海外FXの基礎知識

海外FXで評判が良い業者を厳選紹介【評判悪い業者はココ】

海外FXで評判が良い業者を厳選紹介【評判悪い業者はココ】
海外FXを始めたいんだけど、どこの業者が評判良いの?

これから海外FXに挑戦したいという方にとっては、実際に「評判の良いサイト」はどこなのか?というのが気になるポイントだと思います。

そこで、この記事ではレバレッジやボーナスなど色々な観点から初心者にもおすすめが出来る評判の良い海外FX業者を6つご紹介していきます。

また、合わせて海外FX業者の中で評判があまり良くないところについても触れていますので、海外FX業者選びの参考にしてみてください。

教授
教授
海外FX業者を選ぶときにはいくつか重要なポイントがあります。
ここではおすすめ海外FX業者の特徴などと合わせて「なぜおすすめなのか?」をしっかりと紹介していきます。

海外FXで評判の良い業者はどこ?優良サイトをご紹介

初心者にもおすすめが出来る評判の良い海外FX業者を紹介していきます。

海外FXの評判を左右する要素

まずは、海外FX業者の評判を左右する要素をみていきましょう。海外FX業者の評判は、次のような要素によって左右されます。

評判を左右する要素 内容
最大レバレッジ レバレッジというのは、自分の資金に対して何倍までの取引額がトレード可能になるのかというものを示した数値。
最大レバレッジが大きいほど、多額の取引が可能となる。
ゼロカット 取引によって生じたマイナス残高をゼロにしてくれるシステムのこと。
このシステムがあることによって追証が発生しないというメリットがあり、海外FXサイトを選ぶ場合はこのゼロカットがあるところを選ぶのがおすすめ。
スプレッド 買値と売値の差額のことで、一般的には手数料のようなイメージで取り扱われるもの。
スプレッドは狭いほどトレーダー側にとって有利。
口座タイプ 取引をするだけでキャッシュバックが貰える口座やスプレッドが極端に狭い口座など、いろいろな口座タイプを用意している海外FXサイトもある。
ボーナス 口座開設ボーナスや入金ボーナスなど、取引に使えるボーナスクレジットをどれだけ貰えるのかというのも重要なポイント。
日本語対応力 サイト設計からサポートデスクまで、日本語対応がされているのかどうかをチェック。
いざというときに日本語サポートがないと困ることもある。
入出金方法の種類 自分が利用可能な入金方法があるか?肝心の出金方法はどうなっているのか?というのは最初にチェックすべきポイント。
出金スピード 出金を申請してからどれくらいの時間・日数で自分の国内銀行口座や電子ウォレットに反映されるのかという点。
ライセンスの有無 国際的な金融ライセンスを保有しているかどうかをチェック。
ライセンスの有無・種類によってサイトの信用度が大きく左右される。
たくさんあるね・・・。

これらの項目の数値が良い(評価が高い)海外FX業者は評判が良くなる傾向があります。

教授
教授
評判を見ると同時に、これらの項目の評価が高いかを見るのが重要です。

とはいえ全部精査するのは大変だと思うので、当サイトが厳選したこれらの要素を踏まえて、初心者にもおすすめが出来る評判の良い海外FX業者を6つ紹介します。

評判の良い海外FX業者①「XM」

レバレッジ 888倍
ゼロカット あり
スプレッド ドル円・平均1.6pips~(ECN口座0.1pips~)
口座タイプ スタンダード口座・マイクロ口座・ZERO口座
ボーナス 口座開設ボーナス3,000円、入金ボーナス最大50万円、XMP(オリジナルキャッシュバックポイントプログラム)
日本語対応力 日本語サポートセンターあり
入出金方法の種類 国内銀行(海外銀行送金)・クレジットカード・ビットウォレット・スティックペイ・BXONE
出金スピード 即時~1ヶ月ほど(クレジットカード出金の場合)
ライセンス セーシェル諸島金融ライセンス

XMは日本人トレーダーも多く利用している海外FX業者で、評判も良くおすすめするサイトの中でも一番初心者向きと言えます。というのもXMは日本語サポートが万全で口座開設方法も非常に簡単、さらにレバレッジやボーナスなどの要素も平均以上のサービス力を誇っているからです。

XMというとネット上ではスプレッドの幅が広い海外FXサイトといった評価もされていますが、実はXMPというオリジナルキャッシュバックポイントプログラムがあるので、実際のスプレッドコストはそこまで大きくなりません。

むしろ他社と比較しても実質スプレッドは平均以下という結果もありますので、取引コストで損をすることもない業者です。

もちろんライセンスの信用度も高く出金スピードも早いという点がおすすめのポイントであり、日本人からすると利用がしやすい国内銀行入金にも対応しています。

教授
教授
とてもバランスに優れた海外FX業者ですので、これまでFXをやったことがないという人にも安心して口座開設を勧められます。

 

評判の良い海外FX業者②「TitanFX」

評判の良い海外FX業者②「TitanFX」
レバレッジ 500倍
ゼロカット あり
スプレッド ドル円・平均1.3pips~(ECN口座0.33pips~)
口座タイプ スタンダード口座・ブレード口座
ボーナス なし
日本語対応力 日本語サポートセンターあり
入出金方法の種類 クレジットカード・ビットウォレット・スティックペイ
出金スピード 即時~1ヶ月ほど(クレジットカード出金の場合)
ライセンス バヌアツ金融サービス委員会

TitanFXのECN口座は業界最低水準を誇り、実際にスプレッド0pipsで取引できるときもあるというのが魅力的なポイントです。

また、信頼性の高いナショナルオーストラリア銀行による信託保全も受けられますので、自分が預ける資産の安全性というのが完璧に担保されています。

レバレッジ500倍という点も初心者にとっては利用がしやすく、ボーナスはないもののシンプルな取引環境とバランスの良いサービス力で評判の良い業者です。

さらに注文が通るまでの約定力・スピードに優れているところもおすすめポイントのひとつで、スキャルピング取引をメインにおこなう方からはとても支持されています。

教授
教授
そのため短期的に利益を求めたいという方にとっても使い勝手のいい海外FX業者と言えるでしょう。

 

評判の良い海外FX業者③「GEMFOREX」

評判の良い海外FX業者③「GEMFOREX」
レバレッジ 1000倍
ゼロカット あり
スプレッド ドル円・平均1.7pips~(ECN口座0.3pips~)
口座タイプ オールインワン口座・ゼロスプレッド口座・レバレッジ5000倍口座(口座数限定)
ボーナス 口座開設ボーナス1万円、100%入金ボーナス定期開催
日本語対応力 日本語サポートセンターあり
入出金方法の種類 国内銀行(海外銀行送金)・クレジットカード・ビットウォレット・スティックペイ・ビットコイン・イーサリアム・PerfectMoney
出金スピード 即時~1ヶ月ほど(クレジットカード出金の場合)
ライセンス ニュージーランド金融ライセンス

GEMFOREXには日本人が作った海外FX業者というキャッチコピーがあり、実際に日本人向けの言語サービスやサポートが万全である点がおすすめする理由でもあります。また最大レバレッジが1000倍と平均よりも大きく、少額でも大きな取引が可能なところが非常に魅力的です。

さらにGEMFOREXと言えば150種類以上の自動売買ツールが無料で使えるところも特筆すべき点で、システムトレードをメインにおこなう方からは圧倒的に評判が良いです。

ちなみに以前まではライセンスを保有していないところが唯一懸念される点でしたが、現在ではニュージーランドの金融ライセンスを保有しているので不安要素もなくなりました。

GEMFOREXでは口座開設をするだけで1万円のボーナスを貰うことが可能で、しかもタイミングによっては100%入金ボーナスも受け取ることが出来ます。

教授
教授
「とりあえず1~2万円くらいから海外FXに挑戦してみようかな」という方にもおすすめできる海外FX業者で、初心者がFX入門編として利用するにも最適な業者と言えるでしょう。

 

評判の良い海外FX業者④「AXIORY」

評判の良い海外FX業者④「AXIORY」
レバレッジ 400倍
ゼロカット あり
スプレッド ドル円・平均1.5pips~(ECN口座0.5pips~)
口座タイプ スタンダード口座・ナノスプレッド口座
ボーナス なし
日本語対応力 日本語サポートあり
入出金方法の種類 国内銀行(海外銀行送金)・クレジットカード・ビットペイ・ビットウォレット・スティックペイ
出金スピード 即時~20営業日(クレジットカード出金の場合)
ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会

AXIORYは今回おすすめする海外FX業者の中でもっとも最大レバレッジが低い業者ですが、その分スプレッドが狭くスキャルピングに適した取引環境を整えているところが魅力的な部分となっています。

また、選べる口座タイプが2つというのもシンプルで初級レベルのトレーダーからは非常に評判も良いです。つまり「海外FXビギナーでも口座開設がしやすく、取引の仕方も分かりやすい」というのがAXIORYを選ぶメリットとなります。

さらにAXIORYならではの特徴としては一般的な取引プラットフォームであるMT4・MT5以外にも「cTrader」に対応している点が挙げられます。

cTraderというのは売買の板情報も見れる取引プラットフォームなのですが、約定スピードが早いというのもメリットのひとつです。

そのため、AXIORYのスプレッドの狭さと合わせれば、よりスキャルピングが効率的におこなえるようになります。

教授
教授
こうした理由から、これまで国内FXをメインに使っていて短期取引で稼いできたという人にもおすすめの業者です。

 

評判の良い海外FX業者⑤「HotForex」

評判の良い海外FX業者⑤「HotForex」
レバレッジ 1000倍
ゼロカット あり
スプレッド ドル円・平均1.7pips~(ECN口座0.8pips~)
口座タイプ マイクロ口座・プレミアム口座・ZERO口座・AUTO口座
ボーナス 100%入金ボーナス最大300万円~(口座・取引条件により上限が異なる)、オリジナルポイントプログラム
日本語対応力 日本語ライブチャットあり
入出金方法の種類 クレジットカード・各種仮想通貨・ビットウォレット
出金スピード 即時~1ヶ月ほど(クレジットカード出金の場合)
ライセンス セーシェル諸島金融庁ライセンス

HotForexは国内外問わず評判の良い海外FX業者で、これまでにFXブローカーとして数々の賞を受賞しています。そのため、サイト自体の信頼性というのは非常に高く安心して口座開設をおこなうことが可能です。

ちなみに海外での評判を数値化したもので言えば、今回おすすめしている6つの海外FX業者の中でもっとも高い評価を受けている業者となります。(FPAという海外FX業者の総合口コミサイトでの評価・2019年時点)

HotForexではコピートレードや自動売買用の口座タイプも用意されていて、様々なトレードスタイルに合わせて利用が出来るという点も評価されている部分のひとつです。

ちなみに最大レバレッジ1000倍が実行できるマイクロ口座の場合、強制ロスカットの基準が10%と低いところも特徴的です。

ほかの海外FX業者だとだいたい20%というところが多いのですが、このロスカットレベル10%というのはHotForexを選ぶ理由のひとつにもなりえます。

教授
教授
お試しで海外FXにチャレンジしてみたいという人にとっても使い勝手がいい業者です。

 

評判の良い海外FX業者⑥「FBS」

評判の良い海外FX業者⑥「FBS」
レバレッジ 3000倍
ゼロカット あり
スプレッド ドル円・平均2.0pips~(ECN口座0.3pips~)
口座タイプ スタンダード口座・マイクロ口座・セント口座・ゼロスプレッド口座・ECN口座
ボーナス 口座開設ボーナス1万円、100%入金ボーナス最大200万円(レバレッジ制限あり)
日本語対応力 日本語サポートあり
入出金方法の種類 海外送金・クレジットカード・ビットウォレット・PerfectMoney・スティックペイ・BonsaiTrader・CashU
出金スピード 即時~1週間ほど(クレジットカード出金の場合)
ライセンス ベリーズ国際金融サービス委員会、キプロス証券取引委員会

FBSというのは海外FX業者の中でもトップクラスに最大レバレッジが大きい業者で、大口の取引をおこないたいという人には特におすすめです。

また、FBSの特徴は多彩な口座タイプを用意しているところにもあり、さまざまなトレードスタイルに合わせて利用することが出来ます。

特に他社にはあまりないセント口座を開設できるという点は、FBSならではといったところです。(セント口座は最低入金額が1ドル相当からと安く、最小取引量も1000通貨からとなっているため練習用の口座としても最適です)

教授
教授
さらに口座開設ボーナスや100%入金ボーナスも充実していますので、ひとまず少額から取引を始めたいという方にも適していると言えるでしょう。

 

海外FXで評判の悪い業者はどこ?

次に海外FX業者の中で国内外問わず評判の悪い業者をご紹介していきたいと思いますが、まずは評判が悪くなるとはどういうことか?という点をご覧ください。

海外FXの評判が悪くなる理由

海外FX業者の中には悪質な業者も実際に存在します。そういった業者というのはだいたい評判が悪くなるのですが、以下のチェック項目に該当することが多いです。

海外FX業者の評判が悪くなる原因

  • 業者側の都合で強制決済がおこなわれる・レバレッジが変更される
  • 出金に対して不当な理由で拒否をした事例がある
  • 英語でしか説明が書かれていない
  • ボーナスの受け取り条件・出金条件が厳しい
  • アクセス・連絡が急にできなくなる

こちらが海外FX業者に対して低評価が付けられる主な原因ですが、少し補足説明をしておきたいと思います。

まず勝手に「強制決済」「レバレッジの変更」がされるという点についてです。

優良な業者の場合は強制決済がされる基準が明確になっていて、レバレッジが変更される場合も事前に予告があります。

しかし、評判の悪い業者というのは業者側に利益をもたらすためにこの条件を曖昧にしているわけです。

たとえば普通、強制ロスカットレベルが20%であれば、そこまで証拠金維持率が落ち込まなければ決済というのはおこなわれません。

しかし、悪質な業者だと業者側に不都合(不利益が生じる)と判断したときに勝手に決済をおこなったりするわけです。

また、レバレッジについても同様で評判の悪い業者だと大きな経済発表があるときを狙ってレバレッジを限定することもあります。

これはトレーダー側のチャンスをつぶす行為にあたるのですが、当然こうしたことを繰り返していれば評判というのはどんどん悪くなる一方です。

そしてもっとも評判を落とす行為というのが不当な出金拒否です。これに関しては最初から詐欺目的でサイトを運営しているところもあります。

つまり、金をさせるだけさせておいて利益が出たときには支払いに応じないという形です。

こうした詐欺業者に騙されないためにも、金融ライセンスの有無を確認することは非常に大切と言えます。

ほか、詐欺ではないものの大きなボーナス金額で新規登録者を募り、実際には現実的でない受け取り条件・出金条件を提示してボーナスを受け取れないようにするという業者もありますので気を付けましょう。

ということで、こうした悪質な行為を実際におこなっていたとされる「評判の悪い海外FX業者一例」を次に挙げていきたいと思います。

実際に評判の悪い海外FXサイト一例

それでは実際に評判の悪い海外FXサイトというものを見ていきますが、それぞれのサイトがどういったことを原因として評判を落としているのかという点をしっかりと確認していってください。

評判の悪い海外FXサイト①IronFx.com(アイアンFX)

評判の悪い海外FXサイト①IronFx.com(アイアンFX)

評判の悪い原因

  • 顧客のポジションを勝手に決済する
  • 出金ができない

※もっとも多い理由が出金ができない、もしくは出金までの時間が長すぎるという意見。

こちらのアイアンFXはいまだにネット上で新規ユーザーを集めている海外FX業者なのですが、多くの口コミサイトで最低評価を受けている業者です。

過去には日本の金融庁からも警告を受けている海外FX業者ですので、利用をしないようにしましょう。

また、実際にあった例としては「勝手に強制決済がされた」「いくら出金リクエストをしても応じない」といったトラブルが頻発しています。

教授
教授
ヨーロッパのトレーダーの中には訴訟を起こした人も少なくないということですが、法律の隙間を突いた実質的な詐欺サイトと見て間違いないでしょう。

評判の悪い海外FXサイト②STY Markets

※imageなし

評判の悪い原因

  • 出金申請をすると連絡が取れなくなる
  • 入金をしてから間もなくサイトにアクセスが出来なくなった

※ほぼ確実に詐欺目的のサイトで、現在はURLなども変更されています。

こちらは過去に「STY Markets」という名義でFXサイト運営をおこなっていましたが、現在ではURLも変更になりアクセス自体が出来なくなっています。

そのため、新規登録することもないと思いますが「STY」という文字列のURLを使っている海外FXサイトを見つけたら注意してください。

教授
教授
ちなみに入金をすると連絡が出来なくなり、サイトにもアクセスできなくなったという事例が多々あります。

評判の悪い海外FXサイト③インスタフォレックス

評判の悪い海外FXサイト③インスタフォレックス

評判の悪い原因

  • 不当な出金拒否や口座凍結
  • 利益が出ているトレーダーに対する妨害行為

※現在もサイト自体はありますが、多くのFX口コミサイトで注意喚起がおこなわれている業者です。

ロシアを拠点とするインスタフォレックスは、過去にイギリスの金融局からも注意を受けたことがあります。

内容としては決済をおこなう際のスリッページ(決済をしたタイミングと実際に決済がおこなわれたタイミングがズレること)が意図的かつ悪質というものです。

また、不当な出金拒否も多く、利益を出している口座に対して凍結措置をしてお金を回収させないといった行為もおこなっていたとされています。

教授
教授
こちらのインスタフォレックスはヴァージン諸島のライセンスを保有していることもあり確実に詐欺業者とまでは断定できませんが、多くのFXサイトで評判・口コミが最低レベルとなっていますので注意をしてください。
怖い海外FX業者もあるんだね。

評判の悪いFX業者に引っ掛からないためのポイント

評判の悪い海外FXサイトに騙されないためのポイントは以下の通りです。

評判の悪い海外FXサイトを見分ける方法

  • ライセンスの有無を確認する
  • ライセンスを保有している場合は、そのライセンスの信用度を確認する
  • 運営実績・年数を確認する
  • 利用者数をチェックする
  • 過去に訴えられていないかをチェックする

海外FXサイトの信用度を確かめるためには、そのサイトが保有するライセンスを調べるのがもっとも効率的です。

基本的に各国で承認されている金融ライセンスを保有していれば詐欺サイトではない可能性が高いとされています。

しかし、国よっては信用性の低い金融ライセンスというものもありますので、なるべく下記を参考に多くの海外FXサイトが保有するライセンスというものを覚えておきましょう。

信用性が高いとされる金融ライセンス(多くの優良FXサイトが保有している)

  • イギリス(FCA)
  • キプロス(CySEC)
  • セーシェル共和国(FSA)
  • バヌアツ共和国(VFSC)
  • ニュージーランド(FMA)
  • オーストラリア(ASIC)
  • ベリーズ(IFSC)
  • セントビンセント・グレナディーン(FSA)

これらの金融ライセンスを保有し、なおかつ運営実績が長く利用者数も多い(ネットで調べて情報がすぐに出てくるかどうかで確認)のであれば問題はないと言えるでしょう。

教授
教授
また、心配であれば海外FX業者名を入力して過去にトレーダーから訴えを起こされていないかをチェックするというのもおすすめです。

ここまで確認をすれば、まず問題のある海外FXサイトを選ぶということはありません。

海外のFX業者の評判は国内業者よりも良いのか?

最後に、海外のFX業者を選ぶメリットや国内FX業者との大きな違いというのを解説していきます。

悪質な業者が多いように感じられる海外FX業者ですが、実際には優良で評判が良い業者もたくさんあります。そうした優良海外FX業者と一般的な国内FX業者との違いをまずはご覧ください。

海外と国内のFX業者の違い

海外FXサイト 国内FXサイト
レバレッジ 制限なし 最大25倍まで
ゼロカット あり なし
スプレッド 広い 狭い
ボーナス ボーナスが豊富で条件がゆるい あまりボーナスは多くなく条件も厳しい
取引リスク 少ない(自分の裁量で決められることが多い) 大きい(FXサイト側の仕様によってリスクが高まる)

海外FXサイトと国内FXサイトの大きな違いというのは最大レバレッジに対する制限ゼロカットシステムの有無です。

まず国内FXサイトに対しては、法律で最大レバレッジ25倍までと明確な基準が設けられています。

それに対して海外FX業者にはこうしたレバレッジの制限というのがありません。

これは一見、トレーダー側を守っているように見えますが、実はFXサイト側の利益を守るための法律とされています。

それがよく分かる点がゼロカットシステムの有無です。ゼロカットというシステムは海外FXサイト特有の仕組みで、国内FXサイトでは採用がされていません。

教授
教授
なぜ国内FX業者でゼロカットシステムが採用されていないかというと、単純に利益が落ちるからです。つまり、国内FX業者にはトレーダーファーストという概念がないということになります。

ちなみに上記の表からして、国内FX業者を利用するメリットというのはスプレッドの狭さだけです。

国内FX業者は海外FX業者よりも圧倒的にスプレッドが狭いので「レバレッジの大きさを気にしない・短期取引(スキャルピング)をメインとする」という方には好まれやすいと言えます。

しかし、レバレッジの小ささやゼロカットなしという環境を考えると、取引に対するリスクはけた違いに大きいです。

そのため初心者であればある程、海外FXから始めた方がリスクも少なくFXにチャレンジできると言えます。

海外FX業者を選ぶメリットは必要証拠金の少なさ

国内FX業者ではなく海外FX業者を選ぶ理由にはリスクの小ささが挙げられますが、レバレッジが大きいため少額から取引ができるというのも大きな要素です。

仮に海外FXサイトを基準としてドル円を同量ずつ注文したら、どれくらいの証拠金の違いが生まれるかを見てみましょう。

海外FX業者と国内FX業者で取引に必要なお金の違い

教授
教授
以下の条件で、海外FX業者と国内FX業者で必要な証拠金の金額を計算すると次のようになります。

条件:
1ドル110円、取引量10万通貨、海外FXレバレッジ500倍・国内FXレバレッジ25倍

海外FXでの必要証拠金

10万通貨×110円÷500倍(レバレッジ)=22,000円

国内FXでの必要証拠金

10万通貨×110円÷25倍(レバレッジ)=440,000円

※10万通貨というのは大半の海外FXサイトで「1ロット」に指定される取引量

ご覧のように海外FX業者の方が圧倒的に少ない元手で取引が出来ることが分かります。

これが海外FXサイトを選ぶ大きなメリットのひとつです。

教授
教授
FXに数百万円というお金を使える人であれば国内FX業者でも構いませんが、ハッキリいってメリットというのはほとんどありません。

また、どれだけ大きな取引をしても自分が入金した額以上のマイナスを被らないというのも海外FXサイトを選ぶメリットと言えるでしょう。

これに対して国内FX業者の場合は急激な為替相場の変動などで発生したマイナスは、すべてトレーダー側が支払うことになります。

つまり入金した額以上のお金を支払わなければいけなくなるので、借金をする可能性があるということです。

こうした観点から見ても海外FXを選んだ方が確実にローリスクですから、初心者の方こそ海外FX業者を利用してみてください。

海外FX業者選びに迷ったら

当サイト「海外FX大学」が総力を挙げて全34社を徹底比較し、基準を明確に数値化してランキングにしました。
総合面でもっとも優秀な海外FX業者はどこなのかが分かりますので、海外FX選びの参考にしてみてください。

  

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です