の後半では、スキャルピングを認めている海外FXの中でもおすすめの6社についてご紹介していますので参考にして下さい。

条件②約定力が高い(スリッページが起きない)

約定力が高いFX会社とは、約定(つまり売買)が瞬時に成立し、しかもトレーダーが意図した価格で成立させられる業者ということになります。

トレーダーが注文した価格できちんと成立する、というのは実は当たり前のことではなく、場合によっては約定に時間がかかったり、価格が滑ったり(スリッページ)、時には約定拒否(リクオート)が起こることさえあります。

スキャルピングトレードにおいて、約定力が低いというのは致命的と言えるでしょう。これらの原因は、主にFX業者のインフラの性能や、取引参加者の数(流動性)によるものです。

したがって、約定力の高い業者、つまり高性能のサーバーを持ち、複数のカバー先(金融機関)を持っている海外FXを選ぶことが重要となってきます。

条件③ハイレバ取引ができる

海外FXの大きな魅力の一つがハイレバレッジ取引です。つまり、スキャルピングトレードであれば、少ない資金でも大きなロットで取引を繰り返すことで、大きな利益をねらうことができます。

国内FX業者であれば最大25倍の規制がありますが、この記事の後段でご紹介する海外FX業者は最大400~500倍という大きなレバレッジを提供しています。

また、海外FXであれば、ロスカット水準も20%程度と低く、国内FXの多くが100%であることに比べると、ロスカットのリスクを回避しやすいと言えます。

加えて海外FXには追証というシステムもありませんので、より安全にトレードができます。

ただし、当然ながら高いレバレッジで取引をすると、失敗した場合には損失も大きくなります。

ハイレバレッジ取引であれば資金効率の良いトレードができることは間違いありませんが、トレーダー自身が徹底したリスク管理をすることが必要です。

条件④スプレッドが狭く、手数料が安い

FX取引におけるコストは、「スプレッド」「取引手数料」です。

ハイレバレッジで小さな差益をねらっていくスキャルピング取引においては、スプレッドの大きさはトレード成績に大きな影響を及ぼします。

スプレッドは業者間によって異なるので、スキャルピング取引の場合には特に、業者選びは重要です。

また、スキャルピングを認めているNDD方式のFX業者では、取引手数料がかかります。一回一回の取引ごとにかかるものですので、やはり影響は大きいです。

スプレッドばかりに目が行きがちですが、トータルコストを考えて、スプレッドが狭く、取引手数料の安い海外FX業者を選びましょう。

海外FXでスキャルピングにおすすめの業者6選

ここまで、スキャルピングに適した4つの条件についてご説明してきました。

ここからは、これらの4つの条件を満たしたスキャルピングにおすすめの6つの海外FX業者について、詳しくご紹介していきます。

また、多くの海外FXでは、一つの業者で複数の口座タイプを提供していますが、その中でもスキャルピングに最も適したECN方式を採る口座に焦点を当ててご説明します。

XM

XMのスキャルピング可否、その他のスペックについては以下のとおりです。

項目 内容
スキャルピング可否
取引方式 NDD方式
約定力 リクオートなし
99.35%の注文が1秒以下
取引プラットフォーム MT4/MT5

XMの取引コスト

XMの「ゼロ口座」(ECN口座)の取引コストについてまとめました。

項目 取引コスト
スプレッド(USDJPY平均) 0.1pips
手数料(1米ドル=110円の場合) 往復1.1pips
トータルコスト 往復1.2pips

XMでスキャルピングするメリット・デメリット

XMでスキャルピングするメリット・デメリットをまとめました。

XMでスキャルピングするメリット
  • 約定力が高い
  • 日本語対応レベルが高い
  • 最低入金額が低い
  • 口座開設ボーナスがある
XMでスキャルピングするデメリット
  • 手数料がやや高い

XMは、日本在住トレーダーの間でも最も人気のある海外FX業者の一つです。公式サイトは分かりやすい日本語で記載されており、カスタマーサポートもチャットやメールなど日本語での対応が充実しています。

手数料については、他の海外FX5社と比較するとやや高いと言えるものの、ゼロ口座の非常に狭いスプレッドによりトータルコストが抑えられています。

口座開設ボーナスがもらえることや、最低入金額が100ドルと低い設定になっていることなど、これからXMを使ってみたいという人にも試しやすい海外FX業者と言えます。

 

AXIORY

AXIORYのスキャルピング可否、その他のスペックについては以下のとおりです。

項目 内容
スキャルピング可否
取引方式 NDD方式
約定力 非常に高い
取引プラットフォーム MT4/cTrader

 AXIORYの取引コスト

AXIORYのナノスプレッド口座(ECN口座)の取引コストについてまとめました。

項目 取引コスト
スプレッド(USDJPY平均) 0.1pips
手数料(1米ドル=110円の場合) 往復0.66pips
トータルコスト 往復0.76pips

 AXIORYでスキャルピングするメリット・デメリット

AXIORYでスキャルピングするメリット・デメリットについてまとめました。

AXIORYでスキャルピングするメリット
  • 約定力が高い
  • 日本語対応レベルが高い
  • 手数料が安い
  • cTraderが使える
AXIORYでスキャルピングするデメリット
  • ボーナスがない
  • レバレッジがやや低い

AXIORYは、cTraderに対応している数少ない海外FX業者のうちの一つです。また、取引手数料が安く、トータルでの取引コストが低く抑えられています。

ボーナスはもらえないものの、低コストで取引を継続していきたいという人や、取引回数の多いスキャルピングを主な目的としている人に向いている海外FX業者と言えます。

TITANFX

TITANFXのスキャルピング可否、その他のスペックについては以下のとおりです。

項目 内容
スキャルピング可否
取引方式 NDD方式
約定力 リクオートなし
高速
取引プラットフォーム MT4

TITANFXの取引コスト

TITANFXのブレード口座(ECN口座)の取引コストについてまとめました。

項目 取引コスト
スプレッド(USDJPY平均) 0.33pips
手数料(1米ドル=110円の場合) 往復0.77pips
トータルコスト 往復1.10ips

 TITANFXでスキャルピングするメリット・デメリット

TITANFXでスキャルピングするメリット・デメリットについてまとめました。

TITANFXでスキャルピングするメリット
  • 約定力が高い
  • 手数料が安い
TITANFXでスキャルピングするデメリット
  • ボーナスがない
  • スプレッドがやや広い

TITANFXは、他の海外FX5社と比べるとスプレッドがやや広いのが気になりますが、手数料が安いためトータルコストは十分に抑えられており、スキャルピングに適した海外FX業者であると言えます。

TRADEVIEW

TRADEVIEWのスキャルピング可否、その他のスペックについては以下のとおりです。

項目 内容
スキャルピング可否
取引方式 NDD方式
約定力 高速
取引プラットフォーム MT4/MT5/cTrader

 TRADEVIEWの取引コスト

TRADEVIEWのcTrader口座(ECN口座)の取引コストについてまとめました。

項目 取引コスト
スプレッド(USDJPY平均) 0.1pips
手数料(1米ドル=110円の場合) 往復0.55pips
トータルコスト 往復0.65pips

 TRADEVIEWでスキャルピングするメリット・デメリット

TRADEVIEWでスキャルピングするメリット・デメリットについてまとめました。

TRADEVIEWでスキャルピングするメリット
  • 約定力が高い
  • 手数料が安い
  • cTraderが使える
TRADEVIEWでスキャルピングするデメリット
  • ボーナスがない
  • レバレッジがやや低い
  • 最低入金額が高い

TRADEVIEWは近年、日本マーケットに力を入れ始め、公式サイトやカスタマーサポートも日本語対応が進みつつある海外FXです。

また、cTraderが使えるのがメリットです。TRADEVIEW のcTrader口座は、他の海外FX5社と比べるとレバレッジが400倍とやや低いのですが、スプレッドの低さと手数料の安さは海外FXの中でも最安水準であり、大きな強みとなっています。

なお、最低入金額が1,000ドルと高く設定されており、ロスカット水準は100%です。そのため、TRADEVIEWは、余裕のある資金とレバレッジでスキャルピング取引をしたいという人におすすめの海外FX業者と言えます。

TICKMILL

TICKMILLのスキャルピング可否、その他のスペックについては以下のとおりです。

項目 内容
スキャルピング可否
取引方式 NDD方式
約定力 高速
取引プラットフォーム MT4

TICKMILLの取引コスト

TICKMILLのプロ口座(ECN口座)の取引コストについてまとめました。

項目 取引コスト
スプレッド(USDJPY平均) 0.1pips
手数料(1米ドル=110円の場合) 往復0.44pips
トータルコスト 往復0.54pips

TICKMILLでスキャルピングするメリット・デメリット

TICKMILLでスキャルピングするメリット・デメリットについてまとめました。

TICKMILLでスキャルピングするメリット
  • 約定力が高い
  • 手数料が安い(6業者で最安)
  • 口座開設ボーナスがある
  • 最低入金額が低い
TICKMILLでスキャルピングするデメリット
  • 基本通貨に日本円が入っていない

TICKMILLは、取引手数料が往復0.44pips(USDJPY、1米ドル=110円の場合)であり、海外FX6社の中では最安となっています。

また、最低入金額が100ドルと低く設定されており、初めて使う人にもハードルの低いシステムを採っている海外FXです。

また、Tickmillは2015年から日本在住トレーダーに向けてもサービスを開始していますが、現時点では基本通貨に日本円が入っていません。

HOTFOREX

HOTFOREXのスキャルピング可否、その他のスペックについては以下のとおりです。

項目 内容
スキャルピング可否
取引方式 NDD方式
約定力 スピード速い
取引プラットフォーム MT4/MT5

 HOTFOREXの取引コスト

HOTFOREXのゼロスプレッド口座(ECN口座)の取引コストについてまとめました。

項目 取引コスト
スプレッド(USDJPY平均) 0.1pips
手数料(1米ドル=110円の場合) 往復0.66pips
トータルコスト 往復0.76pips

 HOTFOREXでスキャルピングするメリット・デメリット

HOTFOREXでスキャルピングするメリット・デメリットについてまとめました。

HOTFOREXでスキャルピングするメリット
  • 約定力が高い
  • 手数料が安い
  • 入金ボーナスがある
HOTFOREXでスキャルピングするデメリット
  • ボーナスが取引に使えない
  • 基本通貨に日本円が入っていない

HOTFOREXは、高い約定力と低い取引コストが強みであり、スキャルピングに適した海外FX業者です。

日本語にも完全対応しており、電話やメール、チャットなどのカスタマーサポートも日本語での対応が可能です。

なお、HOTFOREXは、入金100%ボーナスを実施するなど手厚いボーナスキャンペーンが実施されている一方で、ボーナスが取引に使えないなど独特のルールがある海外FX業者です。

また、現時点では基本通貨に日本円は入っていません。

海外FXのスキャルピングにおすすめの手法とは?

海外FXのスキャルピングにおすすめの手法についてまとめました。

ボリンジャーバンドを利用したスキャルピング手法

ボリンジャーバンドは、価格が変動する範囲を予測してチャート上に表示する指標です。また、移動平均線がベースにもなっています。

様々な使い方がありますが、例えば、王道の順張りのスキャルピング手法があります。

ボリンジャーバンドは、レンジ相場においてはバンド幅が狭まり、トレンドが発生した相場ではバンドが開いていきますが、このバンドが開いていくときに「バンドウォーク」と呼ばれる動きが起こります。

上昇の相場では+2σに沿って上昇し、下降の相場では-2σに沿って下降する動きです。

この動きに乗ってエントリーするのが典型的な手法です。スキャルピングなのであまり欲張らずに早めに利確または損切りするのが良いです。

移動平均線を利用したスキャルピング手法

移動平均線とは、一定期間の価格平均を線でつないだものですので、トレンドの方向性やその強さを判断することができます。したがって、移動平均線は順張りのトレードに適しています。

2本の移動平均線からなる「ゴールデンクロス」や「デッドクロス」、3本の移動平均線が順番に同じ方向に並ぶ「パーフェクトオーダー」などでトレンドの方向を判断します。

トレンドをつかんだら、その方向に沿って押し目買いや戻り売りを繰り返し、小さい利益を積み重ねていくのがスキャルピング手法の基本となります。

RSIを利用したスキャルピング手法

RSIは、相場が今「買われすぎ」にあるのか「売られすぎ」にあるのかを数値化して教えてくれる指標です。

一般的に、上部70%以上にある時は「買われすぎ」を示すので売りのサイン、下部30%以下にある時は「売られすぎ」を示すので買いのサインと判断されます。

たったこれだけの、シンプルかつ分かりやすい指標として広く使われています。

ただし、RSIがその強みを発揮するのは、一定の値幅で行ったり来たりを繰り返すレンジ相場においてです。

相場に大きな方向性が出ている時(トレンド相場)には、RSIの数値は上部または下部にへばりついてしまいます。RSIはシンプルな逆張りの手法ですので、このような場面では「ダマシ」となりやすいのです。

RSIは、前述の移動平均線などのトレンド系の指標と組み合わせて使用すると良いでしょう。

海外FXのスキャルピングに関するQ&A

海外FXのスキャルピングに関するQ&Aについてまとめました。

スキャルピング禁止の海外FX業者はどこ?

スキャルピングを避けるべき海外FX業者は、iFOREX、LANDFXです。

iFOREXでは、取引規約においてスキャルピングの禁止を明記しています。

LANDFXでは、スキャルピングの可否については明記していないものの、サーバーに高い負荷をかける取引について禁止しており、また、経済指標発表時のスキャルピングを含む取引を禁止しています。

海外FXでこれらの禁止されている取引を行った場合は、損益の取消し、出金拒否、最悪の場合は口座を凍結されてしまうのは当然の流れです。

スキャルピングをメインとして海外FXをするのであれば、iFOREXを使わないのはもちろんのこと、LANDFXについても避けておくのが無難と言えるでしょう。

スキャルピングにはどの通貨ペアがおすすめ?

スキャルピングに向いている通貨ペアの条件として次の2つをあげることができます。

  • スプレッドが狭い
  • 通貨取引量が多い

スキャルピング取引では、1回の取引で狙う値幅が小さいので、当然ながらスプレッドはできるだけ狭い方が長期的に見ても有利です。

また、通貨の取引量が多いということは、取引が成立しやすい(約定しやすい)のでスリッページも少なくなります。

市場参加者も多いので、変則的でチョッピーな値動きも少なく、常識的な動きをするためスキャルしやすいと言えます。

こうした条件に当てはまる通貨ペアは、米ドル円やユーロ円などです。

海外FX初心者またはスキャルピング初心者のうちは特に、このようなスキャルピング向きの通貨ペアを選ぶことが重要となってきます。

海外FXのスキャルピングにおすすめの取引プラットフォームは?

前述したNDD方式に含まれるECN方式という取引方式があります。このECN方式では、トレーダーの注文がそのままインターバンクに直結し、全自動でマッチングされていくため、約定力が高く、かつ公正な取引が行われます。

したがって海外FXにおいて、ECN方式はスキャルピングに非常に適した取引方式です。

そして、cTraderはこのECN方式に適するよう開発されており、スキャルピング特化型の取引プラットフォームであるとも言えるのです。

cTraderの強みは次のとおりです。

  • 約定力が高い
  • 板情報が閲覧できる
  • ワンクリック決済などの機能がある

約定力が高いことについては前述したとおりですし、板情報の開示やワンクリック機能などはMT4/MT5には無く、cTraderの大きなメリットとなっています。

ただし、cTraderが使える海外FX業者はAxioryやTRADEVIEWなどに限られています。また、慣れ親しんだMT4を使い続けたいという人も実際には多くいることでしょう。

MT4は日本在住のトレーダーの間では最もメジャーな取引プラットフォームであり、その使用方法についてもネット上に情報が豊富にあるというのがメリットの一つです。

スキャルピングの取引プラットフォームとしてMT4でも全く問題はありませんが、cTraderが使える海外FX業者を利用するのであれば、cTraderは非常におすすめの取引プラットフォームであると言えます。

海外FX業者選びに迷ったら

当サイト「海外FX大学」が総力を挙げて全34社を徹底比較し、基準を明確に数値化してランキングにしました。
総合面でもっとも優秀な海外FX業者はどこなのかが分かりますので、海外FX選びの参考にしてみてください。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です