海外FXの基礎知識

海外FXのレバレッジ比較!おすすめランキング19選【最大はどこ?】

海外FXサイトの中で一番レバレッジが高いところはどこなんだろう?

海外FXに挑戦するとき、レバレッジの大きさというのはサイト選びにおいて重要なポイントです。

そこで、この記事では数多くある海外FXサイトのレバレッジを比較し、おすすめの業者をご紹介していきます。

中には1000倍以上という非常に大きなレバレッジを提供している業者もありますので、ぜひ参考にしてみてください。

教授
教授
海外FXの魅力はやっぱりハイレバレッジな取引ができるところです。
いろいろなサイトと比較して自分に合いそうな業者を選んでみてください。

海外FXのレバレッジを比較!最大レバレッジの口座はどれ?

最初に海外FXサイト各社における最大レバレッジを比較していきたいと思います。

なお、ここでは「レバレッジ」「レバレッジ制限の条件」「制限時のレバレッジ」「取引量制限」「ロスカット水準」という項目に分けて各社を比較していますので、どうぞご覧ください。

FX業者名 レバレッジ レバレッジ制限の条件 制限時のレバレッジ 取引量制限 ロスカット
FBS 3000倍 口座の有効証拠金残高が一定を超えるごとに制限 200ドル:最大2000倍
2000ドル:最大1000倍
5000ドル:最大500倍
2万ドル:最大200倍
1取引あたり最大1000ロットまで
1口座あたり200ポジションまで
20%
HotForex 1000倍 口座の有効証拠金残高が30万ドル(約3,000万円)を超え、さらに同一口座の保有ロット数が合計50ロットを超えたとき 最大75倍 1取引あたり最大7ロットまで
1口座あたり150ポジションまで
20%
Gemforex 1000倍 口座の有効証拠金残高が2万ドル(約200万円)を超えたとき 最大500倍 1取引あたり最大50ロットまで
ポジションによる制限はなし
20%
is6com 1000倍 口座の有効証拠金残高が2万ドル(約200万円)/5万ドル(約500万円)/10万ドル(約1,000万円)を超えたとき 2万ドル:最大500倍
5万ドル:最大200倍
10万ドル:最大100倍
1取引あたり最大30ロットまで
1口座あたり最大50ロットまで
50%
XM 888倍 口座の有効証拠金残高が2万ドル(約200万円)/10万ドル(約1,000万円)を超えたとき 2万ドル:最大200倍
10万ドル:最大100倍
1取引あたり最大50ロットまで
1口座あたり200ポジションまで
20%
Bigboss 555倍 なし なし 1取引あたり最大50ロットまで 20%
Titan FX 500倍 なし なし 1取引あたり最大100ロットまで
1口座あたり200ポジションまで
20%
Tradeview 500倍 口座の有効証拠金残高が10万ドル(約1,000万円)を超えたとき 公式に指定された数値は不明 1取引あたり最大75ロットまで
1口座あたり200ポジションまで
100%
Traders Trust 500倍 口座の有効証拠金残高が2万ドル(約200万円)/5万ドル(約500万円)を超えたとき 2万ドル:最大200倍
5万ドル:最大100倍
制限なし 20%
FXDD 500倍 なし なし 制限なし 50%
LANDFX 500倍 口座の有効証拠金残高が5万ドル(約500万円)/10万ドル(約1,000万円)を超えたとき
もしくは
保有ロット数が一定を超えたとき
5万ドル:最大200倍
10万ドル:最大100倍50ロット:最大200倍
100ロット:最大100倍10万ドル・50ロット:最大50倍
1取引あたり最大30ロットまで
1口座あたり100ポジションまで
30%
Tickmill 500倍 公式に記載なし 公式に記載なし 1取引あたり最大100ロットまで
1口座あたり200ポジションまで
30%
FXPro 500倍 保有ポジションの合計数で制限あり 100ロット:最大200倍
200ロット:最大100倍
300ロット:最大50倍
500ロット:最大33倍
制限なし 50%
DealFX 400倍 口座の有効証拠金残高が10万ドル(約1,000万円)を超えたとき 最大200倍 制限なし 20%
IFC Markets 400倍 合計取引量が2000万ドル(約20億円)を超えたとき 最大20倍 最大10,000ロットまで
(NetTradeXスタンダード口座は無制限)
10%
Axiory 400倍 口座の有効証拠金残高が10万ドル(約1,000万円)/20万ドル(約2,000万円)を超えたとき 10万ドル:最大300倍
20万ドル:最大200倍
1口座あたり1,000ロットまで 20%
iFOREX 400倍 なし なし 1取引あたり最大50ロットまで 0%
XLNTrade 400倍 PROFIT口座限定損失補填サービスを受ける場合 最大20倍 制限なし 20%
MGK Global 100倍 なし なし なし 120%

こちらが各社のレバレッジを比較した表です。なお、複数の口座を持つサイトに関しては、もっともレバレッジが高い口座を参考にしています。

この表ではレバレッジの高い順に海外FXサイトを並べていますが、次は総合的に見てどのハイレバレッジFXサイトがおすすめなのかを見ていきます。

海外FXでレバレッジが高いおすすめランキング

レバレッジが高い海外FXサイトは分かったけど、結局どこがおすすめなの?

ここからはレバレッジを基準におすすめの海外FXサイトをご紹介していきます。

それぞれのサイトの特徴も合わせてご覧ください。

教授
教授
レバレッジの高さに加えてボーナスやほかのメリットを含め、総合的におすすめの海外FXサイトを紹介していきますよ

XM

レバレッジ 888倍
レバレッジ制限の条件 口座の有効証拠金残高が2万ドル(約200万円)/10万ドル(約1,000万円)を超えたとき
制限時のレバレッジ 2万ドル:最大200倍
10万ドル:最大100倍
取引量制限 1取引あたり最大50ロットまで
1口座あたり200ポジションまで
ロスカット水準 20%
ボーナス 新規口座開設ボーナス、入金ボーナス、取引ごとのポイントボーナスあり

XMは日本人トレーダーも多く利用しているFXサイトです。最大888倍のレバレッジは平均よりも上といったところで、ロスカット水準も20%と低めとなっています。

また、取引をするごとにポイントボーナスが貰えるというメリットもあり、初心者が選ぶ海外FXサイトとしてもおすすめです。

なお、レバレッジの制限は口座残高約200万円以上から発生しますが、こまめに出金をおこなえば特に気になることはないでしょう。

 

GEMFOREX

レバレッジ 1000倍
レバレッジ制限の条件 口座の有効証拠金残高が2万ドル(約200万円)を超えたとき
制限時のレバレッジ 最大500倍
取引量制限 1取引あたり最大50ロットまで
ポジションによる制限はなし
ロスカット水準 20%
ボーナス 新規口座開設ボーナス、入金ボーナスあり

GEMFOREXの最大レバレッジは1000倍と非常に高く、さらにレバレッジ制限が掛かる金額も口座残高約200万円以上からとなっていますので規制はゆるめと言えるでしょう。

また、ボーナス類も充実しているところが特徴に挙げられ、100%入金ボーナスの上限額はなんと100万円です。これから新規で利用しようとしている方にとってもメリットが多いので、おすすめの海外FXサイトとしてピックアップしています。

なお、GEMFOREXでは自由に使える自動売買ツールも豊富に用意しています。システムトレードをメインに考えている方はぜひこちらのGEMFOREXを選んでみてください。

 

is6com

レバレッジ 1000倍
レバレッジ制限の条件 口座の有効証拠金残高が2万ドル(約200万円)/5万ドル(約500万円)/10万ドル(約1,000万円)を超えたとき
制限時のレバレッジ 2万ドル:最大500倍
5万ドル:最大200倍
10万ドル:最大100倍
取引量制限 1取引あたり最大30ロットまで
1口座あたり最大50ロットまで
ロスカット水準 50%
ボーナス 新規口座開設ボーナス、入金ボーナスあり

is6comも最大1000倍というハイレバレッジ取引が出来る海外FXサイトです。口座残高が約200万円以上となるとレバレッジ制限が掛けられますが、それでも500倍のレバレッジは利用できますので不便はないと言えます。

is6comでは新規口座開設ボーナスや入金ボーナスが付与されるキャンペーンを定期的に開催しています。なお、その際には200%入金ボーナスといったものもありますので、あらかじめ口座開設しておくことをおすすめします。

また、日本語対応も万全ですので初心者の方にとっても利用がしやすい海外FXサイトです。

 

HotForex

レバレッジ 1000倍
レバレッジ制限の条件 口座の有効証拠金残高が30万ドル(約3,000万円)を超え、さらに同一口座の保有ロット数が合計50ロットを超えたとき
制限時のレバレッジ 最大75倍
取引量制限 1取引あたり最大7ロットまで
1口座あたり150ポジションまで
ロスカット水準 20%
ボーナス 入金ボーナスあり、取引ごとのキャッシュバック、不定期的に口座開設ボーナスもあり

HotForexは最大レバレッジが1000倍で、レバレッジ制限の条件がゆるいという点が魅力的です。現実的に考えても口座残高が3,000万円を超えるタイミングではある程度出金しているでしょうから、レバレッジの制限が掛かるリスクはほぼないと言えますね。

また、入金ボーナスや取引ごとに発生するキャッシュバックもありますので、ボーナスという観点から見ても非常に優秀です。

 

FBS

レバレッジ 3000倍
レバレッジ制限の条件 口座の有効証拠金残高が一定を超えるごとに制限
制限時のレバレッジ 200ドル:最大2000倍
2000ドル:最大1000倍
5000ドル:最大500倍
2万ドル:最大200倍
取引量制限 1取引あたり最大1000ロットまで
1口座あたり200ポジションまで
ロスカット水準 20%
ボーナス 新規口座開設ボーナス、入金ボーナスあり

FBSは業界でもトップクラスの最大レバレッジ3000倍を誇る海外FXサイトです。口座残高が2万円以上になると制限が掛かりますが、それでも2000倍のレバレッジが実行できるというのは他社にはないサービスと言えるでしょう。

また、保有できる最大ロット数も多く、FXに多額を投じる方にとってはとても使い勝手のいいサイトとなっています。

ちなみに新規口座開設ボーナスは1万円、100%入金ボーナスは最大100万円ということで、ボーナスに関しても魅力的な部分がたくさんあります。そのため、初心者の方が最初に選ぶFXサイトとしてもおすすめです。

IFC Markets

レバレッジ 400倍
レバレッジ制限の条件 合計取引量が2000万ドル(約20億円)を超えたとき
制限時のレバレッジ 最大20倍
取引量制限 最大10,000ロットまで
(NetTradeXスタンダード口座は無制限)
ロスカット水準 10%
ボーナス 余剰証拠金に対して最大7%の利息(年利)

IFC Marketsのレバレッジは400倍と平均的ではありますが、実質的にレバレッジ制限がない海外FXサイトとしておすすめしています。

なにせレバレッジ制限の条件が合計取引量約20億円ということですから、なかなか一般のトレーダーでは届かない数字です。また、最大ロット数も10,000ロットということですから、大口取引用に使うのにもおすすめです。

Tradeview

レバレッジ 500倍
レバレッジ制限の条件 口座の有効証拠金残高が10万ドル(約1,000万円)を超えたとき
制限時のレバレッジ 公式発表はなし
取引量制限 1取引あたり最大75ロットまで
1口座あたり200ポジションまで
ロスカット水準 100%
ボーナス なし

Tradeviewは様々な口座タイプを用意しているところが特徴的です。中にはスプレッドが極小の口座などもありますので、いろいろな取引の仕方ができます。

また、最大レバレッジは500倍と平均的ではありますが、レバレッジの制限自体が比較的ゆるめなので使いやすいかと思います。なお、制限後のレバレッジについては公表されていません。

TradersTrust

レバレッジ 500倍
レバレッジ制限の条件 口座の有効証拠金残高が2万ドル(約200万円)/5万ドル(約500万円)を超えたとき
制限時のレバレッジ 2万ドル:最大200倍
5万ドル:最大100倍
取引量制限 制限なし
ロスカット水準 20%
ボーナス 入金ボーナスあり

TradersTrustでは期間限定ボーナスとして最大1000万円という高額100%入金ボーナスキャンペーンをおこなっています。

こちらもレバレッジ自体は最大500倍と平均的で、制限後のレバレッジは200倍~100倍と下がっていくようになっています。

とはいっても条件が残高200万円以上ですので、こまめに出金をしていれば特に不便はないでしょう。

iForex

レバレッジ 400倍
レバレッジ制限の条件 なし
制限時のレバレッジ なし
取引量制限 1取引あたり最大50ロットまで
ロスカット水準 0%
ボーナス 入金ボーナス、年利3%のキャッシュバックあり

iForexは1996年創業という老舗の海外FXサイトです。そのため、信頼感は抜群で安心して口座開設ができます。

レバレッジは最大400倍ですが、制限がないというところが魅力的な部分ですね。また、ロスカット水準が驚異の0%というところも特徴のひとつに挙げられます。

なお、入金ボーナスは最大10万円で、残高に応じて年利3%のキャッシュバックが貰えるというのも嬉しいところです。

 

AXIORY

レバレッジ 400倍
レバレッジ制限の条件 口座の有効証拠金残高が10万ドル(約1,000万円)/20万ドル(約2,000万円)を超えたとき
制限時のレバレッジ 10万ドル:最大300倍
20万ドル:最大200倍
取引量制限 1口座あたり1000ロットまで
ロスカット水準 20%
ボーナス ボーナスキャンペーン不定期開催

AXIORYはスプレッドの狭さが魅力的な海外FXサイトです。最大レバレッジは400倍なのでそこまで高くはありませんが、制限後のレバレッジと差があまりないので利用がしやすいです。

また、常時10名以上の日本人スタッフがサポートしてくれていますので、分からないときにはすぐに相談できるというところも魅力的ですね。

 

海外FXは国内のようにレバレッジ規制は厳しくない

海外FXサイトというのは国内FXサイトのようにレバレッジに関する規制がありません。そのため、各サイトが自由にレバレッジを設定することができます。

ちなみに国内FXの最大レバレッジは上限25倍までと決まっていますので、圧倒的に海外FXサイトの方がトレーダーにとってのメリットが大きいです。

レバレッジというのは大きければ大きいほど必要となる証拠金が少なくなりますので、少額から投資をしたいという人にとっても便利なものです。

なお、このあとには取引で必要となる証拠金の計算も紹介していますのでぜひご覧ください。

海外FXのレバレッジ制限とは?制限される場合は?

海外FXサイトにおいてレバレッジ制限が掛かる条件というのは大きく分けて2つです。

  • 口座残高の額
  • 取引ロット数

口座残高(有効証拠金額)が一定以上を上回る、もしくは保有するポジションのロット数が一定以上を上回った場合、レバレッジの制限というのが発生します。

大半のサイトでは数百万円以上の残高を保有していると制限が掛かるようになっていますが、中には数千万円といった高額な残高保有者にのみ制限を掛けるところもあります。

このレバレッジの制限を回避をするためにはこまめに出金をするしかありませんので、ある程度残高に余裕が出てきたと感じたらお金を引き出すようにしましょう。

海外FXのレバレッジ制限に関しては次の記事で詳しく解説しています。

海外FXのレバレッジ制限とは?【制限なしの業者や規制条件も紹介】 高いレバレッジが魅力の海外FXですが、海外FXではこのレバレッジに制限がかかり、思っていた通りのレバレッジで取引ができないことが...

海外FXでレバレッジごとに証拠金はいくら必要なのか計算する方法

海外FXサイトごとのレバレッジが分かったところで、次はレバレッジを実行すると証拠金の計算はどうなるのか?という部分について説明していきます。

一般的にはレバレッジが高いと証拠金が少なくても大きな取引が出来ると言われますが、実際にはどれくらいの差があるのかを見ていきましょう。

なお、以下の例ではドル円110円と仮定して100倍と400倍での証拠金を計算しています。

100倍ではいくら証拠金が必要?

<証拠金の計算式>

必要証拠金=レート × 取引数量 ÷ レバレッジ

1ドル110円で海外FXサイトの一般的1ロット数である10万通貨を取引した場合。

レート110円 ×100,000通貨 ÷ レバレッジ100倍=110,000円

ご覧のようにレバレッジ100倍だとドル円を1ロット保有するのに11万円が必要となります。

これだとちょっと初心者にとってはハードルが高いですよね。そこで、次に400倍ではどうなるのか?というのを見てみましょう。

400倍ではいくら証拠金が必要?

<証拠金の計算式>

必要証拠金=レート × 取引数量 ÷ レバレッジ

1ドル110円で海外FXサイトの一般的1ロット数である10万通貨を取引した場合。

レート110円 ×100,000通貨 ÷ レバレッジ400倍=27,500円

レバレッジ400倍というのは海外FXサイトで平均的な数字ですが、それでも1ロットあたりの証拠金がこれだけ少なくて済みます。

たとえばXMの場合は最大レバレッジが888倍ですが、単純に必要な証拠金がこの金額以下になりますので、やはりレバレッジというのは重要ということですね。

海外FXのレバレッジに関するQA

最後に海外FXのレバレッジに関する代表的な質問に回答していきたいと思います。

FXをやったことがない方の中には「レバレッジが高すぎると借金をするリスクが高くなる」などの噂を聞いたことがあるという人もいますよね。

しかし、それは実際に本当なのか?という点を解説していますので、どうぞご覧ください。

1000倍のハイレバレッジ取引って危なくないの?

先ほどご紹介したおすすめFXサイトの中には1000倍というレバレッジを用意しているところもありました。

しかし、そうしたハイレバレッジ取引にはリスクがないのか?という疑問もあるかと思います。

答えを先に述べますが、高いレバレッジの取引には特に危険はありません。

レバレッジというのは必要な証拠金や証拠金維持率に関わるものです。しかし、レバレッジが高くなるからといって借金を追うリスクが上がるというわけではないのです。

なぜかと言いますと海外FXサイトにはゼロカットというシステムがあります。このゼロカットというのは、トレーダーの保有する資産以上のマイナスはFXサイト側が補填するという仕組みです。

このゼロカットがある以上、いくらハイレバレッジな取引をおこなったところでトレーダーには危険が降りかかりませんので安心して取引ができます。

ちなみに国内FXサイトにはこのゼロカットという仕組みがありませんので、急激な為替の変動によって被ったマイナスはトレーダー側が支払わなければなりません。

これがいわゆる「追証」というものですね。予想していなかったマイナスで借金をするというのは、この追証が原因となります。

逆に追証がなく、ゼロカットが採用されている海外FXサイトであれば絶対に借金をすることがないのです。

レバレッジ3000倍の口座があるって本当?

レバレッジ3000倍の口座というのは、先ほどご紹介したFBSで提供している口座のことです。

FBSではいろいろな口座タイプを用意しているのですが、そのうちスタンダード口座・マイクロ口座・ゼロスプレッド口座の3つで最大レバレッジ3000倍が適用されています。

ゼロスプレッド口座というのはスプレッドが極端に狭く設定されている口座ですが、このタイプの口座でも3000倍のレバレッジが実行できるというのは非常に魅力的ですね。

ただし、どの口座タイプも口座内にある残高が約2万円以上になるとレバレッジ制限が掛かります。とはいっても、制限後も2000倍というハイレバレッジが使えますので、便利な口座と言えますね

なお、その後は残高20万円以上で1000倍、50万円以上で500倍、200万以上で200倍と下がっていきます。

現実的に考えると1000倍でも高い方なので、やはり使い勝手のいいFXサイトと言えるでしょう。

海外FX業者選びに迷ったら

当サイト「海外FX大学」が総力を挙げて全34社を徹底比較し、基準を明確に数値化してランキングにしました。
総合面でもっとも優秀な海外FX業者はどこなのかが分かりますので、海外FX選びの参考にしてみてください。

   

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です