海外FX業者一覧

AXIORYのスプレッドを徹底比較【手数料含めた実質コストはお得?】

AXIORYのスプレッドについて知りたい!
あと口座タイプごとの違いも教えてほしいなぁ。

AXIORYにはスタンダード口座とナノスプレッドの口座という2種類の口座タイプがあります。

このうち、業界でもトップクラスにスプレッドが狭いといわれているのがナノスプレッド口座の方です。

また、AXIORYのナノスプレッド口座には取引手数料の安さといった魅力もあるのですが、実際に取引をした際にどれくらいのコストが掛かるのか?というのが気になる点だと思います。

そこで、ここではAXIORYのスタンダード口座とナノスプレッド口座の違いとそれぞれの口座で設定されているスプレッドについて詳しく解説していきます。

ナノスプレッド口座と他社のECN口座のスプレッド比較などもおこなっていきますので、どうぞ参考までにご覧ください。

教授
教授
AXIORYはスプレッドの狭さと約定力の高さが魅力の海外FXサイトです。
手数料の安さなどとも合わせ、実質的なコストを計算していきたいと思います。

AXIORY(アキシオリー)の口座タイプは2つ!それぞれのスプレッドは?

それでは最初にAXIORYで開設ができる2つの口座タイプの違いについて見ていきましょう。

スタンダード口座とナノスプレッド口座の違い

スタンダード口座 ナノスプレッド口座
最大レバレッジ 400倍 400倍
取引手数料 なし あり
(片道3ドル)
対応通貨 円、ドル、ユーロ 円、ドル、ユーロ
1ロット単位 10万通貨 10万通貨
最大注文ロット
(1ポジション)
1000 1000
最低注文ロット 0.01 0.01
保有可能ポジション 上限なし 上限なし
ロスカットレベル 20% 20%
プラットフォーム MT4・cTrader MT4・cTrader
ゼロカット 対応あり 対応あり

こちらがAXIORYで利用ができる2つの口座タイプの特徴ですが、違いというのは取引手数料が掛かるか掛からないかだけです。

あとの条件はすべて同じですので、初心者の方でも非常に分かりやすいかと思います。

なお、取引手数料があることによって2つの口座タイプの平均的なスプレッドというのも異なってきます。

次にそれぞれの口座タイプのリアルタイムスプレッドをご覧いただきましょう。

スタンダード口座のリアルタイムスプレッド一覧

銘柄 スプレッド 銘柄 スプレッド
USD/JPY 1.4 EUR/TRY 1.1
EUR/JPY 1.5 EUR/ZAR 119.1
GBP/JPY 1.6 GBP/AUD 1.7
AUD/JPY 1.8 GBP/CAD 2
NZD/JPY 2.1 GBP/CHF 1.8
EUR/USD 1.2 GBP/NZD 2
AUD/CAD 1.9 GBP/SGD 10.3
AUD/CHF 1.9 GBP/USD 1.3
AUD/NZD 2.2 GBP/ZAR 136.2
AUD/SGD 10.4 NOK/SEK 25.1
AUD/USD 1.7 NZD/CAD 2.4
AUD/ZAR 113 NZD/CHF 2.1
CAD/CHF 2.2 NZD/SEK 38.1
CAD/JPY 1.9 NZD/SGD 10.5
CHF/HUF 23.7 NZD/USD 5
CHF/JPY 1.7 SGD/JPY 6.8
CHF/ZAR 143.2 TRY/JPY 6.8
EUR/AUD 1.8 USD/CAD 2.2
EUR/CAD 1.4 USD/CHF 1.6
EUR/CHF 2.6 USD/CZK 8.7
EUR/CZK 9.7 USD/HUF 11.7
EUR/GBP 1.1 USD/ILS 26.3
EUR/HUF 13.8 USD/MXN 134
EUR/MXN 147 USD/NOK 31.2
EUR/NOK 32.2 USD/PLN 13
EUR/NZD 2.5 USD/RUB 508
EUR/PLN 16 USD/SEK 25.9
EUR/RUB 510 USD/SGD 10.2
EUR/SEK 29.7 USD/TRY 20.3
EUR/SGD 103 USD/ZAR 113.4
ZAR/JPY 6.3

こちらがAXIORYのスタンダード口座のリアルタイムスプレッドです。取り扱いのある銘柄をすべてまとめました。

取引をする機会が多いもので見てみると、ドル円のスプレッドが「1.4」というのは海外FXサイトの中でも狭い方だと言えます。

ほかの「ユーロドル1.2」「ユーロ円1.5」「ポンド円1.6」という設定に関しても、かなりトレーダー側にとっては有利な環境です。

ちなみにスプレッドは「pips」という単位で表記しています。

pipsについて

スプレッドに用いられる単位で、1pipsは対象通貨ペアにおける最小通貨単位に相当。

<ドル円(USDJPY)の場合>

日本円の最小単位「1銭」に相当(1pips=1銭)

つまり、ドル円スプレッド1.4pipsという場合は以下の金額となる。

  • 1通貨あたり1.4銭のスプレッド
  • 1ロットを取引した場合は10万通貨分
  • 10万通貨×1.4銭=1,400円

ご覧のようにドル円を1ロット分注文するとなるとだいたい1,400円ほどの実質コストが掛かります。

次にナノスプレッド口座でのリアルタイムスプレッドを見ていきましょう。

ナノスプレッド口座のリアルタイムスプレッド一覧

銘柄 スプレッド 銘柄 スプレッド
USD/JPY 0.4 EUR/TRY 28.1
EUR/JPY 0.5 EUR/ZAR 116.1
GBP/JPY 0.6 GBP/AUD 0.5
AUD/JPY 0.6 GBP/CAD 0.8
NZD/JPY 0.6 GBP/CHF 0.6
EUR/USD 0.2 GBP/NZD 0.8
AUD/CAD 0.7 GBP/SGD 8.3
AUD/CHF 0.7 GBP/USD 0.3
AUD/NZD 1 GBP/ZAR 126.2
AUD/SGD 8.4 NOK/SEK 2.1
AUD/USD 0.5 NZD/CAD 1.2
AUD/ZAR 103 NZD/CHF 0.9
CAD/CHF 1 NZD/SEK 15.1
CAD/JPY 0.7 NZD/SGD 8.5
CHF/HUF 15.7 NZD/USD 0.8
CHF/JPY 0.5 SGD/JPY 5.8
CHF/ZAR 133.2 TRY/JPY 5.8
EUR/AUD 0.6 USD/CAD 1
EUR/CAD 1.2 USD/CHF 0.4
EUR/CHF 0.4 USD/CZK 4.7
EUR/CZK 5.7 USD/HUF 6.7
EUR/GBP 0.3 USD/ILS 22.3
EUR/HUF 8.8 USD/MXN 124
EUR/MXN 137 USD/NOK 19.2
EUR/NOK 20.2 USD/PLN 7
EUR/NZD 1.3 USD/RUB 458
EUR/PLN 10 USD/SEK 12.9
EUR/RUB 460 USD/SGD 8.2
EUR/SEK 16.7 USD/TRY 17.3
EUR/SGD 8 USD/ZAR 103.4
ZAR/JPY 5.3

こちらがナノスプレッド口座のリアルタイムスプレッドです。「ドル円0.4」というスプレッドを見てもスタンダード口座より1pipsも少ないことが分かります。

スタンダード口座とナノスプレッド口座のスプレッドを比較

なお、ナノスプレッド口座の場合はスプレッドのほかに取引手数料というものが掛かりますが、すべてを合算したときの実質コストを簡単に比較してみました。

※往復の取引手数料は6ドル相当なので、0.6pipsと換算しています。

スタンダード口座 ナノスプレッド口座
ドル円 1.4pips 0.4pips(スプレッド)+0.6pips(手数料)➡1.0pips
ユーロ円 1.5pips 0.5pips(スプレッド)+0.6pips(手数料)➡1.1pips
ポンド円 1.6pips 0.6pips(スプレッド)+0.6pips(手数料)➡1.2pips
ユーロドル 1.2pips 0.2pips(スプレッド)+0.6pips(手数料)➡0.8pips

主要な通貨ペアで比較してみると実質的なコストとしては、だいたい0.4pipsほどの差があることが分かりました。

「0.4pips=400円」ほどですが、1ロット分の取引を10回繰り返したなら4,000円、100回なら40,000円といった手数料差額が生まれることになります。

このことを理解した上でスタンダード口座・ナノスプレッド口座の選択をおこなうようにしましょう。

AXIORY(アキシオリー)ナノスプレッド口座と他社のスプレッド比較

次にAXIORYのナノスプレッド口座は本当にスプレッドが狭いのか?という点を他社と比較していきたいと思います。

ナノスプレッド口座と他社ECN口座のスプレッド比較

ここではAXIORYとその他のメジャー海外FX業者4社とのスプレッド比較をおこないます。

なお、比較するのはナノスプレッド口座と同じように、各社が提供するECN口座(スプレッドが狭い・取引手数料が掛かる)としています。

Axiory XM
(ゼロ口座)
Taitan
(ブレード口座)
HotForex
(ZERO口座)
LAND-FX
(ECN口座)
ドル円 0.4pips
(往復6ドル)
0.1pips
(往復10ドル)
0.33pips
(往復7ドル)
0.2pips
(往復6ドル)
0.1pips
(往復7ドル)
ユーロ円 0.5pips
(往復6ドル)
0.4pips
(往復10ドル)
0.74pips
(往復7ドル)
0.8pips
(往復6ドル)
0.2pips
(往復7ドル)
ポンド円 0.6pips
(往復6ドル)
1.2pips
(往復10ドル)
1.45pips
(往復7ドル)
1.4pips
(往復6ドル)
1.3pips
(往復7ドル)
ユーロドル 0.2pips
(往復6ドル)
0.1pips
(往復10ドル)
0.2pips
(往復7ドル)
0.1pips
(往復6ドル)
0.3pips
(往復7ドル)

まずご覧いただきたいところは各社の往復手数料です。

この中だとAXIORYとHOTFOREXが往復6ドルで並びますが、ピックアップしたすべての銘柄においてAXIORYの方が平均スプレッドが下回っています。

次にスプレッド単体で見てみるとAXIORYは平均もしくはそれ以下ですが、トータルコストで考えてみるとナノスプレッド口座がもっとも負担が少ないことが分かります。

このことからAXIORYのナノスプレッド口座は他社と比較してもスプレッドが狭く、実質コストを抑えて取引できる口座タイプということが実証されました。

スタンダード口座と他社STP口座のスプレッド比較

Axiory XM Taitan HotForex LAND-FX
ドル円 1.4pips 1.6pips 1.33pips 1.7pips 0.8pips
ユーロ円 1.5pips 2.1pips 1.74pips 1.7pips 1.3pips
ポンド円 1.6pips 3.2pips 2.4pips 3.0pips 1.7pips
ユーロドル 1.2pips 1.6pips 1.2 Pips 1.2pips 0.8pips

次にスタンダード口座同士でのスプレッド比較がこちらです。トータルすると平均よりもやや下といった印象があります。

AXIORYよりもスプレッドが低い銘柄があったのはLANDFXのみとなっていますので、スタンダード口座で比較をしてもAXIORYのスプレッドは低い方と言えるでしょう。

ナノスプレッド口座のメリット

AXIORYのナノスプレッド口座を利用するメリットというのは以下の3点です。

ナノスプレッド口座のメリット

  • スプレッドが非常に狭い
  • 取引手数料が他社と比較しても安い
  • 透明性の高い取引システムで約定力が高い

これらのメリットを総合して考えると、AXIORYのナノスプレッド口座はスキャルピングトレーダーにとって最高の環境と言えます。

なお、スキャルピングというのは短期的に売買を繰り返すトレード方法です。

業者によってはスキャルピングを認めていないところもありますが、AXIORYでは数十秒から数分での超短期売買に関してもトレードを認めています。

そのため、ナノスプレッド口座のメリットを活かせば短時間でもしっかりと利益が残せるわけです。

AXIORYについてさらに詳しく知りたい場合は、次の記事をご覧ください。
→AXIORY(アキシオリー)の評判【ハイレバレッジで低手数料】

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です